1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. キッチンをリフォームする前に知っておきたいレイアウトの基本

キッチンをリフォームする前に知っておきたいレイアウトの基本

  • 最終更新日:2021-01-25

キッチンをリフォームする前に知っておきたいレイアウトの基本

キッチンは料理をするために毎日使いますし、こだわっている人は少なくないでしょう。キッチンをこだわる場合はおしゃれな見た目であることはもちろん、使い勝手を考慮してレイアウトを意識することも重要です。

そこで今回は、キッチンをリフォームするにあたって知っておきたいレイアウトのポイントや、タイプ別に使いやすいレイアウトなどについて解説していきます。キッチンをリフォームしようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

1.使いやすいキッチンのポイントは作業動線にあり

キッチンで調理する女性

1-1.調理の流れを考えて配置を決める

まず、キッチンは使いやすくすることが重要です。調理がスムーズに進むよう、流れを考えて据え置きのコンロや作業台などを配置しましょう。例えば、右利きの方であれば右回りに進むよう配置する。左利きの人は、逆に左回りに進むようにすると便利です。

1-2. ワークトライアングル(キッチントライアングル)の距離を測ってみる

キッチンをリフォームするにあたり、ワークトライアングルを意識しましょう。ワークトライアングルとは、水まわり・火まわり・冷蔵庫の3つを線で結んだらできる三角形を意味します。

このワークトライアングルが綺麗な三角形になるほど作業がしやすいとされているため、キッチンをリフォームする際は事前に知識として知っておくといいでしょう。

なお、三角形の三辺が3.6~6mとなるようにすることで、非常に使いやすいキッチンになるとされており、作業もはかどるでしょう。

目安としては、シンクからコンロまでは120~180 cm、コンロから冷蔵庫は120~270 cm、冷蔵庫からシンクの距離は120 ~210 cmが理想です。この距離以上にそれぞれが離れてしまうと、移動が多くなってしまうため作業がしにくくなります。一方で、それぞれが近すぎると作業がしにくい狭さとなるため注意しましょう。

1-3.通路の幅の目安は90~120cm程度

キッチンでは動きやすさも重要となりますので、通路の幅をある程度確保することが大事です。一般的に、1人で利用する際は90cm程度あれば動きやすいとされています。2人で調理等をする場合は、およそ120cmは通路を確保しましょう。キッチンでは立ちっぱなしではなく動く必要がありますので、リフォームをする際は確認しましょう。

1-4.コンセントやゴミ箱などとの位置も考える

キッチン家電を使う際はコンセントの位置も考慮して配置しなければいけません。もしコンセントが少ない、または配置がどうしても悪い場合は追加工事をすることも検討しましょう。ゴミ箱も作業をしている際に遠いと不便なので、いつでも楽に捨てられる位置に配置するよう意識してみてください。そして、食洗器を設置する場合は、食器をしまいやすいよう食洗器の近くに食器棚を置けるようにすることもポイントです。

2.キッチンタイプ別に使いやすいレイアウトを解説

キッチンで調理する女性

キッチンにはいくつかタイプがあります。それぞれのタイプ別におすすめのレイアウトを見ていきましょう。

2-1.I型キッチンは作業動線が長くなりすぎないように注意

I型キッチンはいくつかあるキッチンのタイプのなかで最も一般的なレイアウトです。水回りとなるシンクと冷蔵庫、そしてコンロなど調理に使う場所が一直線になっているため、横に広がりすぎると作業効率が落ちるので注意が必要です。効率化を図るためには作業スペースを分ける、またはラックを使い適度な距離感を維持することをおすすめします。

2-2.L型キッチンはキッチントライアングルを実現しやすい

L型キッチンもどちらかというと普及しているタイプで、水まわり・火まわり・冷蔵庫を線で結んだキッチントライアングルを実現しやすいタイプです。手の届く範囲に物を置きやすいため、料理がしやすく、使い勝手の良いレイアウトが作りやすいと人気があります。また、L型はコーナー部分の収納を上手く使うことでキッチンを広くできますし、食器棚の位置も考慮に入れたレイアウトにすると使い勝手の良さも増します。 ただし、I型よりもスペースが必要になるため、それなりに部屋は広くなければいけません。

2-3.Ⅱ型キッチンはシンク回りとコンロ回りを分離できる

Ⅱ型キッチンとはシンクと調理場が分かれているタイプで、それぞれの設備を広く使えるというメリットがあります。Ⅱ型キッチンも水まわり・火まわり・冷蔵庫の3点を線で結びやすいため、キッチントライアングルが作りやすいです。また、コンロとシンクが離れている分、それぞれに収納スペースを設けることができるため、必要なものをきちんと分けて収納できます。

アイランド型の場合はキッチンの両脇に通れるスペースが作れます。そして、ペニンシュラ型キッチンはダイニングを向いて作業ができるので、キッチンにいながら家族とコミュニケーションが取れるというメリットがあります。

ただしⅡ型キッチンは振り向いての作業が増えるため、コンロとシンクの距離が近いと危険なため注意してください。

2-4.U型キッチンは動線が短く作業効率が高い

比較的珍しいタイプのU型キッチンも、トライアングルが作りやすいタイプです。L型やⅡ型に比べて囲うようなスタイルなのでレイアウトが作りやすく、まさに料理をするだけの空間となります。ただし、複数人での作業には向いていないタイプなので、1人用としてお考えください。

3.キッチンリフォームする際の参考価格の一例

キッチンと女性

キッチンをリフォームする際は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。リフォームする際の参考価格を以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • ●キッチンをI型システムキッチンにする 約80~100万円
  • ●キッチンをL型システムキッチンにする 約90~110万円
  • ●キッチンをⅡ型(ペニンシュラ型システムキッチン)にする 約100~110万円
  • ●キッチンをⅡ型(アイランド型システムキッチン)にする 約110~200万円

一般的に多いI型キッチンよりも、こだわりが感じられるタイプであるペニンシュラ型やアイランド型キッチンが高くなる傾向にあります。

4.キッチンのリフォーム事例

キッチンと女性

ここからは、キッチンのリフォーム事例をご紹介していきます。キッチンを新しくしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

4-1. スペースの余裕を活かしてI型キッチンへとリフォーム

リフォーム事例

L型のキッチンをI型に変更した事例です。キッチンにスペースがある場合は、余裕を活かしてI型キッチンにリフォームしてみてはいかがでしょうか。すっきりとした印象で、収納場所も豊富なため使い勝手が良いです。元々は置き型の食洗機だったものを、ビルトイン食洗機にしたことで洗い物も楽にできる、かつ広々としたものになっています。開放感のあるキッチンが好みの方におすすめのタイプと言えるでしょう。

4-2. 作業効率の良いL型キッチンへリフォーム

リフォーム事例

I型のキッチンを使いやすいL型に変更したリフォーム例です。L型によりキッチンとリビングが仕切られていたためどこか閉塞感があったものを、I型にすることで開放的になり解消されています。また、L型キッチンは使い勝手が良い点から人気を集めており、効率良く作業が進められるキッチントライアングルが作りやすいため、料理も一層はかどります。あらゆる調理器具などを、手の届きやすい場所に配置できますし、家族の会話もしやすい仕様となった点は高評価を獲得している事例です。

4-3. 吊戸棚を撤去し、開放的なペニンシュラ型キッチンへリフォーム

リフォーム事例

I型のキッチンをペニンシュラ型にすることで、非常におしゃれなキッチンになり、かつ広々とした作業スペースの確保に成功したリフォーム事例です。シンクがダイニングに向いているため、家族と会話を楽しみながら調理や洗い物などができる点も魅力と言えるでしょう。また、ダイニング側にイスを設置すると、カウンターのように使用可能です。開放感のある見た目となったため、空間を広く見せてくれる効果も期待できます。

4-4. 明るく広々としたアイランド型キッチンへリフォーム

リフォーム事例

築25年以上経過したキッチンは傷みが激しく、圧迫感の強かったL型デザインからオープンで明るいアイランド型キッチンに変更した事例です。アイランド型キッチンは存在感があるため、家のなかでもキッチンを際立たせたい人にすすめです。また、ダイニング側で調理や洗い物などの作業ができることから、家族団らんやホームパーティーに向いています。作業効率の良いキッチンにしたいという要望も踏まえ、作業台を広くとり、かつ収納場所も多数確保しています。

4-5. キッチントライアングルを実現したU型キッチンへリフォーム

リフォーム事例

築30年以上となるI型キッチンを、より使いやすくするためにU型キッチンへリフォームしました。U型キッチンは囲うようなデザインであり、作業効率が上がるキッチントライアングルを作りやすいタイプです。キッチンとダイニングが独立するので、料理に集中したい方にはぴったりではないでしょうか。また、収納力も豊富なのですっきりと片づけられる点も特徴的です。

5.使いやすいキッチンで料理の時間を一層楽しく!

キッチンと女性

今回は、キッチンリフォームをする際に役立つ、キッチンタイプ別の特徴やリフォーム費用などについてご紹介しました。キッチンはほぼ毎日使用する場所であり、料理をするうえでいかに作業がしやすいかは重要です。作業効率を上げるためには、キッチンタイプごとの特徴を把握して、自分に適したタイプを選びましょう。

しかしながら、お気に入りのキッチンにしたいと考えていても、なかなか自分に適したリフォーム会社を探すのは難しいですよね。

そこでおすすめなのがホームプロ。利用満足度90%以上・利用者数80万人を誇るリフォーム会社紹介サイトです。ご自宅の近くにある優良リフォーム会社を、無料で紹介してもらえます。以下のリフォーム費用も参考にし、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

▼キッチンのリフォームの費用(戸建て・マンション)

https://www.homepro.jp/hiyou/kitchen/kodate.html

https://www.homepro.jp/hiyou/kitchen/mansion.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ