1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 断熱リフォーム
  4. 断熱リフォームの基礎知識
  5. 断熱リノベーションで快適な我が家を作ろう!費用や補助金、事例を紹介

断熱リノベーションで快適な我が家を作ろう!費用や補助金、事例を紹介

  • 最終更新日:2021-08-20

断熱リノベーションで快適な我が家を作ろう!費用や補助金、事例を紹介

家の中では、夏は涼しく、冬は暖かく、一年をとおして快適に過ごしたいですよね。外から入り込む熱気や隙間風、結露などにお悩みの方は多いのではないでしょうか?

断熱リノベーションを行うことで、室温や湿度が調節しやすい家になるのはもちろん、光熱費の節約や、ヒートショックの防止・アレルギーリスクの軽減など、健康上のリスクを抑えられることもメリットとなります。

そんな断熱リノベーションについて、実際の工事にはどのような種類があるのか、費用はどれくらいかかるのか、などを解説します。補助金の解説や、さまざまな事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.断熱リノベーションのメリットとは?

部屋

断熱リノベーションには、室温のコントロールがしやすくなるなど、さまざまなメリットがあります。ここでは、断熱リノベーションを行うメリットについて詳しく解説します。

1-1.冬暖かく、夏涼しい快適な部屋になる

断熱リノベーションの第一のメリットは、冬は暖かく夏は涼しい、快適に過ごせる部屋になること。断熱により気密性がアップし、屋内の保温性が高まって冬でも暖かく過ごすことができるでしょう。反対に、夏は暑い外気が侵入しづらくなるため、部屋の気温が上がりすぎず、涼しく快適な空間で過ごすことができます。

1-2.光熱費が節約できる

断熱リノベーションをすると、光熱費の節約にもつながるというメリットがあります。冬の冷気や夏の暑い外気をシャットアウトできるということは、冷暖房の立ち上がりが早くなり、効率が良くなるということ。素早い室温のコントロールができるため、光熱費の節約ができる、というわけなのです。

1-3.窓や壁の結露・カビを防止できる

冬の寒い時期は、窓や壁が結露しやすくなるもの。結露により、室内のカビや壁紙の剥がれなどに悩まされた経験がある方もいるのではないでしょうか。結露の原因は、外気温と室内温度の差。外気で冷たくなった窓や壁に室内の暖かい空気が触れることで、気化しきれなかった水蒸気が結露となって現れます。

断熱リノベーションを行うことにより、窓や壁が冷えにくくなり、結露しづらくなります。結露しづらくなるということは、カビも発生しづらくなるということです。また、天井や床の断熱を行うことで住宅内部の結露を防止すると、建物の構造部分の腐食を防ぐこともできますよ。

1-4.健康のリスクを抑えられる

断熱リノベーションは、健康的な暮らしにも役立ちます。窓や壁が冷たくなると、床にも冷気が溜まりやすくなり、手足が冷えてしまいますよね。断熱を行うと暖房効率が良くなり部屋がすみずみまで暖まるため、手足の冷えを防ぐ効果が期待できます。

また、冬に特に危険なのがヒートショック。急激な温度変化で血圧が急変動し、脳血管障害などを起こしやすいといわれています。断熱で温度差が軽減されることにより、ヒートショックの防止にも役立ちます。

そのほか、結露によるカビが発生しないため、アレルギー症状を防ぐことにも一役買うでしょう。断熱は、このような健康上のリスクの軽減にもつながるのです。

▼参考記事
リフォームで健康寿命をのばす

2.費用はどのくらい?我が家に合わせた断熱工法・素材を選ぼう!

リノベーションイメージ

断熱リノベーションには、内部の構造部分に施工する大掛かりな工法だけでなく、窓だけを取り替える比較的手軽な工法もあります。また、断熱に使用できる素材もさまざま。それぞれの費用について詳しく解説しますので、お住まいの住宅に合った工法や素材を検討する際に役立ててください。

2-1.家全体を断熱できる!外壁や屋根・天井の断熱リノベーション

家全体の断熱リノベーションをする方法は、断熱塗料で外壁や屋根を塗装する方法と、外壁に断熱材を貼り付けて、建物を断熱材で覆う方法があります。

1㎡あたりの施工費用は、外壁の断熱塗装の場合2,000円~5,000円程度、屋根の断熱塗装の場合は3,000円~6,000円程度です。断熱材を使用した施工の場合、1㎡あたり4,000円~3万円程度の費用がかかるとされており、費用に幅があります。これは断熱材の種類が豊富なためで、詳細については後述します。

壁全体に断熱を施工すると仮定して、費用を比べてみましょう。壁全体の施工面積が約150㎡の場合、断熱塗装で80万円~120万円程度、断熱材を貼る場合は350万円~500万円程度の費用がかかると予想されます。 

外壁や屋根・天井の断熱リノベーションは大掛かりな工事になるため、戸建て向けの施工方法です。大規模工事で高額になりやすいですが、住宅全体のリノベーションをお考えの方は、同時に施工すると足場代などが節約できることもありますので、一緒に検討すると良いでしょう。

2-2.マンションでもできる!天井や壁、床の断熱リノベーション

鉄筋コンクリート造のマンションでは、断熱リノベーションができないのでは?とお考えの方もいるかもしれません。しかし、マンションでも天井や壁、床の断熱リノベーションを行うことができます

施工方法としては、天井や壁、床下の隙間に断熱ボードを貼り付ける方法や、発泡ウレタンを吹き付ける方法があります。一般的に、天井や床の断熱施工費用は、1㎡あたり4,000円~8,000円とされています。

6畳の部屋の壁のみに断熱施工をする場合、断熱材を使用する方法では5万円~10万円程度、断熱ボードを貼る方法では10万円~30万円程度の費用となります。そのほか、発泡ウレタンを吹き付ける施工では、壁・床・天井を一体的に断熱でき、費用は30万円~40万円程度です。断熱材や断熱ボードでの施工は、継ぎ目ができやすく断熱効果が下がりやすいというデメリットがありますが、発泡ウレタンを吹き付ける施工では隙間なく断熱ができるため、断熱効果が高いというメリットがあります。少し費用がかさみますが、寒冷地にお住まいの方や、マンションの角部屋などで冷気が当たりやすい方などは、検討してみてはいかがでしょうか。

2-3.繊維系断熱材について

ここからは、断熱材の種類について解説します。

繊維系断熱材は、ロックウールやグラスウール、セルロースファイバー、ウールプレスなどがあります。原料は主に、鉱物やガラス、古新聞など。それらを繊維状に加工したものが、繊維系断熱材です。

一番安価なのはグラスウール。住宅の断熱材としてよく使われている素材で、価格は坪あたり2,000円~6,000円程度と安価なのが特徴。しかし、施工状態が悪いと水分が入り、断熱性能が下がったり、カビの原因になったりすることもありますので、施工は信頼できるリフォーム会社に依頼すると安心でしょう。

ロックウールやセルロースファイバーには、防音や耐火性能があるものも。それぞれの特徴と材料費の目安を表にしますので、参考にしてみてください。

材料 材料費 主な原料 特徴
ロックウール 坪あたり2,000円~6,000円程度 鉱物 防音・耐火性能がある
グラスウール 坪あたり2,000円~6,000円程度 ガラス 安価
セルロースファイバー 坪あたり2万円~3万円程度 天然繊維(パルプ) 防音・耐火性能がある
ウールプレス 坪あたり4,000円~1万2,000円程度 ウール 調湿性が高い

2-4.発泡樹脂系断熱材について

発泡樹脂系断熱材には、ポリスチレンを原料としたものや、ウレタン、フェノールフォームを原料としたものがあります。断熱材としてよく使われているのは、ビーズ系ポリスチレンフォーム。一般的に発泡スチロールと呼ばれているものです。軽量で加工しやすいため施工性が高い素材です。ポリスチレンを発泡させながら押し出して作る、押出法ポリスチレンフォームというものもあり、こちらは外断熱に向いている素材。ポリスチレン系は湿気には強いですが、熱には弱い特徴があります。価格は坪あたり2,000円~1万円程度です。

吹き付け施工で使用されるのは、硬質ウレタンフォーム。隙間ができにくいため、断熱性が高くなることが特徴です。非常に硬いため施工性が良くないことと、施工に手間がかかるため、高価になりやすい素材です。

フェノールフォームはボード状の断熱材。もともと断熱性能の高い素材であるうえに耐久性も高く、長期にわたり断熱効果を保持しやすいのが特徴です。また、耐火性も持ち合わせています。硬質ウレタンフォームとフェノールフォームはおおよそ同等の価格帯で、坪あたり1万円~2万円程度です。

2-5.空気の通り道になる窓の断熱リノベーション

の出入りは窓やドアが大半です。そこで、窓の断熱も重要なポイント。窓の断熱リノベーションには、ペアガラスの窓にしたり、二重窓にしたりする方法がありますよ。費用は1ヵ所あたり10万円~30万円程度です。ペアガラスや二重窓は結露防止や、防音効果もあります。比較的工期が短いので、築年数が経ってきて隙間風に悩んでいる方などは、検討してみると良いでしょう。

3.断熱リノベーションは補助金を活用しよう!

費用イメージ

断熱リノベーションは省エネとの関連性が高いこともあり、さまざまな補助金制度があります。補助の対象となるケースや手続きの流れについても解説しますので、参考にしてみてください。

3-1.断熱リノベーションに使える補助金とは?

断熱リノベーションに利用できる補助金制度は、以下のとおりです。(年度ごとに名称や内容が異なる場合があります)

・次世代省エネ建材の実証支援事業
省エネ改修が期待される蓄熱・調湿建材等、次世代省エネ建材の効果の実証を支援する制度です。工期の短縮が可能な高性能断熱材も対象となります。

・ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業
戸建住宅の高断熱化による省エネ・省CO2化を支援する制度です。

・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
15%以上の省エネ効果が見込まれる改修率を満たす、高性能建材(断熱材、窓、ガラス)を用いた既存住宅の断熱リフォームに対する補助金制度です。

・グリーン住宅ポイント
窓などの開口部や、外壁・屋根・天井などの断熱改修を対象とした補助金制度。事前に登録したものと同一の製品を使用した場合にポイントが発行され、商品や追加工事と交換ができる仕組みです。

3-2.補助の対象とは?

基本的には、申請する人が住んでいる建物であること、対象となる製品を使用していることなどです。事業によっては管理組合の代表者が対象となることもあります。事業ごとに異なる場合がありますので、それぞれの窓口に確認しましょう。

3-3.補助金の申請を確認しよう!手続きの流れを紹介

各補助金制度においては申請の受付期間が限られています。施工前にリフォーム会社に確認するか、窓口に確認すると良いでしょう。

次世代省エネ建材の実証支援事業、ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業、既存住宅における断熱リフォーム支援事業については、交付決定通知が来てから契約・着工する必要があります。また、完了実績の報告も必要となります。グリーン住宅ポイントは、契約後、または工事完了後に申請をする必要があります。

利用する補助金によって手続き方法やタイミングが異なるため、施工を開始する前にリフォーム会社に相談することが、補助金を賢く利用するためのポイントですよ。

▼関連記事
【2021年度】リフォーム・リノベーションの補助金・助成金と減税まとめ

4.断熱リノベーションの事例5選

部屋

ここからは、具体的な断熱リノベーションの施工事例を紹介します。

4-1.まるごと断熱リノベーションで暖かい家に

事例

築30年以上の戸建て住宅の全体を断熱リノベーションした事例です。1階の壁・屋根・床下に断熱材を入れ、リビングの大きな窓に内窓を施工。家全体の断熱リノベーションで、冬は暖かく、夏は涼しい、快適な住まいになりました。

事例の詳細:築30年以上の建物を断熱工事で暖かい快適な空間に

4-2.木目調で明るく、断熱機能の高い玄関へ

事例

サッシの引き戸をLIXILのリシェントに交換し、気密性がアップ。開口部のサイズはそのままに、明かり取りを設けた片開き戸に交換しました。重厚感がありながら木目調で明るく、現代的な雰囲気と断熱の機能性を手に入れることができていますね。

事例の詳細:木目調で明るく、断熱機能の高い玄関へ

4-3.内窓インプラス de あったか&静か 快適都会生活

事例

マンションの各部屋の窓に内窓を施工した事例です。遮熱・断熱効果の高いLow-E複層ガラスを使用した内窓を施工。防音も叶えられ、近くを通る高速道路の騒音をカットすることもできました。ウッドの窓枠が、ナチュラルで暖かい印象ですね。

事例の詳細:内窓インプラス de あったか&静か 快適都会生活

4-4.遮熱塗料で快適な家にリフレッシュ

事例

戸建て住宅の外壁に遮熱塗装を施工した事例です。特殊ビーズによる断熱機能をもつ「トリプルコート」を使用し、夏の日差しと熱気をシャットアウト。冬は屋内の赤外線を反射し、外に逃げないようにするため、一年をとおして快適な空間になりました。

事例の詳細:遮熱断熱塗料の外壁塗装リフォーム

4-5.子育てを考えた「後悔しないための」断熱リノベーション

事例

築30年以上のマンションを、購入と同時に断熱リノベーションした事例です。部屋中カビだらけだったため、高性能の断熱材と二重窓を採用。スケルトンリノベーションと同時施工しました。壁の下地にも断熱施工をし、結露によるカビの対策を徹底的に行いました。小さなお子さまの子育ても、安心してできそうですね。

事例の詳細:子育てを考えた「後悔しないための」断熱リノベーション

5.断熱リノベーションで快適な我が家を作ろう

この記事では、断熱リノベーションのメリットや、種類・材料、費用などについて解説しました。断熱リノベーションは、一年をとおして快適な住まいを手に入れることができるほか、健康上のリスクを軽減できることもわかりましたね。ご紹介した施工方法や費用などを参考にし、お住まいの住居に合った断熱リノベーションを検討してみてください。

また、補助金制度については、施工前にプロに相談することが肝心。有効に活用するためにも、信頼できるリフォーム会社を見つけて相談してみましょう。

そこでおすすめなのがホームプロ。利用満足度90%以上・利用者数80万人を誇るリフォーム会社紹介サイトです。ご自宅の近くにある優良リフォーム会社を、無料で紹介してもらえますよ。ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ