1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 断熱リフォーム
  4. DIY(セルフリフォーム)
  5. 【寒いままかも】床下断熱のDIYは施工が難しいので注意!

【寒いままかも】床下断熱のDIYは施工が難しいので注意!

  • 最終更新日:2019-06-06

【寒いままかも】床下断熱のDIYは施工が難しいので注意!

床が冷たくて、冬は暖房を入れても中々部屋が暖かくならず、光熱費が高くなるならまだしも、家族が寒い思いをしているはなんとかしたい! ただ、断熱を施工するにしてもいくら金額が掛かるか、どう工事してよいのかもわからないですよね。 そこでこのページでは、床下断熱にどのような素材が使われるのか、どういった工事があるのか、DIYは可能なのかを解説していきます。

床下断熱を行うには、断熱材を使うのが一般的

日曜大工で床工事をするなら断熱材も追加しやすい

断熱を行うには、外の寒さや暑さを建物内に侵入しないよう、部屋の気密性を高めることが非常に重要です。この気密性を高めるために施工で使われるのが、断熱材です。

断熱材は、繊維系と発泡樹脂系の2種類が存在しており、どちらも素材の中に空気の層を設けることで断熱性を確保しています。

この断熱材、上記でも触れたように、繊維系・発泡樹脂系に分かれているだけでなく、その中でも細分化されています。

それぞれがどういった断熱性と特性があるのか、次の項目で解説していきます。

床下に使われる断熱材は断熱性が上がるほど金額が高くなる傾向に

断熱材は素材によって、性能が大きく変わります。具体的には以下の表の通りです。

分類 断熱材名 熱伝導率
繊維系断熱材 グラスウール 0.050w/m・k(密度10K)~0.036w/m・k(密度32K)
ロックウール(マット) 0.038w/m・k
セルローズファイバー 0.040w/m・k
ウールブレス 0.044w/m・k
発泡樹脂系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム 0.40w/m・k以下~0.028w/m・k
ビーズ系ポリスチレンフォーム 0.043w/m・k~0.034w/m・k
ウレタンフォーム 0.024w/m・k
フェノールフォーム 0.022w/m・k

熱伝導率の数値が低くなればなるほど、断熱性能が上がります。したがって、この表で比較すると最も性能が低いのは、密度10Kのグラスウールとなり、最も効果が高い断熱材はフェノールフォームとなります。

次に断熱材の特性を解説します。

繊維系断熱材

■ロックウール

玄武岩・高炉スラグやその他天然岩石等を原材料にして加工される人造鉱物繊維です。特徴としては、安価で断熱性が高く、耐火性に優れています。

岩と聞いて、アスベストを想像するかもしれませんが、アスベスト被害となる石綿とは別物なので、安心して使えます。

  • ・メリット:耐火性、耐熱性、保湿性、吸音性
  • ・デメリット:同じ無機繊維系のグラスウールと比べると重い、曲げや引っ張る力に弱い

■グラスウール

グラスウールは、リサイクルしたガラスなどを繊維状にした断熱材で日本で最も使われている素材です。

断熱材の中でも価格が安く、リサイクル原料を使用しているため、環境にもやさしい製品となります。
ただし、湿気に弱い断熱材のため、防止するための正しい施工技術が必要にです。

  • ・メリット:安い、環境にやさしい、安全性、耐久性
  • ・デメリット:誤った施工で結露が発生、湿気を含むとへたりが発生し断熱性能が落ちる

■セルロースファイバー

セルローズファイバーは、古新聞を原材料としたエコな断熱材です。

断熱性は先に紹介した2つとほぼ同等の性能を持ちつつも、防音室にも使われるほどの高い防音性が何よりの特徴となります。

  • ・メリット:耐火性、防音性、環境負荷が小さい
  • ・デメリット:コストが高い

    ■ウールブレス

    ウールブレスは、羊毛から作られる断熱材です。特徴は発生したホルムアルデヒドを繊維内に吸着するといった他の断熱材にはない特徴があります。

    さらに、羊毛自体が調湿機能が高く、周囲の湿度を約40~60%に保つ特性もあるのです。また、人体に害のないホウ酸を主成分とした、害虫忌避を繊維に閉じ込めて作られるので、カビやダニが生息しにくくなるメリットも。

    • ・メリット:調湿、健康(接着剤や防腐剤を使ってないから)、省エネ、消臭力、濡れても乾きが早い
    • ・デメリット:コストが高い、施工者による技術の差が生じる

    発泡樹脂系断熱材

    ■ビーズ系ポリスチレンフォーム(EPS)

    ビーズ系ポリスチレンフォームは、ポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃材を加えてビーズ状にし、蒸気で発泡させ作られた断熱材で、一般的には発泡スチロールと呼ばれます。

    金型に入れて加熱することで作られることから、形状次第で自由な形で成形することが特徴です。

    また、身近にある発泡スチロールなので、イメージしやすいと思いますが、水や湿気に強く、簡単に加工も可能なので施工性にも優れます。

    • ・メリット:湿気に強い、軽量、加工性が高い、耐久性が高い、安価
    • ・デメリット:断熱性低い、繊維系断熱材と比較すると高い、熱に弱い、傷付きやすい

    ■押出法ポリスチレンフォーム(XPS)

    ポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃剤を混ぜ合わせた上で、発泡させながら押し出して作られる断熱材です。

    外断熱に適した断熱材で、防蟻性能を備えているものが多く、シロアリの侵入を防ぐ機能もあります。

    • ・メリット:湿気につよい、軽量、切断しやすい、安価
    • ・デメリット:(EPS比較で)時間経過による性能低下が大、熱に弱い、強度が低い、衝撃に弱い

    ■硬質ウレタンフォーム(PUF)

    ポリイソシアネートとポリオールに発泡剤などを混ぜて作られる断熱材です。実際の建築現場では、吹き付けて使われるため、発泡プラスチック系の中では気密性を確保しやすく、断熱性が高くなる特徴があります。

    • ・メリット:発泡プラスチック系の中で断熱性が高い、吹き付けて発泡させるため気密性が高い、難燃性を付加できる、強度が高い
    • ・デメリット:効果、非常に硬く施工性に劣る

    ■フェノールフォーム(PF)

    フェノールフォーム樹脂に発泡剤と硬化剤などを加えてボード状に作られる断熱材です。極めて高い独立気泡で構成されるため、長期にわたり耐火・断熱性を維持できます。

    また、上記の表にある通り、トップクラスの断熱性能を誇り、他の断熱材と比較しても抜きん出た性能です。

    • ・メリット:耐薬品性が高い、劣化が遅い、耐熱性が高い、断熱性能が高い
    • ・デメリット:高価、衝撃に弱い、吸水性・吸湿性が高く水に弱い

    日本の床下断熱工事は大きくわけて2種類ある

    上記で解説した断熱材を用いて床下断熱を行う場合、日本の家屋では2種類の断熱工事がメインとなります。床に施工する場合と基礎に断熱するやり方です。

    床断熱

    床の断熱工事は、室内から床材であるフローリングの下の部分を断熱する工事です。床のすぐ下を断熱する床断熱は床の暖かさを感じやすく、床暖房の効率も上がりやすくなります。

    一方で施工するには注意が必要です。理由は床と断熱材の間に隙間ができると断熱の効果が下がってしまうので、あらかじめ隙間が出来ないような施工方法にする必要があります。

    基礎断熱

    床断熱と比較すると、基礎断熱は施工が楽かつ、気密性を確保しやすいです。

    一方で、基礎に使われるコンクリートは、2~3年は湿気を放出するため、それが原因で床下結露やカビが発生してしまします。

    そのため、床下を24時間換気する必要があるのです。

    また、基礎外断熱を行うと、断熱材を通り道にし、シロアリが土台まで上がって来てしまう可能性があります。

    対策としてシロアリの歯で削れない硬い断熱材を選ぶ必要があるので注意が必要です。

    床下断熱はDIYよりも、できるだけリフォーム会社を使ったほうが性能を発揮できる

    床下断熱工事の種類で書いた通り、かなりの施工技術が必要となるので、ご自宅をDIYでリフォームするのことは、オススメできません。
    やろうと思えば不可能ではありませんが、施工には注意を要するポイントが多々あります。

    • ・床を剥がすor基礎の隙間から潜り込む
    • ・隙間なく断熱材を敷き詰めなければならない
    • ・グラスウールなどを使う場合は防湿対策を行う必要がある など

    手間も大きくかかるので、1日2日のDIYでは完了せず、お仕事をされている方なら、休みの日を潰しても完成しないことも十分にありえます。
    また、仮に出来たとしても、隙間の問題から思ったよりも寒さや暑さが解消されなかったということが考えられ、「せっかくがんばったのに、効果を実感できない」という事態も想定されます。

    とはいえ、業者に頼むのもお金がかかると懸念されると思いますが、断熱性能が上がるだけで、光熱費を大幅に削減できるのです。

    上記は家全体を省エネ基準で満たしたケースですが、次世代省エネ基準に近づけることで、かなり光熱費の削減になることがわかると思います。

    また、ホームプロのサービスを使えば、匿名で複数の会社から見積りを取ることができるので、リフォームで不安になる相場が判らないから高い金額で契約してしまうという事態を避けることが出来ます。
    ぜひ、ホームプロを使って、寒さ暑さを解消しましょう。

    このページのポイント

    床下断熱とは?
    部屋の気密性を高め、外の寒さや暑さを遮るために行う工事が断熱工事です。中でも、床下の断熱工事を床下断熱と言い、気密性を高めるため断熱材を使った工事が一般的です。
    (詳しくは こちら
    床下断熱工事ってどうやるの?
    室内から床材であるフローリングの下の部分を断熱する「床断熱」と基礎部分に断熱工事を施す「基礎断熱」の2種類がメインのやり方です。
    (詳しくは こちら
    床下断熱は自分でもできるの?
    不可能ではありませんが、高度な施工技術と手間と時間がかかります。専門業者に頼むとお金がかかると懸念されると思いますが、断熱性能が上がるだけでなく、光熱費の大幅な削減にもつながるため、プロに依頼することをお勧めします。
    (詳しくは こちら

    リフォーム会社紹介の流れ

    信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
    ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

    リフォーム会社紹介の流れ

    ホームプロの実績

    2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

    80万人以上

    利用者数

    9,110件

    ※2019年4月〜
    2020年3月

    昨年度のご成約

    リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

    ※2019年2月リフォーム産業新聞による

    先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

    今なら、お申込みいただいた方だけに
    リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

    リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

    ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

    リフォーム会社紹介を申込む

    時間がないアナタにピッタリ!
    ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

    リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
    予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

    全国でサービス展開中!

    ※内容により対応できない場合があります

    北海道
    東北
    関東
    甲信越
    ・北陸
    東海
    関西
    中国
    四国
    九州
    ・沖縄
    ページの
    先頭へ