1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 断熱リフォーム
  4. 断熱リフォームの基礎知識
  5. 設置を後悔?ペレットストーブのメリット・デメリット、費用相場について解説

設置を後悔?ペレットストーブのメリット・デメリット、費用相場について解説

  • 最終更新日:2021-11-30

設置を後悔?ペレットストーブのメリット・デメリット、費用相場について解説

環境や身体にやさしいといわれているペレットストーブ。近年注目されてきている暖房器具ですが、耳慣れない方は、他のストーブとの違いやコストなどを疑問に思うのではないでしょうか。

この記事では、ペレットストーブの基礎知識や、導入のメリット・デメリット、ランニングコストなどを徹底解説。導入事例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ペレットストーブとは?薪ストーブとの違いは?

ペレットストーブのイメージ画像

ペレットストーブとは、「木質ペレット」と呼ばれる固形燃料を使用するストーブのことです。「木質ペレット」は、伐採作業や製材加工の際に出るおがくずや樹皮などを、圧縮して固めたもの。燃焼の際に出る二酸化炭素が少ないことや、ゴミになってしまう木くずなどが原料となっているため、環境にやさしいストーブとされているのが特徴です。

一方、薪ストーブは燃料に「薪」を使用するストーブ。ペレットストーブのほうが薪ストーブよりも煙の発生が少なく、煙突がいらないため手軽に導入できるメリットがあります。

2.ペレットストーブのタイプとその特徴は?

ペレットストーブのイメージ画像

ペレットストーブには、いくつかのタイプがあります。その特徴とともに解説します。

2-1.じっくりあたたまる輻射式(自然対流式)

輻射式(ふくしゃしき)は、本体が熱を帯び、その熱で周囲をあたためるタイプ。対流促進用のファンがついていて、炎の強弱を調節することができます。遠赤外線効果で体の芯まであたたまりやすいのが特徴です。

2-2.すばやくあたたまる温風式

温風式は、ペレットを燃焼した熱を温風にしてあたためるタイプ。すばやく部屋をあたため、温度ムラが少ないのが特徴です。熱を本体前面から放出するため、本体側面や上部が熱くなりません。ファンヒーターをイメージしていただくとわかりやすいですよ。

2-3.アウトドアに便利な電源不要タイプ

電源が不要なコンパクトタイプで、キャンプ等に持ち出すのに便利です。中には折りたたみできる商品もありますよ。キャンプ用の薪ストーブにオプションをつけることで、ペレットでも使用できるものもありますので、薪ストーブとペレットストーブで迷っている方は検討してみると良いでしょう。

3.ペレットストーブのメリット

ペレットストーブのイメージ画像

ペレットストーブにはどんなメリットがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

3-1.じっくりあたたまり空気が乾燥しにくい

特に輻射式のペレットストーブにいえることですが、遠赤外線効果で体の芯まであたたまるのが大きなメリット。じわじわあたためることで体が冷えにくくなりますので、冷え性の方や寒冷地にお住まいの方は、特に効果を実感できるでしょう。

壁や床など部屋全体があたたまるため、ストーブを消火したあともあたたかさが続くのもメリットのひとつです。

3-2.煙が少ない

ペレットが燃焼する際の煙は、着火時に少し出るくらいです。炎が安定してくると、ほとんど煙が出なくなります。煙が少ないということはニオイも少なく、この点は薪ストーブよりも優れているといえるでしょう。

3-3.薪ストーブに比べ設置やメンテナンスが簡単

ペレットストーブは、煙突ではなく排気筒を使用します。煙突を使用する薪ストーブと比較して、設置やお手入れが簡単なのも、メリットといえます。排気筒は屋根からではなく壁から外に出すケースが多いため、お手入れの際も手が届きやすいです。

3-4.炎が見えるため視覚的に癒される

炎を見ると癒されるという方は多いのではないでしょうか。ペレットストーブは、ストーブの窓から炎のゆらぎが見えるため、視覚的にも癒されます。

4.買って後悔?ペレットストーブのデメリット

ペレットストーブのイメージ画像

ペレットストーブを購入して後悔してしまった方も少なからずいるようです。ペレットストーブのデメリットはどのようなところにあるのか、解説します。

4-1.本体が大きく重い

ペレットストーブは、ファンヒーターなどの暖房器具と違い、本体が大きく重いです。本体設置に必要なスペースは、小さいものでも畳半畳分程度。本体重量は70kgくらいから、270kgもの重量があるものも。排気筒を設置するために壁に穴を開ける必要もあるため、一度設置したら簡単には動かせません。一年中出しっぱなしになりますので、設置場所とデザインについてはしっかり検討したほうが良いでしょう。

4-2.導入費用が高い

ペレットストーブの導入費用は、石油ストーブなどと比べて高額です。本体価格が高額なうえ、設置工事費も数十万円かかります。具体的な金額については後述しますので、参考にしてみてくださいね。

4-3.お手入れが面倒

ペレットストーブでデメリットとなるのは、やはりお手入れ。使用前に燃料ポットに残った灰を捨てる、灰の受け皿や扉の窓を週に1回ほど掃除する、など、定期的なお手入れの手間がかかります。灰の量に関しては、薪ストーブと比べると少なく、1%ほど。つまり、ペレット100kg(およそ100時間分の燃料)を燃焼させた場合でも、出る灰は1kgくらいとされています。

4-4.運転音がうるさい

電源を使用するペレットストーブは、温風を強くすると運転音が大きくなります。また、ペレットを自動投入する機能がついているものも多く、ペレットを投入する際の音が気になるという声も。店舗などで試運転しているときと、実際に家に取り付けたときの音の聞こえ方は異なりますので、音に敏感な方は注意したほうが良いでしょう。

5.ペレットストーブの施工費用相場とランニングコスト

費用相場のイメージ画像

ここでは、ペレットストーブを導入する際の費用相場とランニングコストについて解説します。

5-1.施工費用相場

  • ・ペレットストーブの本体価格:20~100万円前後
  • ・ペレットストーブの取付費用:10~40万円前後

本体価格はサイズや機能によって大きく異なります。海外メーカーの商品はおしゃれなものや先進的な機能がついているものが多いですが、その分本体価格が高価です。

5-2.ランニングコスト

ペレットストーブの燃料であるペレットは、10kgあたり600円前後。ホームセンターなどでも手に入ります。

1時間の燃焼には、ペレットを約1kg使用します。毎日5時間使用したとして、1日あたり300円、1ヶ月あたり9,000円程度のランニングコストになります。

燃料代だけ見ると割高に感じますが、消火後の温度の持続性や暖房能力を考えて上手に使えば、ランニングコストを抑えることも可能です。

5-3.自治体によっては、ペレットストーブは補助金対象となる

ペレットストーブは、木くずなどでできたペレットを燃料としています。本来捨てるはずだったものを資源として再利用している点や、燃焼したときの二酸化炭素が環境に与える悪影響が少ないことなどから、補助金の対象となることもあります。対象や要件は自治体によって異なりますので、お住まいの自治体に確認するか、補助金に詳しいリフォーム会社に相談してみましょう。

6.ペレットストーブの施工事例5選

ペレットストーブのイメージ画像

ここからは、具体的なペレットストーブの施工事例をご紹介します。

6-1.ペレットストーブで吹き抜けをあたたかく

施工後

階段室の吹き抜けにペレットストーブを設置した事例です。天井が高くかなり寒い空間でしたが、ペレットストーブの暖房能力で、しっかりあたたまる空間になりました。

事例の詳細:ペレット

6-2.自然派住宅にぴったりなペレットストーブ

施工後

無垢材などの自然素材をふんだんに使用した空間に、ペレットストーブを設置。木材の質感と、ペレットストーブの無骨で自然な佇まいがよく合いますね。

事例の詳細:癒しのペレットストーブ

6-3.モダンなペレットストーブでシックな空間に

FFヒーターを設置してあったスペースをペレットストーブの空間にした事例です。ブラックのモダンなインテリアにマッチするよう、壁と床の一部には大理石調のタイルを配置。ペレットストーブ本体も近代的なデザインのものを選んでいます。

施工前

Before:レンガの暖炉風スペースにFFストーブを設置していました。

施工後

After:床と壁の一部を大理石調のタイルにし、ペレットストーブの空間をモダンに。本体のデザインとマッチしています。

事例の詳細:ペレットストーブ

6-4.広い空間全体をあたためるペレットストーブ

施工後

広いリビング・ダイニングにペレットストーブを設置した事例です。ペレットストーブを中央に配置することで、開放感とあたたかさを両立させることができました。

事例の詳細:眺めの良いリビング

6-5.ペレットストーブは和風建築にもマッチ

施工後

広々とした和風のリビングにペレットストーブを設置した事例です。床に無垢材を使用しているため、輻射式ストーブの熱が伝わりやすく、リビング全体があたたかい空間に。親戚や友人など人が集まるご家庭にぴったりですよ。

事例の詳細:ペレットストーブ

7.環境にも体にもやさしいペレットストーブを導入してエシカルな生活を!

この記事では、ペレットストーブの基礎知識や導入のメリット・デメリット、ランニングコストなどについて解説しました。ご紹介した事例なども参考にして、ペレットストーブの導入を検討してみてください。

ペレットストーブを設置してから後悔しないためにも、事前にしっかりと相談できるリフォーム会社を見つけられたら心強いですよね。複数のリフォーム会社で見積もりを取り、自分たちの希望に合う施工をしてくれる会社に依頼しましょう。

複数のリフォーム会社から探すなら、ホームプロに相談してみるのがおすすめです。ホームプロは、累計80万人以上が利用するリフォーム会社紹介サイト。地元の優良リフォーム会社を複数紹介してもらえます。無料で相談できますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ