1. お風呂のタイル補修は早めに!補修が必要なケースと費用について

お風呂のタイル補修は早めに!補修が必要なケースと費用について

お風呂のタイル補修は早めに!補修が必要なケースと費用について

お風呂のタイルにひび割れを見つけたとき、「少しだから大丈夫」と補修を後回しにしていませんか。お風呂のタイルのひび割れが建物の基礎部分の劣化につながることもあります。この記事では、お風呂のタイル補修の重要性や費用の目安などを紹介します。お風呂のタイル補修を検討する際の参考にしてください。

お風呂のタイル補修は重要!少しのひび割れでも放置しないことが大切

お風呂のタイルにひび割れが見つかったら、それがほんの少しだとしてもすみやかに補修をすることが大切です。「あの時、早めに直しておけばよかった!」ということにならないためにも、お風呂のタイル補修の重要性を知っておきましょう。

お風呂のタイルのひび割れは壁や床の水漏れの原因に

毎日使用するお風呂ですから、年数がたつにつれて大なり小なり劣化が発生するのは当然のことです。特に、お風呂のタイルにひび割れや欠けが発生するケースは多いもの。「タイルだから大丈夫」「きっと表面だけだろう」などと考えて放置すると、そこから劣化が進行してしまうことになります。

時間が経つにつれて劣化は進行していきますので、お風呂のタイルにひび割れが見つかったら、早めに補修するようにしましょう。

建物の基礎部分の劣化に繋がる可能性も

ただのタイルのひび割れだと思って放置した結果、建物の基礎部分の劣化を引き起こしてしまうケースもあります。毛細管現象によってタイルのひび割れから水が入り込んで壁や床に水が漏れることもありますし、下地を痛めることもあります。最悪の場合は、柱や根太、金属部分の腐食につながるケースもありますので注意しましょう。

「タイル補修を依頼したら基礎部分の工事も必要になってしまった」ということにならないよう、タイルのひび割れだけでなく、タイルと浴槽の間に隙間ができた、目地が割れてしまったなど何らかの不具合が生じた場合も、早めに対処することをおすすめします。

お風呂のタイルを補修すべき3つのケース

お風呂のタイルに見つかったひび割れや欠けに対して適切な対処ができるよう、お風呂のタイル補修が必要なケースについて知っておくことは重要です。

ここでは、

  • 1.タイルの目地の汚れや劣化
  • 2.タイルと浴槽との間にすきまがある時
  • 3.一部のタイルの表面が欠けている

の、3つのケースについて解説します。

1.タイルの目地の汚れや劣化

タイルの目地とは、タイルとタイルの継ぎ目のことをいいます。タイルの目地には、タイルへの負担を軽減する、タイル裏への水の侵入を防ぎ剥離することを防ぐ役目があります。そのため、タイルよりも柔軟性のある素材が使用されていて劣化しやすくなっています。カビが発生したり汚れがたまったりを繰り返すことで劣化が進み、目に見えない割れが発生していることもありますので注意しましょう。

ちょっとしたタイルの目地割れならば、ホームセンターなどで販売されている目地補修剤での補修もできます。

2.タイルと浴槽との間にすきまがある時

浴槽とタイルの隙間は、浴室の壁に比べて水をかぶる可能性が高い場所です。浴槽とタイルの隙間から水が入り込み、浴槽の裏側にカビが発生したり、水がたまって下地や建物の基礎部分にまで劣化が進んだりすることもあるため、早めに補修するようにしましょう。

少しの隙間なら自分でコーキング剤を充填して、隙間を埋めることも可能です。

3.一部のタイルの表面が欠けている

一部とはいえ、タイル表面にかけが見られる場合は補修が必要です。タイルの張り替えはそれほど難しい作業ではありませんので、割れや欠けが見られるタイルの枚数が少なければDIYも可能です。

自分で張り替える際は、割れ・欠けのあるタイル周辺の目地を取って割れたタイルをはがし、新しいタイルを接着剤でつけて目地を埋めれば完成です。

お風呂のタイル補修をリフォーム会社にお願いすべき2つのケース

お風呂のタイルは、劣化の程度が軽く不具合が発生して時間が経っていなければDIYで補修することも可能ですが、リフォームのプロにお願いすべきケースもあります。「自分で補修する際に防水を切ってしまった」「DIYでタイルを張り替えたが劣化がひどく補修しきれていなかった」など、適切なタイル補修ができなければお風呂からの水漏れの原因になってしまいます。

ここでは、リフォーム会社にタイル補修を依頼すべき2つのケースについて解説します。

1.下地までひび割れしている時

タイルだけでなく下地まで劣化が進んでいる場合は、補修をリフォーム会社に依頼すべきです。

タイルの上に物を落として割れてしまった場合などは、自分でタイルを張り替えて補修することもできます。しかし、ひび割れを1年以上放置してしまうと、その期間に水が入り込み下地を痛めている可能性があります。

また、築15年以上たっている物件の浴室で、力を加えた記憶がないのにタイルが割れている場合は経年劣化による不具合である可能性が高く、下地までひび割れしていると考えられます。

このような場合には、自分でタイルの張替えなどをするのではなく、リフォーム会社に依頼するようにしましょう。

2.タイル自体の劣化が気になる時

タイル自体の劣化が気になる場合の補修は、浴室の床や壁など全面的にタイルを張り替える必要があります。全面張替えの場合は手間や日数がかかりますし、慣れない人では難しい部分もあります。

また、タイルの劣化が気になるということはその分築年数がたっているともいえるでしょう。大事になる前にプロの目で他に不具合がないかどうかチェックしてもらう意味も込めて、リフォーム会社にタイル補修を依頼するようにしましょう。

お風呂のタイル補修・張り替えの相場は2〜10万円程度

お風呂のタイル補修をリフォーム会社に依頼する必要性について解説しましたが、どれくらいの費用がかかるのかも気になるところでしょう。一般的には、お風呂のタイル補修・張り替えの相場は2〜10万円程度です。ここでは、お風呂のタイル補修の費用について詳しく解説していきます。

お風呂のタイルを一部補修する場合の相場は2~3万円前後

お風呂のタイルが一部のみひび割れている・欠けているという場合の補修費用は、材料費と人件費含めて2~3万円ほど、目地の補修の場合も2万円くらいが相場と考えておきましょう。また、劣化の場所や範囲にもよりますが、工期は半日~2日程度です。

これはリフォーム会社に依頼した場合の相場・工期です。自分で補修を行う場合は材料費のみで補修できますが、工期が長くなる可能性もあります。

お風呂のタイルを張り替える場合の相場は6~10万円前後

一般的なお風呂の広さ(0.75坪)を目安に考えると、お風呂のタイル張り替えにかかる費用相場は6~10万円、工期は2~3日ほどです。

床のタイル張り替えの場合は6万円、壁のタイル張り替えなら10万円を目安に考えておくとよいでしょう。床も壁も張り替える場合や、使用するタイルの種類によっては10万円以上かかる可能性もあります。

お風呂のタイル補修は家の老朽化を防ぐ手段の1つ

お風呂のタイル補修によって家の老朽化を防ぐことができます。そのため、それがどんなに小さなものでも早めに補修するようにしましょう。簡単なものならDIYもできますが、築年数によっては小さな不具合でもリフォーム会社に依頼することをおすすめします。

適切に対処すれば、長くきれいな状態を保つことができるでしょう。

お風呂のタイル補修は、基礎部分の劣化につながる前に対処できれば、リフォーム会社に依頼する場合でも2~10万円ほどで補修・張り替えができます。お風呂のタイルにひび割れや欠けを見つけたら、「少しだから大丈夫」と補修を後回しにせず早めに対応するようにしましょう。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ