1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅を購入してリフォーム
  4. 中古住宅の外壁リフォーム ノウハウ
  5. 外壁を変更するなら、サイディングを検討してみよう

外壁を変更するなら、サイディングを検討してみよう

  • 最終更新日:2015-10-02

外壁を変更するなら、サイディングを検討してみよう

外壁材には多くの種類がありますが、それぞれに特徴があります。外壁材の特徴を知り、ご家庭に合う素材を選ぶことが大切です。 サイディングは多くの家で取り入れられている材質です。種類も豊富にあり、メリットもたくさんあるサイディングについてご紹介いたします。

住宅の外壁をサイディングにすることで得られる効果

住宅の外壁をサイディングにすることで得られる効果

サイディングの中にも窯業系・親水性・光触媒・金属系といった材質があり、窯業系はセメント質と繊維質を原料とし、この原料を釜で圧力をかけ、高温成形・養生をしていきます。この成形を行う時に型をつけることができ、タイル風や石畳風といったデザインに仕上げることができます。
親水性サイディングは、水蒸気を吸着する物質が塗布されており、汚れや静電気の発生を防ぐ作用を持っています。光触媒サイディングでは、紫外線を有機化合物に分解できる物質が塗布されていますので、色あせを防ぐことができます。
このような作用により、2つのサイディングは長期にわたり綺麗な状態を保つことが可能です。
金属系サイディングは鉄やアルミニウムを使用していますので、軽量で施工がラクというメリットあり、リフォームに適した材質と言われています。しかし窯業系よりもデザインの種類は少なく、シンプルなものが多い傾向があるようです。
この他にも木製サイディング・樹脂サイディングといった材質もあり、それぞれに特徴があるので、選ぶ際にはよく検討をする必要があります。

サイディングの外壁の種類により、リフォーム費用が異なる

サイディングの外壁の種類により、リフォーム費用が異なる

サイディングの外壁を使用していた住宅だけでなく、モルタル壁の住宅でもサイディングにリフォームをすることが可能です。
サイディング自体の価格は1㎡あたり2000円から10000円と差がありますので、選ぶ材質により費用は大きく異なっていきます。最低でも100万円以上はかかると想定しておくとよいでしょう。
厚みも12mm、15mmの2種類が用意されており、12mmを選んだ場合、釘止めを行いますが、15mmの場合は金具止めという工程になるので、厚みにより工程費用にも差がでるようです。
さらにサイディングに使用する塗料の値段も全体の費用に関係していきますので、材質・厚み・塗料のすべてを良質なもので選択した場合、200万円以上の費用が必要になります。
高額な素材でなくても、サイディング自体の性能はとても良いので、予算に合わせながら、より良いリフォームを行いましょう。

中古住宅の外壁リフォームをする場合、どのようにリフォーム会社を選べばよいか悩む方も多いでしょう。ホームプロには豊富な事例を持ったリフォーム会社が数多く加盟しています。安心して外壁リフォームができるよう、ぜひご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ