1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅を購入してリフォーム
  4. 中古住宅の外壁リフォーム ノウハウ
  5. 中古住宅の外壁をサイディングにリフォームする前に確認しておきたいこと

中古住宅の外壁をサイディングにリフォームする前に確認しておきたいこと

  • 最終更新日:2015-10-02

中古住宅の外壁をサイディングにリフォームする前に確認しておきたいこと

中古住宅の外壁をサイディングにリフォームする際に確認しておきたいことを紹介いたします。是非参考にして下さい。

中古住宅の外壁をサイディングにリフォームした際のメリットについて紹介します

住宅 外壁 サイディング

築年数の経っている中古住宅はモルタル外壁を採用している場合が多く、中古住宅の外壁をリフォームでサイディングにする際にメリットがあります。それは、サイディングはモルタルと違い、工場で製造されるので品質が安定していて、デザインも石積み風、タイル風、板張り風と豊富ということです。通気に関してはすべてのメーカーが通気工法をサイディングの標準工法とするように呼びかけているので多くの建築会社が通気工法で施工しています。その為、壁内通気という点に関してはモルタルに負けません。

外壁をサイディングにリフォームする際の費用についてみてみましょう

外壁をサイディングにリフォームする際の費用についてみてみましょう

サイディングのメリットはわかったら、次に気になるのは外壁をサイディングにリフォームする際の費用ですよね。サイディングへ既存の壁に重ねて貼り付ける場合、120万円から200万円、既存の壁材を撤去して張り替える場合、180万円から300万円程度といわれています。これは中古住宅を一軒まるごとリフォームした時の費用になります。もちろん、建物の形状や立地によっても価格は変動します。

壁材の費用に関しても重要ですが、もう一つ重要なポイントがあります。それはコーキングの種類による費用の違いについてです。コーキングは後々のメンテナンス等の費用、つまりランニングコスト(管理・保守する為の費用)に影響が出てきます。最近ではコーキングも耐用年数の長いものがでているので、予算と照らし合わせながら、コーキングには耐用年数が長いものを使ったほうが良いでしょう。

サイディングのメンテナンス周期は10年とすると、一般的なコーキングの耐用年数は約8年です。そうすると、サイディングをメンテナンスした2年後にはサイディングをメンテナンスする為にもう一度コーキング費用も必要になるということです。このようにランニングコストまで含んで費用として捉える必要があります。

中古住宅の外壁リフォームをする場合、どのようにリフォーム会社を選べばよいか悩む方も多いでしょう。
ホームプロには豊富な事例を持ったリフォーム会社が数多く加盟しています。
安心して外壁リフォームができるよう、ぜひご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ