1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンのシンク リフォーム
  5. ステンレスタイプのシンクにリフォームする際のポイント

ステンレスタイプのシンクにリフォームする際のポイント

  • 最終更新日:2016-03-29
ステンレスシンクは、キッチンシンクに使われる素材の中でも最もポピュラーであり、シンクの形状にもさまざまなタイプがあるのが特徴です。またステンレスシンクは、既存のキッチンサイズにあわせてオーダーメイドすることもできるため、シンクを交換する際もとても便利です。 さらに、ステンレスシンクは人工大理石に比べて弾性に優れているため、洗い物中にお皿やコップを落としても割れにくいという特徴も兼ね備えています。 そこで今回は、ステンレスシンクにリフォームする際のポイントについて解説したいと思います。

ステンレスシンクの製作期間は?

pixta_14894272_M

既製品のステンレスシンクの中に、自分の好みにあうものが見つからない場合は、特注でステンレスシンクを発注し製作してもらうことも可能です。ステンレスシンクを特注した場合は、事前の打ち合わせや完成予想図面などの作成に1週間程度、正式発注から完成そして取り付けまでに2週間程度を予想しておくと良いでしょう。

シンクのステンレス板の厚さについて

pixta_9506492_M

ステンレスシンクを特注で製作する場合は、ステンレス板の厚みにもこだわると良いでしょう。ステンレスシンクを交換する場合は、同じ1枚板で構成されているステンレスワークトップ全体を交換することになりますので、ステンレス板を従来のものよりも厚くすることで、より頑丈なワークトップになります。特にカウンターの前垂れ部分のステンレスを厚くすることで、よりキッチンの強度が増します。

ステンレスシンクをオーダーするメリット。

pixta_6632549_M

ステンレスシンクをフルオーダーもしくはセミオーダーで製作すると、通常のステンレスシンクよりも価格は高くなるものの、それ以上に大きなメリットがあります。

1:位置を自由に変えられる。 オーダー式のステンレスキッチンは、コンロやシンクの位置や形を自由に変更することができるため、自分自身にとって一番使いやすい形で製作することができます。

2:立ち上がりガードもオーダーできる。 水に強いワークトップを希望する場合は、立ち上がりガードをオーダーすることも可能です。立ち上がりガードとは、ワークトップから水が流れ出さないようにステンレス天板のサイドとバック(奥)に設ける立ち上がり部分のことで、サイドの立ち上がりをサイドガード、奥の立ち上がりをバックガードといいます。これらをオーダーすることで、キッチンの防水性能が格段にアップします。ステンレスシンクをオーダーする際には、是非参考にしてください。

また、ホームプロでは、システムキッチンのリフォームについてさまざまな情報を発信しています。是非システムキッチンをリフォームする際の参考にしてみて下さい。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ