1. ホーム
  2. リフォーム事例
  3. ガラスブロックとモザイクタイルで明るい空間を
事例一覧へ戻る

ガラスブロックとモザイクタイルで明るい空間を

建物のタイプ 戸建住宅 価格 1,500万円
築年数 21〜25年 工期 2ヶ月
竣工年月日 2014年3月31日 構造 鉄骨造
施工地 東京都 北区 リフォーム箇所 キッチン浴室・バストイレ洗面リビング廊下階段その他
家族構成 不明

お客さまの声

普段使われていなかった実家の3階と2階部分を改装し、2世帯で暮らせるようにしたいと思い、リフォーム会社を探し始めました。御社はインターネットで見つけ、問い合わせをしました。
3階はミニキッチンしかありませんでしたが、ユニットバス、トイレまで新たにレイアウトされ、独立した水回りが実現できました。インテリアのカラーも統一感があり、素敵な空間に生まれ変わったと思います。

リフォーム会社のご提案

提案の段階では複数の会社との相見積もりだったため、他社との差別化も意識しながら弊社らしいプランニングをさせていただきました。バルコニーのある明るい3階にはご家族が集まれるリビングダイニングと水回りをプラン致しました。ミニキッチンの配管をどのように活かしてレイアウトしていくか、また、広々としたリビングダイニングを実現するためにサンルームを室内に組み込むなど、技術と工夫が必要な工事になりました。ご両親様は住まわれながらの大規模なリフォームになりましたので、ご心労もあったかと思いますが、ご協力くださいまして有難うございました。

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

キッチンはクリナップの上位モデル「SS」を採用しました。清潔感のあるステンレス仕上げで、水栓は手をかざすだけで水の出る、ワンランク上の設備を提案致しました。水や油などで汚れやすいキッチンの床にはフローリング調のタイルを張りました。リビングダイニングとのフローリングとの一体感を崩さず、それぞれの素材感の違いを楽しめます。

詳しく見る

浴室・バス

浴室・バス

ユニットバスはTOTOのWFを採用しました。アクセントカラーのブラックとホワイトの壁面パネルを組み合わせ、コントラストのきいたカラーリングにしています。使いやすいタッチパネル式の水栓がスタイリッシュなワンランク上のユニットバスです。ユニットバスももともと何もなかった部屋に新たに給湯給排水管を配管して取付けました。

詳しく見る

トイレ

トイレ

トイレはTOTOのピュアレストを採用しました。ナチュラルな木目のキャビネットを合わせ、あたたかい雰囲気に仕上がっています。手洗器はカウンターとボウルが一体型のすっきりしたデザインです。床には汚れのつきにくいトイレ用パネルとヒーターが一体になったハイドロセラを設置しました。寒い季節でも快適に利用することが出来、お手入れのしやすさにも配慮しています。

詳しく見る

洗面

洗面

洗面室の床はウッド調のフロアタイルを提案致しました。表面に立体的に木目が入り、本物の木のような風合いを楽しめるデザインです。洗面化粧台はTOTOのオクターブを採用致しました。洗面化粧台のパネルもナチュラルな木目に合わせることで、洗面室をあたたかい雰囲気に統一しました。

詳しく見る

リビング

リビング

リビングは一部壁面にグリーンの壁紙をアクセントクロスとして張り、キッチンカウンター下のガラスモザイクタイルと相まって、さわやかなグリーンとブラウンが美しく調和された空間になるようコーディネートしました。

詳しく見る

廊下

廊下

洗面室とトイレへの通路には建具の木目にあわせた面材で壁面収納を造作しました。上下2段に分けられ、内部は高さを変えられる可動棚になっています。扉は押して開閉するタッチラッチ式なので、ハンドルや手掛けレールなどがなく、見た目がすっきりとまとまっています。

詳しく見る

階段

階段

デッドスペースになりやすい階段室の一角に可動棚収納を設けました。可動棚をカーブ形状に工夫することで、通路幅も確保しています。

詳しく見る

その他

その他

リビングダイニングと階段の間仕切り壁には大胆にガラスブロックを取付けました。光をやさしく透過するガラスブロックは空間全体をほどよく照らし、その透明感によって空間に開放感も与えてくれる魅力的なプランです。表面の凹凸が光に表情を与えてくれます。

詳しく見る

最近見た事例

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ