1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外壁塗装・外壁工事のリフォーム
  4. 外壁リフォームの基礎知識
  5. 外壁塗装でもらえる補助金・助成金|制度の詳細や対象となる条件を解説

外壁塗装でもらえる補助金・助成金|制度の詳細や対象となる条件を解説

外壁塗装でもらえる補助金・助成金|制度の詳細や対象となる条件を解説

外壁塗装の際にもらえる助成金や補助金について紹介していきます。エコリフォームにするために、どのように補助金・助成金を受ければいいのでしょうか。詳しく解説していきます。

外壁塗装を行う際の相場となる金額をご存知でしょうか。

実は、その相場は約100万円と、意外にも高額です。

しかし、条件さえ満たせば、外壁塗装を行う際に自治体から5~30万円ほどの助成金をもらえる場合があります。

今回の記事では、外壁塗装に関する補助金の制度の概要から申請する際の注意点まで、丁寧に詳しく解説していきます。

外壁塗装でもらえる補助金・助成金とは

自治体によって条件は異なりますが、外壁塗装や屋根塗装、リフォーム工事の際に補助金・助成金を受け取れる制度があります。

このような補助金は、どの自治体でも基本的に返金が不要なのでリフォーム工事の心強い味方になります。

「どうして個人の外壁塗装などに補助金が出るんだろう?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、自治体が補助金や助成金を出す理由は主に以下の2つです。

✓地域の業者に仕事を依頼する仕組みを作り、地域経済を活性化させること

✓環境に優しい材料を使ってリフォームすることにより、ヒートアイランド現象の進行などを防ぐこと

つまり、個人がお得にリフォームができる上、環境保護や地域経済にも貢献できる制度です。

外壁塗装でもらえる補助金と助成金の違いとは?

先ほど、「補助金や助成金」という言葉を使いましたが、実は補助金と助成金には異なる特徴があります。

それぞれもらえる額の寡多や審査の有無などが異なってきますので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

外壁塗装でもらえる助成金

まず、外壁塗装の助成金には以下のような特徴があります。

✓申請期間が長い

✓誰でも受け取ることができる

✓補助金よりも額が少ない場合が多い

助成金に申し込むメリットは、基本的な条件を満たしていれば、ほぼ誰でも確実にお金を受け取ることができるということです。

詳しい条件に関しては後述しますが、特に多く課されるのは「環境に配慮した特定の塗料を使用する」という条件です。

補助金よりも申し込みのハードルが低いのがポイントのひとつです。

外壁塗装でもらえる補助金

次に、外壁塗装の補助金には以下のような特徴があります。

✓申請期間が短い

✓審査があるため、受け取れない場合もある

✓助成金よりも額が大きい場合が多い

このように、外壁塗装のための補助金を受給するためには、それぞれの自治体が設けた基準に則って審査を受ける必要があります。

つまり、たとえ条件を満たしていたとしても、審査に合格しなければ補助金を受け取ることができません。

もらえる額が多い分、「誰もが確実に受け取れるというわけではない」というリスクがあるのが補助金の特徴です。

このように、助成金と補助金は違う性質のものであることがご理解いただけたかと思います。

次に、外壁塗装の補助金・助成金の対象となる工事形態について見ていきましょう。

関連記事①サイディング外壁とは?種類や価格を徹底解説

関連記事②モルタル外壁とは?施工方法や費用、特徴を紹介

補助金・助成金の対象となるのはエコリフォーム

外壁塗装の補助金・助成金の対象となるためには、環境に配慮したリフォームを行う必要がある場合がほとんどです。

基準は各自治体によって異なりますが、特に多いのは先述の通り「指定の塗料を使う」という条件です。

対象となる塗料

「環境に配慮した塗料」と一口に言ってもさまざまな種類がありますが、たとえば以下のような塗料は補助金・助成金の対象になりやすい種類です。

遮熱塗料

「遮熱塗料」とは、夏場の直射日光による暑さを低減する効果がある塗料です。

遮熱塗料を使うことによって冷房費を節約することができるので、省エネ効果があります。

断熱塗料

一方、「断熱塗料」は「夏は涼しい」「冬は暖かい」を両方実現した塗料です。

つまり、断熱塗料を使えば季節を問わず光熱費を節約することが可能になります。

省エネ効果も抜群な上、耐年数も15~20年と長寿命なのでエコリフォームに好んで用いられるのが特徴です。

ただし、機能がいい分遮熱塗料よりも割高になるケースが多いのがデメリットです。

その他の条件

ここまで塗料に関する条件について述べてきましたが、その他の条件が課せられる場合もあります。

当記事では、補助金や助成金を受け取る際の条件になりやすい項目を下記のチェックリストにまとめました。

ここで当てはまる項目が多ければ多いほど補助金や助成金をもらえる確率が高くなるでしょう。

✓申請を行う地域の住所を持っており、かつ実際に住んでいる

✓着工前であり、かつ補助金や助成金の申請が受付期間内である

✓耐震基準を満たした家である

✓建築基準法に違反していない

✓家の他の部分もエコリフォームが行われている/もしくは外壁塗装と一緒にリフォームを行う

✓各種税金を滞納していない

✓施工業者が自治体内の法人、もしくは個人である

✓以前に同一の補助金を給付していない

※チェックリストはあくまで参考資料であり、補助金や助成金が受け取れることを確約するものではありません。

実際の基準は各自治体によって異なりますので、詳しくはお住まいの自治体までお問い合わせください。

関連記事①外壁塗装の基礎知識|費用相場や種類を解説

関連記事②外壁や屋根の塗装は必要?耐用年数や費用相場を紹介

補助金・助成金をもらう注意点と条件

ここまで何度か述べてきましたが、各自治体によって補助金・助成金を受け取れる注意点や条件は異なります。

ここではその一例として東京都と神奈川県の例を参照していきましょう。

東京都の場合

まず、東京都の場合です。

一口に東京といっても区によって条件が異なるため、 ここでは台東区の助成金を例にとって条件を確認します。

【名称】窓、外壁等の遮熱・断熱改修

【助成金額】工事費用(税抜)×20%(上限15万円) ※新築・増改築工事や外気等に接しない部分への工事は対象外。

【助成対象となる条件】

✓壁、天井、床、屋根、屋上の断熱改修であること。

✓使用する断熱材が、規定の断熱材の厚さの基準以上であること。

この例のように、助成金や補助金は受給できる金額の上限が定められているのが一般的です。

また、「断熱材が規定の厚さでなければならない」などの規定がある場合、補助金制度に詳しい外壁塗装業者に依頼するとスムーズに準備を進めることができます。

神奈川県の場合

同じく、外壁塗装の補助金・助成金について、神奈川県の場合を参照していきましょう。

こちらも市町村によって条件が異なるため、ここでは一例として座間市の補助金を取り上げます。

【名称】住宅リフォーム補助制度

【助成金額】 一律5万円(1棟につき1回限り) ※募集件数は年間110件のみ

【助成対象となる条件】

✓市税を滞納していないこと

✓市内に本店・本社がある業者が行う工事であること

✓市が実施する他の助成制度や南関東防衛局が行う防音工事と同じ箇所でないこと

✓着工予定の工事であること(着工済みは対象外)

✓年度内(平成31年度は平成32年3月27日まで)に工事書類を提出完了できること

✓工事費用が税抜き10万円以上であること

こちらは、東京都台東区の制度とは異なり、施工金額に関わらず一律5万円の補助が出るというものです。

また、助成金とは異なり、「年度内に工事書類を提出完了できること」「市税を滞納していないこと」などのかなり細かな制約があることが一見してわかるかと思います。

このため、特に補助金を申請する場合は条件をよく確認してから申請に臨むようにしましょう。

関連記事リフォームの相談はどこにする?無料サポート機関を紹介します

まとめ

ここまでの内容をまとめると、以下のようになります。

✓外壁塗装をリフォームする場合は、補助金/助成金を受けられる場合がある

✓各自治体によって、外壁塗装の補助金/助成金を受給できる条件が異なる

✓特に環境に配慮したエコリフォームを行うことが条件である場合が多い

✓補助金と助成金は違う特徴がある

✓補助金/助成金制度に詳しい業者を選ぶことでスムーズに着工できる

特に、最後の「補制度に詳しい業者を選ぶ」ことは、外壁塗装の補助金/助成金を受け取る上で非常に重要なポイントです。

というのは、そういった制度にも詳しい優良リフォーム会社を選ぶことで、補助金/助成金受給の準備をスムーズに進められるからです。

大切な時間や費用を節約するため、リフォーム会社の選定は慎重に行われることをおすすめします。

リフォーム会社の比較はぜひホームプロへ

リフォーム会社を比較する際に便利なのが、80万人以上が利用する紹介サイト「ホームプロ」です。

3分で終わる無料会員登録を行うだけで、希望に合った地元のリフォーム会社を最大8社無料でご紹介します。

見積もりを依頼するまでは紹介された企業と完全匿名でやりとりできるため、強引な勧誘などを受ける心配は一切ありません。

企業情報だけでなく、過去の施工例や口コミなどを確認しながら会社を選定できるため、安心してお使いいただけるかと思います。

まずはお気軽にご登録ください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ