1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. フローリング・床のリフォーム
  4. フローリング・床リフォームの基礎知識
  5. 【事例あり】フローリング素材の種類や特徴・リフォーム費用相場

【事例あり】フローリング素材の種類や特徴・リフォーム費用相場

【事例あり】フローリング素材の種類や特徴・リフォーム費用相場

フローリングのリフォームを行う場合、使用する素材を気にする人もいるでしょう。では、フローリングの素材には、どんな種類や特徴があるのでしょう。住まいには必要不可欠ともいえるフローリングですが、詳しく知らない人も多いかもしれません。どんな素材があるのか、素材による金額の違いはあるのかなど、事前に調べておくとリフォームの際にスムーズに進められるでしょう。こちらの記事では、フローリング素材の種類や特徴、素材別のメリット・デメリット、費用相場などご紹介していきます。フローリングのリフォームをする際に、ぜひ参考にしてみてください。

フローリング素材のタイプ

フローリング素材のタイプには、「無垢フローリング」と「複合フローリング」の2種類があります。

この2種類には、それぞれにどんな特徴があるのでしょうか?

無垢(単層)フローリング

無垢フローリングとは、丸太から切り出した自然な状態の木材を使用した床材を指します。天然木100%で他の木材は混ざっておらず、使用されている素材もヒノキや杉など数十種類あります。

質感がよく、木の温かみや肌触りの良さは無垢フローリングならではでしょう。天然木ですので、調湿性が優れていて湿気の多い時は吸収、乾燥する時は放出してくれます。

複合フローリング

複合フローリングとは、合板などの表面に化粧材を貼り合わせた床材を指します。化粧材には、天然木を2mm程度に薄く挽いた「挽き板」と木材を1mm程度の厚さにスライスした「突き板」、樹脂や紙に木目模様をプリントした「シート」があります。

複合フローリングは、一般的に普及している素材で、温度や湿度による膨張・伸縮少なく、傷に強いので場所を問わず使用できるのが特徴です。水回り・床暖房など用途別に種類が選べるのも複合フローリングが選ばれる理由のひとつでしょう。

フローリング素材の費用相場

フローリングの素材によって、金額に違いはあるのでしょうか?

天然木100%ではある無垢材が高いことは予想できますが、複合フローリングとは、どのくらい差があるのでしょう。

無垢(単層)フローリングの費用相場

無垢フローリングは、複合フローリングより高価で、9000円/㎡〜が相場です。素材の種類によっては、もっと高額になることもありますので、メーカーなどに問い合わせて確認するとよいかもしれません。

リフォームする場所によっては広範囲になるので、希望する素材を使用できるか、リフォーム会社に相談するとよいでしょう。

複合フローリングの費用相場

複合フローリングは、無垢フローリングに比べると安く、7000円/㎡〜が相場となります。しかし、コーティングやメンテナンスフリー仕様の商品は価格が高くなるので、どの素材を使用するかは、リフォームする場所や範囲を考慮する必要があります。

メーカーによっても取り扱っている種類が異なるので、幾つかのメーカーのカタログなどを見比べて納得できる素材を探してみるのもよいでしょう。

無垢(単層)フローリングのメリット・デメリット

無垢フローリングには、自然素材をそのまま使用することによるメリット・デメリットがあります。メリットとデメリットを理解した上で、リフォームする際のフローリング素材を検討しましょう。

メリット

無垢フローリングのメリットは、素材の味わいや機能などが大きいでしょう。

・経年による変化が味わえる

自然素材は使い続けていくことで、素材自体が変化していきます。色の変化や馴染んでいく肌触り、傷でさえ味わい深い雰囲気を醸し出してくれます。

・調湿作用がある

天然木からなる無垢フローリングなら、水分を吸収・放出する作用により室内の湿度を一定に保ち快適に過ごせます。

・香りが良い

天然木を使用しているからこそ味わえる木の香りは、癒しの空間を作ります。好みの木の香りから素材を選ぶのも楽しいのではないでしょうか。

デメリット

無垢フローリングのデメリットは、自然素材であるがゆえに生じてしまうものです。

・水や傷に弱い

木の種類により柔らかいため傷が付きやすく、また気温や湿度に左右されて膨張・伸縮、割れやねじれを起こしてしまいます。

耐水性の高い木もありますが、基本的に無垢フローリングは水に弱い素材です。

・色の統一感が出せない

自然の木材を使用していて色にバラつきがあるので、統一感を出すには不向きです。それぞれが一点物ですので、同じ木を使用しても多少の色の違いが出てしまいます。木の種類によっては色のバラ付きが目立ちにくい場合もあります。

複合フローリングのメリット・デメリット

複合フローリングには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?無垢フローリングとは異なり自然素材でないためのメリットとデメリットがあります。

メリット

複合フローリングのメリットは価格やメンテナンスのしやすさなど自然素材にない良さがあります。

・無垢フローリングよりも安い

合板に化粧剤を貼り付けて作られている複合フローリングは、工場などで多量に生産可能なため、価格が安く提供できます。

・掃除やメンテナンスが楽

複合フローリングは、ウレタン塗装の場合が多く、水拭きでの掃除や専用のクリーナなどでメンテナンスもできるため手間がかかりません。

・反りや軋みなどの伸縮が少ない

無垢フローリングとは異なり、基材が合板のため木材が安定しているので反りや軋みが起こりにくいです。

・デザインのバリエーションが豊富

「挽き板」や「突き板」、「シート」など化粧材の種類もありますし、シートの場合はカラーバリエーションやデザインが豊富で色々と好みに合わせて選べます。

デメリット

複合フローリングのデメリットは、安価で提供できることに比例する品質にかかわる部分になります。

・無垢フローリングに比べると目地が安っぽく感じる

「挽き板」であれば、それなりに木の風合いが感じられますが、「シート」の場合は木目調の模様をプリントしたもののため、多少は安っぽさが感じられるでしょう。

・深く傷つくと合板が見えてしまう可能性がある

表面の薄い「挽き板」や「突き板」「シート」では、深い傷がついて合板が見えてしまう可能性があります。また無垢のように補修ができない場合もあります。

・硬い素材のため踏み心地が気になる

合板では、素材が硬いので踏み心地も無垢材に比べて劣ります。肌触りは「挽き板」であれば無垢フローリングに近いですが、踏み心地までは変えられません。

・調湿作用はない

複合フローリングでは、無垢フローリングのように湿気を吸収したり放出したりすることはできないため、室内の調湿作用はありません。

フローリング素材で使用される木の種類

フローリング素材に使用される木には、どんなものがあるのでしょうか?ヒノキや杉などのほか、さまざまな木が使われています。

・オーク

オークには中心軸を含む柾目面に「虎斑」と呼ばれる横縞が現れる場合があります。加工の工程が難しいので、一般的に出回ることはほとんどありません。

・ウォールナット

樹高が8m~20mにもなり、深い色合いが人気です。フローリング素材以外に高級家具などにも使われます。

・ブラックチェリー

温暖な地域に広く分布している樹種で、ブラックチェリーの実をつけます。経年変化で色合いが濃くなっていきます。

・メープル

色合いが淡いクリーム系で光の当たる角度により光沢が変化します。工芸品などでも好まれる樹種です。

・アッシュ

樹高は18m~24mほどになります。生育した環境により木の性質が変わり、それぞれの特徴を活かした製品へと加工されます。

・杉

樹高が50mまで育つこともある樹種で淡黄褐色や桃褐色の落ち着きのある色合いが特徴です。断熱性や調湿性を備えています。

・ヒノキ

色合いは黄白色から淡赤色をしていて、香りが長期間継続します。お風呂の木材に使われていることからも分かるとおり、リラックス効果が高い樹種です。

・クリ

経年変化で徐々に栗色から黒褐色へ色合いが濃くなっていきます。耐水性が優れているので土台やデッキ材としても最適です。

・チーク

材質が堅く、水や白アリなど害虫にも強い特徴があります。大型船舶などにも使われていたほど過酷な条件でも耐えることができる樹種です。

・パイン材

節が多くみられ、特有の自然な木目が素朴で、安心感を与えてくれます。使いこんでいくと白っぽい色合いから深みのある飴色へと変化が楽しめます。

フローリング素材にこだわったリフォーム事例

無垢フローリングと複合フローリングに関して説明してきましたが、ここからは実際のリフォーム事例を紹介していきます。

1:無垢材の複合フローリングで統一感のある空間に

「挽き板」に無垢材を使用した複合フローリングへリフォームしています。床の色合いに合わせて棚やアクセントクロスを選定したことで、統一感が出ました。

事例の詳細:リビングダイニング(無垢材・珪藻土)

2:床暖房対応の複合フローリングで快適なリビングに

床暖房へのリフォームが、ご希望でしたので床暖房対応の複合フローリングにしています。明るめの色合いのフローリングに、ライトもLEDのダウンライトを使用することで温かみのある明るさの空間になりました。

事例の詳細:リビング工事

3:無垢のフローリングで木の温もりが感じられる空間に

ご主人の実家を全面的にリフォームするとのご依頼で、純和風のイメージを若いご夫婦に合わせて明るい洋風へチェンジしました。木の温かさが感じられる無垢フローリングにすることで、室内全体が明るく爽やかで落ち着ける雰囲気になりました。

事例の詳細:カラフルポップな印象的リビング

4:ナチュラルカントリー調のリビングにリフォーム

室内のイメージはナチュラルカントリー調とのことだったので、無垢の風合いも感じられる複合フローリングにしました。お手入れやメンテナンスは手間をかけずに、ナチュラルカントリーを感じられる室内に仕上げました。

事例の詳細:お気に入りのモノたちに囲まれて暮らす

5:フレンチカントリー調の優しい空間に

無垢フローリングへのリフォームで、室内のフレンチカントリー調の良さを崩さず、明るく温かい空間を作り上げました。家具や雑貨の色合いとも調和し、年数経過でより味わい深い色調への変化も楽しめます。

事例の詳細:フレンチカントリーのかわいい家

フローリング素材に関する相談はプロにお任せ!

フローリング素材はさまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴があります。「無垢フローリング」と「複合フローリング」の違いやメリット・デメリットを理解し、自分の理想の住まいに最適なフローリング材を選びましょう。

実際のリフォーム事例でも、無垢フローリングが良い場合、先々を考慮して複合フローリングにした場合などご紹介しました。具体的にイメージしやすい事例も多かったのではないでしょうか。

フローリングのリフォームは、広範囲になる場合も多いので、自身の要望どおりの仕上がりになるようプロに相談するのがおすすめです。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ