1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 防犯リフォーム
  4. 防犯リフォームの基礎知識
  5. リフォームと防犯対策。防犯カメラでできる自宅の安全確保

リフォームと防犯対策。防犯カメラでできる自宅の安全確保

リフォームと防犯対策。防犯カメラでできる自宅の安全確保

賃貸だけでなく、戸建のお宅でも防犯カメラの設置率が高くなっています。ネットやホームセンターでも販売されており、簡単に取り付けられるものもあります。 防犯カメラの設置による効果と、価格、レンタルなどについて紹介します。

家庭用の防犯カメラが普及した理由と効果

家庭用の防犯カメラが普及した理由と効果

ネットやホームセンターなどで手軽に防犯カメラを購入することができるようになったこと、また空き巣や犯罪に対する意識が強まってきていることから、設置する家庭が増えてきたのではないでしょうか。
また、無線LAN対応のものだとスマートフォンで状況を確認することができます。この場合1万円ほどで販売されています。
設置は業者にお願いするか、DIYでも可能です。配線やネジなども必要になるので、DIYが難しい場合は
やはり業者に依頼するのがベストでしょう。

防犯カメラの価格帯について

防犯カメラの価格帯について

一言でいってしまうと、5000円くらいからで、ピンキリといったところですが、中には広範囲に渡ってよく撮れるカメラ、録画期間が長く保存できるカメラなど性能も様々です。
それぞれの予算や防犯目的の場所(玄関か、庭、勝手口)に合わせて、ダミーカメラと組み合わせて使っているお宅もあります。
例えば、玄関が目的であれば雨にぬれても丈夫なタイプを選んだり、庭であれば特に死角となる部分にのみ、ワイドカメラを使用したりと、工夫が施されています。

防犯カメラのレンタルもあります。

防犯カメラのレンタルもあります。

防犯カメラはレンタルすることもできます。設置、操作も丁寧に説明があり、撤去することも一連のサービスとして請け負ってくれるのがレンタル防犯カメラ業者です。
カメラの設置に伴って必ず必要となるモニターも一緒に貸し出してくれます。
また、夜間もよく見える赤外線対応のカメラなど高機能なものを設置してくれることもポイントが高いです。
高機能カメラに切り替えを迷う方も、短期のプランは割高になりますが、事前に画像や実際の様子を確認することができます。
では、レンタルの方も購入される方もどんなところに設置をすると効果的なのかお伝えします。

防犯カメラを設置する場所について

防犯カメラを設置する場所について

死角が多いとされる庭への設置は効果的です。
また、2階建て住宅のベランダに設置することもおすすめです。窓は侵入経路の一つとであり、またその確率も高いとされています。
センサーで感知しただけでも。威嚇のブザーが鳴るタイプのものもあります。
リフォームで、窓や鍵を変えることも防犯対策の一つです。少しずつ、日々の意識から見直していき必要な時はプロの意見も取り入れてみるのが良さそうです。

ホームプロでは防犯リフォームのノウハウを持つ会社が多数加盟しております。
防犯対策はリフォームのプロに依頼し万全にしましょう。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ