1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 防犯リフォーム
  4. 防犯リフォームの基礎知識
  5. リフォームの際に、シャッターも取り付けて防犯対策を

リフォームの際に、シャッターも取り付けて防犯対策を

リフォームの際に、シャッターも取り付けて防犯対策を

リフォームや新築の際に、窓の安全性にも目を向けられることをおすすめします。空き巣の一番の侵入口は窓と言われています。 シャッターの効果やシャッターの相場、性能についてまとめました。

シャッターと防犯ガラス、効果と違いについて

シャッターと防犯ガラス、効果と違いについて

シャッターフィルムなど、それぞれの効果や違いは以下のとおりです。
シャッター:防犯の役割をする(泥棒からみて、防犯意識の高い家として認識してもらうことによって侵入を諦めてもらう)
閉めていれば紫外線が入ってこない、結露対策に有効である、強風対策になる。
防犯ガラス:防犯の役割をする。(実際に、泥棒に入られたときにガラスを壊しにくくなっている)光を採光しながら、紫外線は99.9%カットすることができる。強風対策になる。万が一、ガラスが割れても飛び散らない。
防犯フィルム:ガラスに張ることで、予算が軽減できる。万が一ガラスが割れても飛び散らない。

防犯効果とシャッターの通風効果について

防犯効果とシャッターの通風効果について

シャッターをつけたことによって風通しが悪くなることや光を遮ってしまうのではと、心配される方もいるのではないでしょうか。
現在は、ブラインドスタイルの物が出てきているので風通しの心配は軽減されています。
シャッターの防犯効果ですがシャッターに付いている鍵、また窓の鍵もしっかりしめないなどは実際の防犯効果が薄れてしまいます。
シャッターを取り付けたからといって油断は禁物です。
また、閉めっぱなしにしていると、留守だと勘違いされる可能性もあるので、日差しが強い時や夜間だけ閉めるなどある程度の工夫も必要になります。

防犯シャッターの価格相場について

防犯シャッターの価格相場について

5万円から10万円以下で取り付けることができますが、設置するシャッターサイズや数によって、設置時の工賃として、足場代がかかることもあります。
また、手動か電動かにもよって費用は異なります。シャッターの種類も含め、まずは専門業者に相談し、アドバイスしてもらうのも一つの手です。

ホームプロでは防犯リフォームのノウハウを持つ会社が多数加盟しております。
防犯対策はリフォームのプロに依頼し万全にしましょう。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ