1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 防犯リフォーム
  4. 玄関の防犯 基礎知識
  5. 防犯対策に鍵まわりをリフォームしよう

防犯対策に鍵まわりをリフォームしよう

  • 最終更新日:2015-10-02

防犯対策に鍵まわりをリフォームしよう

防犯対策として鍵まわりのリフォームには、室内外への鍵カバーの取り付けや補助錠の設置が挙げられます。賃貸物件では、オートロックや電子錠を導入しセキュリティを強化することで、人気が出ることもあります。

防犯対策に鍵カバーを取りつけよう

防犯対策に鍵カバーを取りつけよう

侵入者によって、玄関ドアの鍵が開けられてしまったとき、主な手段としてピッキングとサムターンまわしが挙げられます。

ピッキングは鍵以外のものを用いて、開錠することをいいます。ピッキングの対策としての鍵カバーの取り付けは、室外の鍵穴側に、鍵穴を覆うカバーのような形状で、専用の鍵がなければ開かないカバーを取り付けます。ただし、対応できる鍵の種類は限られています。

一方、サムターン回しの対策としては、室内側に鍵カバーを取り付けます
鍵のまわりを樹脂製のカバーで囲むことで、ドアの隙間やドリルで開けた穴などから工具を入れ、サムターンを回して開錠するのを防ぐものです。

室内側と室外側の両方に鍵カバーを取り付けておくと、ピッキングにもサムターン回しにも対応できますので安心です。

サムターン回しなどの防犯対策のリフォームは補助錠の追加

サムターン回しなどの防犯対策のリフォームは補助錠の追加

鍵カバーの取り付け以外で、防犯リフォームにおいてのサムターン回し対策としては、鍵の追加が挙げられます。

警視庁の運営する「住まいる防犯110番」では、侵入犯罪で侵入をあきらめる時間は「2分を超え5分以内」が51.4%、「5分を超え10分以内」は22.9%であることから、5分が犯罪被害に遭いやすい境目とされています。

そこで、侵入者が開錠に時間が掛かるように、新たに補助錠用のシリンダ―を設置し2つとする、いわゆるダブルロックにすることでサムターン回しなどの被害に遭いづらくなります。補助錠は防犯性が高いと警視庁が認めた防犯建物部品、CP認定製品から選ぶと安心です。

賃貸物件の防犯リフォームは鍵関係を強化

賃貸物件の防犯リフォームは鍵関係を強化

賃貸物件では、鍵の交換など防犯につながるリフォームをすることで、空室率の改善に繋がることがあります。特に女性では、防犯対策がされている物件かどうか、気になる人が多くみられます。そこで、防犯カメラを設置するとともに、オートロックシステムの導入や電気錠システムの採用といったリフォームを行い、防犯体制の強化を図ると効果的です。
また、最新の防犯設備の導入によって、これまで空室が目立っていた物件が人気物件へと変わっていくこともあるのです。

防犯リフォームによって、防犯体制を強化したいときには、ホームプロを利用しませんか。防犯対策を得意とするリフォーム会社の紹介を行っています。最大8社までの紹介を受けられますで、見積もりを依頼して比較してみましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ