1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 防犯リフォーム
  4. 玄関の防犯 基礎知識
  5. 防犯ドアロックへのリフォーム

防犯ドアロックへのリフォーム

  • 最終更新日:2015-10-02

防犯ドアロックへのリフォーム

防犯のためのリフォームを考える際に、まず対策したいのが玄関です。防犯性能の高いドアや鍵、ドアガードへのリフォームについて、注意点とポイントをご紹介します。

防犯のためのドアと鍵のリフォーム

防犯ドアロックへのリフォーム

玄関の防犯対策では、鍵の交換や、ドアそのものを防犯性の高いものにリフォームするといった方法があります。
鍵というと「鍵穴に差し込んで開錠するもの」というイメージが強いですが、最近ではカードキーや暗証番号を入力するテンキータイプなど、鍵穴そのものがないタイプも多くあります。
このタイプはそもそも鍵穴がないのでピッキングができず、無理やりこじ開けることも難しいため、防犯性能が大変高いといえます。
ドアのリフォームには「CPマーク」のついた製品の使用をお勧めします。「CPマーク」は防犯性能が客観的に評価された部品につけられるものです。
侵入者が行動を開始してから建物内部に入り込むまでの時間が5分以上かかるものがCP製品として認定されています。

ドアガードロックの効果的な使い方

ドアガードロックの効果的な使い方

更に対策しておきたいのが、内鍵のドアガードです。意外と認知度は低いですが、実はドアガードは防犯用ではなく、押し売りや勧誘などのセールスマン対策として設置されるものです。
そのため防犯性はあまり高いとは言えず、U字のものや、チェーンタイプなどは外から簡単に開けられてしまいます。
補助錠を取り付ける、ドアガードそのものにロック機能があるものを使うなど、リフォームの際は内鍵にも注意するとよいです。

これからの玄関リフォーム

これからの玄関リフォーム

玄関の防犯対策は「1ドア2ロック」が今や常識ですが、単純なシリンダー錠に内からはドアガードのみ、といった状態ではもはや対策していないも同然といえます。
手口を知っていれば簡単に侵入することができてしまうからです。
ドアをCP製品に変える、鍵を電子錠にする、など小さな部分の積み重ねで玄関の防犯性能は格段に向上します。
今一度玄関回りを見直し、より防犯性の高い玄関へリフォームしてみてはいかがでしょうか。

空き巣の侵入を防ぐためにも、防犯の基礎知識を得ておくことは重要です。ホームプロには、基礎知識はもちろん豊富な経験を持ったリフォーム会社が多数加盟しています。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ