1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. 風呂(浴室・お風呂)リフォームの基礎知識
  5. 憧れの和風浴室、檜風呂にするために、リフォーム時の注意点やメンテナンス方法を解説

憧れの和風浴室、檜風呂にするために、リフォーム時の注意点やメンテナンス方法を解説

  • 最終更新日:2020-02-10

憧れの和風浴室、檜風呂にするために、リフォーム時の注意点やメンテナンス方法を解説

和風の浴室にリフォームするためには浴槽を陶器や木製にしたり、石やタイル天然木で、床や壁などを仕上げるといった方法があります。和風の浴室へのリフォームでは、照明器具の選び方にも気を配りましょう。

和風浴槽のリフォームについて

pixta_19075990_M
和風浴槽には、信楽焼などの陶器浴槽、大判のタイルのような陶板で浴槽を形成する陶板浴槽、檜やヒバなどの木製浴槽があげられます。石風呂は庭などの外部へ配置し、露天風呂として使われることがほとんどです。

一般的な家庭の浴槽は半埋め込み型が多いですが、据え置き型とすることで浴槽が映える浴室となります。和風浴槽へリフォームすると、高級旅館の部屋つきのお風呂のような雰囲気で入浴を楽しむことができます。

しかし、和風浴槽の多くは比較的高価なものです。手軽に一般的な在来浴室として、和風の浴室をつくりたい場合には、浴槽はシンプルなデザインのものを選び、和の雰囲気の大判タイルをエプロン部分や床、壁に使うことで実現できます。

ホームプロの事例「極上温泉気分」は、壁面に檜を張り、腰壁と床は御影石、浴槽の内部には十和田石が使用されています。視線の高さに設けられた窓からは庭が眺められ、上質な素材にこだわった大人の雰囲気漂う極上リゾートの趣です。

浴室用照明和風にリフォーム

pixta_18380195_M
浴室内を和風の雰囲気にするためには、さまざまな備品を和風テイストに交換する必要があります。例えば浴室照明もその一つです。

和室に使うような照明器具を浴室内に設置すれば、和風らしさが出ます。ただし、一般的な和室用の照明器具は防水加工がされていないため、設置することはできません。浴室には、防湿型の照明器具を取り付ける必要があります。

浴室用の和風照明を探すのが理想的ですが、浴室用照明器具はシンプルなデザインのものが主流です。そこで、光源の色味にこだわることで、和風の温かさを醸し出しましょう。

白熱球あるいは、黄色味がかった電球色の蛍光灯やLEDを選択すると、浴室内が無機質な雰囲気ではなく、温かみのある空間となります。昼白色の蛍光灯がついていた器具であっても、電球色のものに付け替えることは可能です。

また、浴室の照明器具は居室に使われるような引っ掛けシーリングに取り付けるタイプではなく、電気工事が必要な直結タイプです。電気工事には資格を要しますので、通販サイトなどで器具を購入しても、取り付け工事は業者への依頼が原則です。浴室の照明器具の交換はDIYではなく、リフォーム会社などに依頼しましょう。

檜風呂の販売業者について

pixta_13850443_M
一昔前では自宅で檜のお風呂をつくるというと、かなりの贅沢というイメージがありましたが、最近では木材を取り扱う業者などが檜のお風呂のユニットバスなどを開発しています。昔のようにフルオーダーでなくても、比較的手軽に檜の浴槽を手に入れることができるようになりました。

家庭用の檜風呂は樹脂ユニットのようにまだ多く広まってはいないため、取り扱っている業者は限定されます。樹脂ユニットを扱っている業者をあたってみるよりも、檜風呂を専門に取り扱っている販売業者をインターネットで検索してみるほうが、より早く販売業者を見つけることができるでしょう。

檜風呂のユニットバスにリフォームする

pixta_16557445_M
檜風呂のユニットバスは在来工法よりも、比較的安価で檜風呂を手に入れることができます。また、階下への水漏れが心配なマンションなどの集合住宅でも導入しやすいこともメリットです。

檜というと防水に不安がありますが、檜風呂のユニットバスは、檜が防水加工されているため水にも強く、一般的なユニットバスである樹脂ユニットと遜色ない機能性を兼ね備えています。ユニットバスは、工場であらかじめパーツを製作し、現場で組み上げるため、比較的短期間で既存のお風呂を檜風呂にリフォームすることが可能です。

マンションなどで在来工法の浴室のように造作したいものの、防水面が気になる場合には、洗い場から浴槽の壁までのハーフユニットとして、壁面に檜の無垢材を使う方法もあります。

檜浴槽のリフォーム後のメンテナンスで気をつけることとは

pixta_715723_M
檜浴槽へのリフォームにおいて、最も心配されることが「手入れ」の方法です樹脂の浴槽であれば、洗剤をつけたスポンジで掃除をする程度ですが、檜は掃除やメンテナンスが大変そうなイメージがあります。

木材でつくった浴槽は防水加工が施されていても、樹脂系の浴槽に比べると劣化が早いため、お風呂上がりには浴室内や浴槽をよく拭いて水気をとっておくことが大切です。

檜浴槽の日常的なメンテナンスにあたっては、以下の点に注意が必要です。

1:お湯が残った状態で、柔らかいスポンジを使用して傷をつけないようにやさしくこすり、シャワーで洗い流します。固いタワシのようなものは使用してはいけません。
2:水気が残ると檜浴槽の劣化が早まるため、できる限り水気を拭き取ります。
3:浴槽は自然乾燥させて、直射日光にあてることは避けるようにします。

浴室乾燥機を設置している場合には、洗濯物が乾いた後もつけたままにすると、乾燥から木部が収縮して隙間が空いてしまい、水漏れの原因となりますので注意しましょう。檜浴槽は渇きすぎると割れてしまうため、長期間使わないときはバケツに水を入れて浴槽の中に入れ、蓋をしておくといった対策が必要です。

檜浴槽を長持ちさせるためには、水気を拭き取って腐らないように配慮するとともに、乾燥させすぎないようにすることが大切です。

和風ユニットバスルームのリフォームについて

pixta_10438121_M
最近のユニットバスはカラーバリエーションが豊富ですので、商品によっては壁面パネルには和の柄や色を取り入れたデザインのもの展開されています。壁面パネルやカウンター、浴槽の選び方次第で、和の雰囲気のユニットバスとなるのです。

既存のユニットバスを活かしつつ、和風テイストにリフォームする方法としては、浴室用パネルを貼るという方法もあります。浴室の壁部分を和風テイストの柄にすることで、ユニットバス自体のリフォームをしなくても、和風の雰囲気を味わうことが可能です。浴室用パネルのほかに、浴室用シートも市販されており、和柄のほかにもさまざまな柄があります。

浴室内装パネルの費用について

pixta_16264094_M
ユニットバスのパネルを使ったリフォームは、どのくらいの費用を要するのでしょうか。和風のテイストの壁面パネルを選ぶことで、雰囲気を一新することが可能です。

例えばホームプロに掲載中の下記事例では、鏡面仕上げの壁パネルにリフォームし、施工費用は60万円でした。

鏡面の壁パネルで高級感のある浴室

和風の浴室廻り縁のリフォームとは

Modern interior of bathroom
浴室内のリフォームでは、天井材と壁材の取り合いの部分に廻り縁が取り付けられます。

壁面に樹脂パネルを使用する場合は、シンプルなデザインのものが一般的です。
和風デザインで在来工法の浴室の中でも、檜風呂など木材を使用した風呂では、廻り縁も木材を用いて統一すると、まとまりのある空間となります。

ホームプロでは、厳正な審査を通過した登録会社の中から、リフォーム内容に合った会社の紹介を行っています。リフォーム費用の見積もりを比較して依頼先を検討しましょう。
予算に合い、なおかつ信頼できる地元のリフォーム会社を探しているのであれば、利用者数80万人以上のリフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」が便利です。
リフォームのご要望に応じて、お近くのエリアで対応可能な優良会社だけを厳選してお勧めしています。

このページのポイント

自宅で和風浴槽にリフォームするには?
和風浴槽の多くは比較的高価なため、浴槽はシンプルなデザインのものを選び、和の雰囲気の大判タイルをエプロン部分や床、壁に使うことで比較的安価に和風浴室を再現することができるでしょう。
(詳しくはこちら
檜浴槽のリフォーム後の注意点とは?
檜浴槽のような木材でつくった浴槽は防水加工が施されていますが、より長持ちさせるためには、水気を拭き取って腐らないように配慮するとともに、乾燥させすぎないようにすることが大切です。
(詳しくはこちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ