1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 洋室(寝室・子供部屋)のリフォーム
  4. 費用
  5. 中古戸建の洋室リフォームの費用&注意したいポイント

中古戸建の洋室リフォームの費用&注意したいポイント

  • 最終更新日:2016-07-26

中古戸建の洋室リフォームの費用&注意したいポイント

戸建て住宅の洋室リフォームにおける間取りの変更は、構造や物件ごとの条件によります。スケルトンリフォームは新築よりも高くなることもありますが、再建築不可物件とされる場合は有効な手段です。

中古戸建て洋室リフォーム費用の目安

pixta_13348830_M
中古で戸建てを購入してリフォームした事例の多くは、50万円以下の費用でリフォームをしています。床材をカーペットからフローリングへ変更し、壁紙を張り替えるケースが多く、20万円~30万円ほどが目安です。

和室から洋室へのリフォームでは、畳からフローリングへの変更のみとする場合は15万円ほどです。襖や障子から洋風の建具への交換、壁の柱を見せる真壁仕様から、柱を隠す大壁仕様への変更等、どこまで一般的な洋室と同様の仕上げにするかによって、費用は大きく変わります。

洋室のリフォームは新築よりも費用は安い!?

pixta_15393906_M
住まい全体で考えると、中古物件を購入してリフォームすると、同じ条件の新築物件の購入よりも安いケースが多くあります。洋室では壁紙やフローリングの張り替えのリフォームをする人が多く、クローゼットの扉や建具の交換をする人も見受けられます。

ただし、スケルトンリフォームによって、壁の造作から工事をする場合には、相応の費用が掛かりますので、洋室部分だけをみても安いとはいえないケースも生じます。また、築年数や建物の状態によっては、戸建てでは構造体への補強が必要なことが多くあります。

戸建ての洋室スケルトンリフォームは新築よりも高い?

pixta_17019251_M
スケルトンリフォームとは、外壁や柱など建物の強度を保つ部位以外を全て撤去し、まっさらな状態から始めるリフォームのこといいます。

戸建て住宅の場合は全て解体して新築するよりも費用が掛かることもあるので、通常はあまり行いません。ただし「再建築不可物件」の場合には、メリットのある方法です。

たとえば、現行の法律では、「都市計画区域及び準都市計画区域の土地は建築基準法上の道路(4m以上の幅員の道路)に敷地が2メートル以上接しなければならない」と定められています。

この条件を満たさない土地には、既存の家を解体しても接道条件を満たしていないため、新たに家を建てることはできません。そこで、内装や設備を一新して住み続けるために有効な方法が、戸建て住宅のスケルトンリフォームなのです。スケルトンリフォームによって、新築同様の住まいにリフォームするケースが多くあります。

ツーバイフォーの洋室は壁を撤去するリフォームができないの?

pixta_15039409_M
建物の工法にはいくつかの種類があります。日本の一般住宅に多い木造軸組工法は、柱で構造を支える工法です。柱の撤去は困難ですが壁は耐力壁を除いて撤去可能ですので、比較的自由に間取りを変更するリフォームができます。

一方、ツーバイフォー工法はアメリカで誕生した木造枠組み壁工法で、壁で建物の構造を支えるものです。そのため間取りの変更は、木造軸組工法に比べると制限があります。

ただし、既存の壁の全てが撤去できないというわけではないので、リフォームを考える際にはツーバイフォー住宅に詳しい業者に相談すると安心でしょう。

洋室間取り変更リフォームに掛かる費用とは

pixta_2686242_M
洋室の間取り変更で部屋を広げるときは、壁の撤去が行われます。壁の撤去では大工工事費用のほか、廃材の処分費用が必要です。コンセントや照明器具のスイッチプレートがある場合など、電気配線が通っている壁では電気工事費用も伴います。壁を撤去した部分は、フローリングの補修工事費用が掛かり、状況によっては一室分フローリングを張り替える必要も出てきます。

一室を二室に分けるときや間仕切り壁の位置を変えるときは、新たに壁の造作工事が行われますので大工工事費用が掛かり、コンセントや照明器具のスイッチプレートを設置する場合には、電気工事費用が必要です。仕上げ材として、壁紙張る内装工事費用も掛かります。

また、これまでエアコン一台でまかなっていた場合、それぞれに設置が必要となります。

洋室の間取り変更で多いリフォーム事例とは

pixta_11161139_M
洋室のリフォームで多い間取り変更は、子供部屋を二室に分けるための間仕切りの設置です。戸建てでは、新築当初から将来的に二室に分けることを前提として、シンメトリーとなるように窓や建具を設けているケースも多くあります。壁ではなく、引き戸や折れ戸などの建具で間仕切りをし、可変性を持たせるケースもあります。マンションの中古物件の購入では、部屋の間取りを大きく改変し、間仕切り壁の位置を変えて子供部屋を設けるケースもみられます。

また、子供の独立後に、これまで二室としていた子供部屋の間仕切り壁を撤去して一室とし、主寝室として使うケースも目立ちます。戸建ての場合は、耐力壁の場合は撤去できないこともありますので、リフォーム会社などの建築士に相談することが望ましいです。

子供部屋として使う期間を考えて、個室がいる時期が一時期の場合には、引き戸などの可動間仕切りとすることも検討するとよいでしょう。

戸建て洋室リフォーム事例の怖い失敗

pixta_17422071_M
戸建ての洋室のリフォームで間仕切り壁を撤去したい場合、構造上問題がないかどうか適切に判断することが必要です。木造住宅では構造による違いはあるものの、耐力壁となっている壁は撤去が難しく、構造計算をやり直すケースもあります。窓の増設も耐力壁の計算に影響します。

ところが、建築士の在籍しないリフォーム会社へ間取りの変更を伴うリフォームを依頼すると、構造上必要な壁を撤去してしまうケースが稀にあり、耐震性能上、大変危険です。戸建ての間取りの変更を伴うリフォームで失敗しないためには、壁の撤去には建築士の判断が望ましいことを認識しておきましょう。

増築リフォーム事例で注意するべきポイント

ビジネスシーン
増築を伴うリフォームでは、10㎡を超えると確認申請が必要です。増築によって床面積が増えると、建ぺい率や容積率がアップするため、新築時に余裕を持って建てていない場合には、増築ができないケースがあります。構造上は問題がない場合でも、都市計画等で決められた基準を上回る場合には、床面積が増やすことができません。建ぺい率や容積率は個々の敷地条件によりますので、事例を参考に増築を考えても同じようにはできないケースがあります。

また、10㎡を超えない増築で、確認申請が必要ない場合でも、増築には建築の専門的な知識が必要です。増築を伴うリフォームを考えたら、建築士のいるリフォーム会社へ相談しましょう。

中古戸建て洋室リフォーム事例をもとに聞いてみよう

pixta_14975629_M
中古戸建ての洋室リフォームで、間取りの変更や増築の可否は、個別の敷地条件や構造によります。戸建ての洋室リフォーム事例の中でも間取り変更を伴うリフォームは、同じことが自分の住まいで実現可能か、建築士に尋ねるための資料として活用しましょう。もし、洋室の間仕切り壁の撤去が難しい場合でも、柱や筋交いを残すといった代替案の提案を受けられることがあります。

中古戸建ての洋室のリフォームで、間取りの変更や増築を伴う場合には、建築士の在籍するリフォーム会社に依頼すると安心です。ホームプロではリフォーム箇所や希望内容に即したリフォーム会社を紹介しています。建築士のいるリフォーム会社も数多く登録していますので、ぜひ利用してみましょう。

予算に合い、なおかつ信頼できる地元のリフォーム会社を探しているのであれば、利用者数80万人以上のリフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」が便利です。リフォームのご要望に応じて、お近くのエリアで対応可能な優良会社だけを厳選してお勧めしています。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ