1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 和風リフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. 純和風住宅は外観もリフォームで重視

純和風住宅は外観もリフォームで重視

  • 最終更新日:2015-10-02

純和風住宅は外観もリフォームで重視

純和風住宅のリフォームでは外観も重視し、耐震強度に問題がないようであれば、屋根材は瓦の葺き替えとした方が重厚感も保てます。閉鎖的なクローズド外構であった場合、セミクローズド外構とし、周囲の視線を取り入れることも検討してみましょう。住む人数が減っていれば、減築も視野に入れたリフォームを行います。

純和風住宅平屋リフォームでは減築も視野に

純和風住宅平屋リフォームでは減築も視野に

家族で住んでいた住まいは一人、あるいは夫婦二人での暮らしになると、平屋とはいえ広すぎることがあります。使わないで放置されている部屋が見られがちです。そこで、リフォームに際して床面積を減らす減築を行うことで、隣戸との距離が空き、日当たりや風通しがよくなる、維持管理コストが下がるといったメリットが得られるケースがみられます。リフォームを考えたときは、住まう家族の人数に合わせた減築も視野に入れてみましょう。

純和風住宅外構リフォームで外構のあり方を見直す

純和風住宅外構リフォームで外構のあり方を見直す

純和風住宅のリフォームでは外観とともに、外構のあり方も見直していきましょう。これまで高い塀や門を設けたクローズド外構であった場合、プライバシーは守られているものの、周囲から中がほとんど見えないことで、かえってセキュリティ上問題となっているケースがみられます。

高い塀や門は重厚感があり、純和風建築の意匠にも合いますが、老朽化が進んでいる場合には、門や塀の高さを低めとし、開放感を持たせるセミクローズド外構にすることを検討してみましょう。門や塀のデザインによっては、高さを抑えても重厚感があります。セミクローズド外構とすることで、庭が明るくなり、室内に光を取り込みやすくなるという利点が得られるケースもみられます。雑誌やWEBサイトに掲載されている施工例を参考にしてみましょう。

純和風建築屋根リフォームは瓦の葺き替えが基本

純和風建築屋根リフォームは瓦の葺き替えが基本

純和風建築の住宅では、屋根には瓦が使われていることが一般的です。屋根のリフォームでは、瓦から瓦への葺き替えのほかに、スレートやガルバリウム鋼板への葺き替えが考えられます。スレートやガルバリウム鋼板への葺き替えは、瓦よりも軽くなるため、耐震性能上は有利になるというメリットがあります。しかし、瓦以外のものへの葺き替えでは、瓦独特の重厚感が失われてしまいがちです。特に、純和風建築に多い入母屋屋根では、瓦以外の素材は合わせにくいでしょう。純和風建築の屋根のリフォームは、耐震性能に問題がないか確認のうえ、瓦の葺き替えとするのが理想的です。

ホームプロに登録すると、最大8社まで予算や要望にあったリフォーム会社の紹介を受けることができます。ホームプロには、純和風建築のリフォームを得意とするリフォーム会社も登録していますので、是非利用してみましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ