1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 和風リフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. 和モダンに!和室リフォームの施工例を見てみよう

和モダンに!和室リフォームの施工例を見てみよう

  • 最終更新日:2015-10-02

和モダンに!和室リフォームの施工例を見てみよう

和室のままでも、家具やファブリックの選び方次第では、ソファなどの家具を配して、レトロモダンな雰囲気にコーディネートできます。和室をモダンにリフォームするときには、琉球畳を用いて一部をフローリングにして建具を引き戸とすると、リビングなどの洋の空間とも馴染みます。施工事例とともに見ていきましょう。

和室もモダンにコーディネートできる!

和室もモダンにコーディネートできる!

和室はリフォームをしなくても、モダンな雰囲気にインテリアコーディネートすることが可能です。かつて日本の住まいでは、和室にダイニングセットが置かれることもありました。昭和初期の時代を彷彿させるレトロモダンのインテリアスタイルでは、和室にソファやリビングテーブルなどの家具を置いても馴染みます。丸みを帯びたミディアムブラウンの木質系の家具、黒のレザー、くすんだ色合いのファブリックでまとめていくスタイルです。

ただし、床の間や脇床がある和室では、意匠によってはモダンなコーディネートがしづらいケースもあります。

モダンなインテリアに変わる和室リフォーム

和室もモダンにコーディネートできる!

和室はリフォームすることで、モダンな和の空間に生まれ変わります。床は一部をフローリングとして中央を琉球畳とすることで、和の空間に洋の要素が加わり、洋のインテリアコーディネート中心の住まいにも馴染み、まとまりが感じられます。

間仕切りや押入れには襖を用いるよりも、シンプルなデザインの引き戸とすると、リビングが隣室の和室であっても、調和がとれやすいです。

ホームプロの施工例の「NEW YAWARA的デザイン」(https://www.homepro.jp/jirei/B38743.html)では、リビングに中和室として設けられ、3方に上吊りレールを使ったガラス入りの引き戸とし、建具とフローリングの色を合わせたことで、一体感のあるつくりとなっています。

和室をモダンにするには照明リフォームもポイント

和室をモダンにするには照明リフォームもポイント

和室をモダンにチェンジするリフォームで外せないのが、照明器具のリフォームです。モダンな和のイメージを与えやすい、竹や木、強化和紙など和の素材を使った照明器具を選びましょう。ダウンライトにも、和モダンのイメージに合う木質系のフレームの商品が市販されています。

ホームプロの施工事例の「モダンなクロスと照明でおしゃれな和室」(https://www.homepro.jp/jirei/B77205.html)では、琉球畳にクロスを使用した襖、建具は縦格子のデザインとし、枠にとらわれない独創的なモダンな和室に、かごのような和の照明器具がアクセントとなっています。

ホームプロには、モダンな和室のプランを得意とするリフォーム会社も登録しています。要望に合ったリフォーム会社8社までの紹介を受けることができますので、ぜひ利用してみましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ