1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 和風リフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. 和風モダン住宅外観やエクステリアまで考えてリフォームしよう

和風モダン住宅外観やエクステリアまで考えてリフォームしよう

  • 最終更新日:2015-10-02

和風モダン住宅外観やエクステリアまで考えてリフォームしよう

和風モダン住宅の中でも、平屋は移動のしやすさや家族のコミュニケーションの取りやすさなどから人気があります。瓦からスレートに葺き変えることで、モダンな印象になりやすいです。エクステリアまでをトータルで和風モダンのテイストでまとめることで、見栄えよく暮らしやすい住まいが実現できます。

平屋の和風モダン住宅外観のポイント

平屋の和風モダン住宅外観のポイント

平屋の住宅は土地の大きさに余裕がないと難しいものの、階段スペースが不要な分、効率よく使えます。戸建て住宅でありながらワンフロアだけと移動が楽で、家族のコミュニケーションも取りやすいことから人気を集めています。和モダンの住宅にも平屋は多いです。

平屋では特に屋根の形状は目が行きやすいです。和風モダン住宅の屋根は、陸屋根や片流れ屋根が多く、他には切妻屋根や方形屋根もみられます。和風モダン住宅の外観はシンプルであることが大切ですので、屋根もなるべくシンプルなデザインとなるようにしたいものです。ただし、リフォーム時には屋根の形状は変更できませんので、中古物件を購入する際には屋根形状にもこだわるとよいでしょう。

切妻屋根などに瓦が葺いてあり、重い印象のときは瓦の葺き替えを検討します。瓦の屋根をスレート、あるいはガリバリウム鋼板へ葺き替えることによって、モダンになります。

和風モダン住宅は庭リフォームも大切

和風モダン住宅は庭リフォームも大切

和風モダン住宅に外観までリフォームしたら、庭も合わせて変えていきましょう。

和風モダン住宅に合う植栽で、和の要素が比較的強い樹木は、イロハモミジ、ソヨゴが挙げられます。シンプルなテイスト全般に合う樹木では、シマトリネコやシラカシなどがあります。また、タマリュウやリュウノヒゲなどを下草として植えておくと、樹木が引き立ちます。

和モダンの庭づくりでは、駐車スペースなどコンクリートで固めてしまう部分があっても構いません。アプローチに敷石を埋設したり、玉砂利を敷いたりすることで、庭にリズムが生まれます。

和風モダン住宅リフォームはエクステリアまで考えよう

和風モダン住宅リフォームはエクステリアまで考えよう

和風モダン住宅リフォームでは、外観に合うようにエクステリアまで、トータルでデザインすることが大切です。

門や塀は縦格子のデザインのものを選ぶと、和の雰囲気を感じさせながらもスタイリッシュな印象となります。郵便受けや表札は和風というよりも、シンプルであることを重視して選びましょう。

外観のデザインに関することは、ホームプロに相談しましょう。ホームプロではリフォーム会社の紹介を最大8社まで行っています。建物内部のデザインとともに、外観のデザインを含めた提案が可能な会社もあります。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ