1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. トイレのリフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. トイレドアのリフォームについて。方法やDIY事例を紹介

トイレドアのリフォームについて。方法やDIY事例を紹介

トイレドアのリフォームについて。方法やDIY事例を紹介

トイレは住まいの中でもリフォームの優先度が高い場所です。便器を新しいものにしたり、壁や床を張り替えたりするトイレ内のリフォームを行う人は多いのですが、トイレドアのリフォームはなかなか目が届きにくいようです。しかしトイレドアもトイレと同様、年数が経つにつれて傷みが出てくるもの。見た目でわかるシミや黒ずみ以外にも、不快な音がしたり、建てつけが悪くなって開きづらくなったりすることがあります。今回は、トイレドアのリフォームについて、リフォームのしかたや費用、DIYで見た目を良くする方法などを紹介します。

トイレドアのリフォーム

まずは、トイレドアのリフォームにはどのような方法があるのかをご紹介します。

ドアリフォームのパターン

トイレのドアリフォームは、大きく分けてドア枠ごと交換する、ドアのみ交換する、ドアを交換せずDIYするという3つの方法があります。

枠ごと

扉をバリアフリー仕様にして開閉が楽に行えるトイレ

こちらはトイレのドアをバリアフリー仕様にリフォームした例。ドア枠ごと交換したことでイメージが大きく変わり、空間を広く使えるようになりました。ドアは立ち位置を変えずに開け閉めできるタイプに変更しています。折れ戸は少ない力でも簡単に開けられるので、バリアフリー住宅でも引き戸に次いで人気です。

ドアのみ

トイレのドア枠ごと交換せず、ドアのみを交換することも可能です。

ドアはホームセンターやインターネット販売で単品でも購入できますが、購入の際には規格に合っているかを確認しましょう。

交換せずにDIY

トイレドアの見た目だけを新しくしたいという場合は、交換せずにドアをDIYして美しく見せるという方法も。市販のリメイクシートやマスキングテープを合わせ使いすれば、オリジナリティのあるドアが簡単にDIYできます。

トイレのドアは毎日の開閉で劣化しやすい

トイレは毎日使用する場所ですから、ドアの開閉回数も多くなります。

使用回数が多ければその分傷むスピードが早く、他の部屋のドアは問題ないのにトイレのドアだけが開け閉めのたびに音がする、シミや黒ずみなどが目立つといったことが起こります。

ドアのリフォームで臭いや音漏れを防ぐ

古くなって立て付けが悪くなったドアや、大きな傷がある場合には、ドア本来の機能を十分に果たせないことがあります。

ドアをリフォームして新しいものにすることで臭いや音漏れを防ぎ、快適な状態を取り戻すことができるでしょう。

デザイン性を加えやすい

近年販売されているドアはデザイン性に優れたものが多く、色や形、模様など様々なタイプがあります。

トイレは生活に必要な場所ですが、使えれば良いというわけではなく、落ち着ける空間として見た目の美しさも大切です。トイレのドアをリフォームし、空間をアップグレードしましょう。

また、デザイン性に優れたドアを取り入れることで、住まいの雰囲気に合わせてトータルコーディネートする楽しさも。

トイレドアの交換費用

トイレドアを交換する場合にはどれくらいの金額がかかるのでしょうか。

※リフォーム費用は状態や使用する材料、仕上げ方、各リフォーム会社の料金設定などによって異なりますので、あくまで参考としてとらえてください。

ドアのみを交換した場合

トイレドア本体の価格は様々ですが、シンプルなもので2~7万円程度です。

業者に依頼すると取り付けに15,000円~、古いドアの処分費は5,000円~8,000円程度かかります。

ドア枠込みで交換した場合

ドア枠を一緒に交換する場合には、ドア枠周辺の壁紙や壁にも手を加える必要が出てくることもあります。

ドアのみの交換に1万円~15,000円程度上乗せと考えると良いでしょう。

壁紙は部分的な補修のみなら金額が大きく変わることはありませんが、ドアのリフォームを機に張り替えを行うと10万円~の費用がかかります。

面材を張り替えた場合

面材の張り替え、塗装は一般的に5万円~となっています。

塗装の場合

塗装には以下の材料が必要となります。

    • ・スプレータイプのプライマー(下塗り用接着剤)1,000円程度
    • ・屋内用水性ペンキ 3,000円程度 
    • ・ローラー、バケットセット 1,000円程度
    • ・刷毛 300円程度
    • ・ゴム手袋 100円程度
    • ・養生テープ 300円程度

上記の材料を揃えても費用は5,000円~6,000円程度で収まります。

グレード別の費用目安

トイレドアの価格は商品によって様々ですが、一般的な相場は下記のとおりです。

    • ・シンプルなもの 2万円~
    • ・ガラス窓付き 4万円~
    • ・中折れ戸 5万円~

その他、特殊な機能のあるドアやオーダーメイド、ハイグレードなドアなら15万円以上することもあります。

交換せずにリメイクするDIY

多少の汚れが目立ったとしても、ドア自体は問題なく使えるという場合には、交換せずにリメイク・ DIYしても良いでしょう。

リメイクシート、塗装など

リメイクシートは色や柄が豊富にあり、ドアの上から貼るだけでイメージが大きく変わります。リメイクシートはDIY初心者でも簡単にトイレのドアを補修することが可能です。

より本格的にトイレのイメージを変えたい場合には、トイレドアを塗装することも視野に入れましょう。

塗装はDIYに慣れていないと難しいかもしれませんが、自分の好きな色に塗ることができますし、リメイクシートにはない色味を作ることもできます。

見た目の印象を良くする

簡単にトイレドアの見た目を良くしたいなら、DIYの前にまずは徹底的に汚れを落としましょう。

クエン酸はアンモニア汚れ、アンモニアによる臭いをキレイに落としてくれるので、トイレ掃除におすすめです。水200mlに対して小さじ1杯のクエン酸でクエン酸液を作り、洗剤と同じように拭き掃除に使用してみてください。便器から離れているトイレドアも、実は尿の飛び散り・水跳ねで汚れています。

クエン酸を使って掃除することで見た目がすっきりときれいになるでしょう。

掃除はリメイクシートを貼る前にも行っておくことが大切です。

汚れが多いとリメイクシートが剥がれやすくなってしまいます。

雰囲気の変化、おしゃれ

リメイクシートはシンプルなカラーのものから、木目調、コンクリート調、レンガ調など様々なデザインのものが販売されています。

リメイクシートを貼るだけでも雰囲気は大きく変わりますが、トイレドアをさらにおしゃれにするにはシートに合った小物を取り合わせると良いでしょう。手軽にできるのはドライフラワーやフェイクフラワーをドアに飾ること。リメイクシートの上から10cm程度の小さな木材をミニ棚のように取り付けるとおしゃれです。

トイレドアのシートの貼り方

トイレドアはサイズが大きいため、小物にリメイクシートを貼るよりも難しい作業となります。

踏み台や脚立を用意して、背伸びしながら不安定な状態で作業することのないようにしましょう。

リメイクシートの剥離紙を少しずつ剥がしながら貼って行きます。

作業は1人でも可能ですが、2人いると剥離紙を大きく剥がした状態で固定しながら貼っていけるためスピーディです。

なるべく空気が入らないように貼ることが美しい仕上がりのポイント。

気を付けていても多少は入ってしまうので、シートの1/3くらいを貼るごとに空気をシートの外側へ押し出していきましょう。

トイレドアのDIY事例

シンプルなガラスの小窓が付いているトイレドアは、ガラス部分にラインや模様をプラスすればおしゃれに。リメイクシートをカットして使用したり、部分的にタイルを使ったりと材料を工夫すればDIYでも楽にリフォームができます。

また、昔ながらのドアノブもレバーに変更することで使い勝手が良くなります。

まとめ

トイレドアをリフォームすれば、トイレの印象が大きく変わります。

トイレで座ったとき、トイレドアは目の前にあるものですから、いつも美しく保っておきたいですね。

トイレは「御不浄」と呼ばれていた時代もありますが、現代のトイレは快適な空間としたいもの。

まずは自分で気軽にできるDIYからトライしてみてはいかがでしょうか。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ