1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 洗面台・洗面所のリフォーム
  4. 洗面所のリフォーム基礎知識
  5. リフォームで理想のおしゃれ洗面台に!ポイント、費用、施工事例

リフォームで理想のおしゃれ洗面台に!ポイント、費用、施工事例

  • 最終更新日:2020-12-24

リフォームで理想のおしゃれ洗面台に!ポイント、費用、施工事例

気付けば毎日使うものがあふれて、生活感が漂う洗面台。
スタイリッシュな洗面スペースにあこがれつつも、あきらめてしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

このページでは、おしゃれも使い勝手も両立させる!洗面リフォームのポイントや注意点、費用、施工事例などについて解説します。

目次

リフォームでお気に入りの洗面台に!事前に確認すべき3つのポイント

「必要なものを取りやすく配置したら見た目がごちゃごちゃ」「収納が使いづらい」「洗面カウンターの高さがあわず腰がきつい」など、いまの洗面台に不満を抱えたまま我慢していませんか?

おしゃれで使いやすい洗面台を手に入れるために!まず検討しておくべき3つのポイントをお伝えします。

1. いま使いづらさを感じているなら、その要因を確認する

最初に整理すべきは「いまの洗面台の何が不満で、どんな点を使いづらく感じているのか」です。

デザイン性を求めるだけのリフォームでは、不満点がそのままになってしまったり、場合によってはいま以上に使いづらくなってしまうことも考えられます。

現状に対する不満をしっかり把握することで、デザイン性だけでなく使いやすさも満たした洗面台にリフォームすることができるはずです。

2. 洗面台に置いておきたいものと使い方を確認する

次に考えておきたい点は収納と使い方です。

「使いやすそうだから」というイメージだけで洗面台を広くした結果、シャンプーなどのストックや掃除用具の保管場所がなくなってしまった、できるだけ多くの収納を確保しようと高さのある棚を設置したのに、手が届かない…などの失敗例もよく耳にします。

「洗面台に何を置き、家族各々がどんな風に使うのか」をしっかり確認して検討することが大切です。

3. 不満と用途を整理したうえで、どんな雰囲気にしたいかを考える

使い勝手とおしゃれを両立させるポイントは、最後にデザインを考えること。

デザイン優先で検討してしまうと「気に入った洗面台だから少しくらい使い勝手が悪くても我慢しよう」と、妥協につながる可能性もあります。洗面は毎日使う場所なので、後々使いづらさに後悔しては、せっかくのリフォームがもったいないことになってしまいます。

いまの洗面台に対する不満を認識し、新しい洗面台の実用性を検討したうえで、どんな雰囲気の洗面スペースにしたいかを考えましょう。

洗面リフォームの基礎知識:洗面台の種類と特徴

現状を把握し理想とする洗面台のイメージがかたまったら、具体的な検討へと進んでいきます。

基礎知識として、流通する洗面台の代表的な種類とそれぞれの特徴を以下にまとめました。

ユニットタイプ

ユニットタイプは最もポピュラーな洗面台で、据え置き型が一般的です。
収納キャビネット部分に洗面ボウルが取り付けられ、水栓金具や照明、鏡などがセットになっています。

間口(正面の幅)は60cm、75cm、90cmなど規定のサイズがありますが、一般的な家庭で多く使われているのは60cmと75cmです。

システムタイプ

仕様がほぼ決まっているユニットタイプに対し、システムタイプは洗面ボウルや収納の扉材、水栓金具などを選んで組み合わせることができるので、部屋の広さやインテリアに合わせて、統一感のあるおしゃれな洗面台にすることが可能です。

オプションも幅広く、たとえば収納については開き扉タイプや引き出しタイプ、鏡は一面鏡から六面鏡まで、水栓もハンドルやレバーなどから好みにあわせて選ぶことができます。
洗濯スペースと一体でコーディネートされることもあります。

カウンタータイプ

カウンター、洗面ボウルなどを組み合わせてつくる自由度の高い洗面台です。

システムタイプと同様に、セミオーダー感覚で好みにあう各パーツのデザインを選ぶことができます。
配置の仕方など、よりこだわりや個性を出しやすい点が特徴です。

以上、既製品のおもな3タイプについて解説しました。
このほかにもリメイクやDIY、フルオーダーメイドなどの方法もあります。

リメイク・DIYについては、以下のページをご参照ください。
簡単なものから本格的なものまで!自作の洗面台リフォーム方法を紹介

おしゃれな洗面スペースづくりのポイント

おしゃれな洗面スペースを実現するために、ここからは各パーツの選び方、雰囲気づくりなど、以下5つのポイントを順に解説していきます。

  • ・全体のテーマを決める
  • ・洗面ボウルの種類と選ぶ際のポイント
  • ・洗面台に置く鏡の大きさと配置
  • ・壁紙や照明で雰囲気を作り込む
  • ・蛇口・水栓にまでこだわってデザイン性を高める

全体のテーマを決める

「シック」「ナチュラル」など、おおまかにでも全体のテーマを決めておくと、空間に統一感が出て、パーツ選びに迷ったときの指針にもなります。

また、全体の基調となる色味・トーンの選定もポイントです。色味やトーンがあまりにも不揃いだと、ちぐはぐな印象を与えかねません。

空間にあわせて花や植物を置く、壁にイラストや写真を飾るなど、小物をアレンジするのもよいでしょう。
インテリア雑誌なども参考にしてみてください。

洗面ボウルの種類と選ぶ際のポイント

洗面ボウルには、カウンターの上に乗せる「置き型タイプ」、カウンターと一体になった「埋め込みタイプ」、カウンターではなく壁に直接設置する「壁付けタイプ」などの種類があります。

デザイン性を重視するなら、置き型タイプがおすすめです。
おしゃれなシェル型のボウルを取り入れたり、小さめのボウルを2つ並べて置いたりすると、外国のホテルやカフェの洗面台のような雰囲気を演出することができます。

また、埋め込みタイプは掃除がしやすい、壁付けタイプは狭いスペースでもスマートな印象が期待できるなど、それぞれによさがあります。

丈夫で傷がつきにくい陶器、割れにくく色が豊富な人工大理石、アルカリや酸に強いホーローなど、素材にもバリエーションがありますので、好みはもちろん、メリットなども考慮して選びましょう。

洗面台に置く鏡の大きさと配置

鏡は洗面ボウルの上側に設置されることがほとんどです。
小さめの鏡を壁付けにするのか、目隠しを兼ねて扉に大きな鏡のある収納棚を設置するのか…など、選ぶ鏡の大きさや配置のバランスを考慮して検討してください。

鏡によって奥行きを出すことができますが、狭いスペースに大きな収納付きの鏡を置くと、圧迫感につながる可能性もあるので注意が必要です。

壁紙や照明で雰囲気を作り込む

パッと目につく洗面ボウルや鏡、収納スペースなど必要なものを配置したら、次は照明、壁紙などを選びましょう。

間接照明やペンダントライトなどの照明は、空間をよりおしゃれに演出することができます。
アンティークランプなど個性的な照明を取り入れても雰囲気が出てよいです。

また、一面だけ壁紙の色を変えたり、タイルを施すことで、空間に奥行きやアクセントを与えることができます。

自分好みの照明や壁紙を組み合わせて、理想の洗面スペースを作り込んでください。

蛇口・水栓にまでこだわってデザイン性を高める

蛇口・水栓もおしゃれな洗面台には欠かせないパーツです。

左右や上下に動かすことでお湯と水を出し分けるシングルレバーにするのか、温水と水で2口つけるのか、シャワーヘッド付きのものにするのかでイメージは変わります。

角張ったシルバーのものを選べばスタイリッシュに、カーブのついたゴールドを選べばやわらかい雰囲気になど、色や形によってさまざまに演出できます。

蛇口・水栓などの細かい部分も気を抜かずにコーディネートしていくことで、より洗練された洗面スペースとなります。

使いやすさにも配慮した洗面スペースを目指そう!

先述のとおり、毎日使う洗面台はおしゃれなだけでなく、使いやすさも重要です。
使い勝手のよい洗面スペースを作るために、心がけておくべきポイントは次の4つです。

対応可能なサイズを確認する

洗面室の広さや既存の洗面台の大きさから、新しい洗面台はどれくらいのサイズまで対応が可能なのか、事前にイメージし確認することは必須です。

せっかく収納扉が多いタイプの洗面台を選んだとしても、動線や用途が制限されてしまっては意味がありません。
扉を開けて物を出し入れできるスペースがあるかどうかなど、事前に測っておきましょう。

収納スペースは容量と配置が重要

洗面台には歯ブラシやタオル、ハンドソープなどはもちろん、洗濯洗剤やシャンプーなどのストックまでさまざまなものが置かれます。
これらが丸見えの状態では生活感が前面に出て、おしゃれとは程遠くなってしまいます。

また、収納スペースを確保できても取り出しにくければ億劫になり、ついつい出しっぱなしにもなりかねません。
収納スペースを設ける際は、容量と位置・動線に注意が必要です。

ライフスタイルや家族構成にも配慮する

家族みんなが使う洗面台は、朝の身支度時に混みあってしまうことがあります。
可能であれば、洗面ボウルを2つ設置する、鏡を三面鏡にする、間口を広めに取る、コンセントの位置や数に配慮する、といった工夫をすることで、混雑の軽減につながります。

また、洗面台の高さにも注意が必要です。
床から洗面ボウルまでの高さは身長の半分程度が使いやすいとされており、75~85cmくらいが一般的です。
低すぎると腰をかがめて使わなくてはならず、かといって高すぎても使いづらいため、家族の身長も念頭に置いて検討するとよいでしょう。

家族構成や生活スタイルを考慮したうえで最適な洗面台を選ぶことができれば、より使いやすく、我が家にあった洗面スペースを実現できます。

掃除のしやすさも大切なポイント

洗面台はこまめに掃除をして清潔に保っておきたいもの。
細々と置かれたものをひとつずつ動かさなければならない、凹凸が多く溝の掃除が大変!など、掃除に時間がかかれば負担になってしまいます。

きれいにしたつもりでも汚れを落とし切れていなかったり、他の家事に手が回らなくなったり…といったことがないよう、掃除しやすい洗面台であることも大切です。

洗面台のリフォーム、いくらでできる?

洗面台のリフォームを検討する際、やはり気になるのが費用です。

費用に占める内訳は、おもに洗面台の代金+設置工事費で、選ぶ洗面台のサイズやグレード、オプションの有無等によっても金額は大きく変わってきます。

設置場所の変更や大がかりな移動などにともない新たに配管等の工事が必要な場合には、さらに費用が上乗せとなります。

ユニットタイプの洗面台なら10万円以下で可能な場合も

最低限の機能がついたコンパクトなユニットタイプの洗面台ならば、幅50cmで8~9万円、75cmで~13万円ほどが相場です。

安っぽさがなく、化粧品などを置くスペースも確保された60~75cm幅のミドルグレードで12~18万円、シンクが広く高級感のあるハイグレードな洗面台では25万円前後が多いようです。

システムタイプ・カウンタータイプは30万円~が目安

システムタイプ、カウンタータイプの場合は、選ぶパーツや素材、オプション有無により異なりますが、30万円~が目安となります。

部屋全体の印象を変えたいときは?追加費用の概算

洗面台を変えるだけでなく洗面室全体の印象を変えたいという場合は、先述の費用にプラスアルファの工事費用がかかります。

洗面台のリフォームにあわせて追加工事が発生しやすい項目と費用相場は以下です。

  • ・洗面スペースの壁紙や床板の張替え:4~5万円
  • ・キャビネットの追加:2~8万円
  • ・ 鏡の曇り止め:2,000~3,000円
  • ・照明の変更(蛍光灯からLEDへなど):1~1.5万円
  • ・洗濯機パンの交換:1.5~3万円

たとえば壁紙や床板の張替えであれば、単独工事の場合通常7~8万円はかかるので、洗面台の交換と同時に行うことで、費用を抑えられるといえます。

ただし、洗面スペースの広さや選ぶ素材、工事の規模によっても金額は前後します。

おしゃれな洗面スペースづくりのヒントがいっぱい!リフォーム事例

ここからはおしゃれな洗面スペースづくりのヒントとして、施主のこだわりがつまったリフォーム事例を費用別にご紹介します。

30万円以下のリフォーム事例

落ち着きあるデザイン性あふれる洗面台:18万円

子育てママが喜ぶ、洗面スペース:20万円

フルオーダーメイドの洗面台:23万円

大工さんの手作り洗面台で毎日ワクワク♪:24万円

ナチュラルテイストな造作洗面台がかわいい:25万円

海風を感じるブルータイルと造作洗面:25万円

オシャレな洗面台に。:30万円

お気に入りのオリジナル造作洗面台:30万円



50万円以下のリフォーム事例

オーダーメイドで理想の洗面化粧台をプランニング!:33万円

洗面所(造作・ニッチ・間取り変更):36万円

ボーダータイルがおしゃれなアンティーク調の造作洗面台:40万円

モザイクタイルと無垢の木が映える洗面台:45万円

ドイツ製の陶器ボウルと深いブルーのイタリアンタイルの洗面台:45万円

わがままを詰め込んだ使いやすい洗面カウンター:50万円



100万円以下のリフォーム事例

カラーガラスパーテーションで分けるホテルライクなサニタリー:52万円

フォトジェニックな住まいに:60万円

収納力も使い勝手も抜群!お気に入りの洗面空間:65万円

すっきり使えるナチュラルな造作洗面台:65万円

KOHLERのペデスタルシンクと白の腰壁で海外風の内装に!:65万円

造作洗面カウンターでかわいらしさを:67万円

洗面室でお化粧ができるドレッサーのような洗面台:68万円

木のぬくもり溢れるオリジナル洗面台:70万円

シンプル・スタイリッシュな洗面:80万円

好きをカタチにリフォーム 洗面:90万円

洗面:95万円

スタイリッシュな洗面室:96万円

築36年のマンションをリノベーション。ホテルライクな洗面に。:100万円

日常使いだからこそ必要な、ロングカウンターの洗面スペース:100万円



以上、おしゃれな洗面スペースのリフォーム事例を費用別にご紹介しました。
希望に近いテイストはみつかったでしょうか?

さらに事例をご覧になりたい方は、こちらより検索が可能です。
費用や設備などの条件から事例を絞り込むこともできます。

理想への第1歩。頼れるリフォーム会社に相談しよう!

このページでは、おしゃれな洗面台・洗面スペースへのリフォームにおける、ポイントや注意点、費用、事例などについて解説しました。

毎日使う洗面スペースだからこそ、妥協せず快適に過ごせる空間にしたいですよね。

おしゃれと機能性を兼ね備えた洗面スペースを手に入れるためには、まず現状の不満点を整理し、どのように変えたいのかを具体的にイメージすることが大切!

その材料として、雑誌・ネットなどから自分や家族が理想とする洗面スペースのスタイル・テイストについて、情報やアイディアを集めてまとめておくと便利です。
実際にリフォームを検討するうえでのイメージの共有にも役立ちます。

ある程度理想がかたまったら、あるいはどう進めたらよいかわからない場合には、一度リフォーム会社へ相談してみるのもよいかもしれません。
知識や実績が豊富な会社・担当者であれば、プロ目線からの解決策をアドバイスしてくれるはずです。

ホームプロでは、施工内容やご要望に合うリフォーム会社を最大8社紹介しています。
公開情報から各社の実績や評判を比較・検討することができ、ネット上で匿名のまま商談も可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ