1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 窓・サッシのリフォーム
  4. 窓・サッシリフォームの基礎知識
  5. 高窓の増設リフォームのメリットと注意点とは?費用や施工事例も解説

高窓の増設リフォームのメリットと注意点とは?費用や施工事例も解説

高窓の増設リフォームのメリットと注意点とは?費用や施工事例も解説

「昼間なのにリビングやキッチンが暗いため、自然光を取り入れて明るくしたい」「密閉感のあるトイレに窓を付けたい」「外から見えない位置に換気のための窓があればいいのに」などと思ったことがありませんか。それらの悩みは「高窓」を設置することで解決します。ここでは、高窓とは何か、リフォームで高窓を設置する際のメリットや注意点、費用相場、実際のリフォーム例など、BeforeとAfterの写真を交えて紹介します。

高窓とは

「高窓」とは、通常の窓よりも天井に近い高い位置に設置する窓のことで、ハイサイドライトとも呼ばれています。床から天井まで届く大きな窓の上部分を指すのではなく、壁の上側の天井に近い位置に小さめにくり抜いて設置された窓を指します。

屋根に設置する天窓とも、出窓や腰高窓とも違い、人の目よりもかなり高い位置にあるのが特徴です。主に採光や換気の目的で設置されます。

高窓は家の新築時に吹き抜けや中二階などに設置することもありますが、後からリフォームで増設することもできます。高窓を設置することで、室内に柔らかな自然光を取り入れられるほか、効果的に換気を行えるので、より快適に暮らせるでしょう。

高窓を設置するメリット(効果)

通常よりもかなり高い位置にある高窓には、その特徴を活かしたメリットがいくつもあります。以下に、高窓ならではの優れている点を紹介します。

プライバシーを確保しながら光を取り込める

高窓は天井近くの高い位置に窓があるため、通行人や隣近所からの視線が入らず、プライバシーが確保されることが大きなメリットです。

高窓からは強い日差しを直接浴びることはなく、外の光が壁や天井に当たることになります。そのため、間接的なやわらかい光を取り入れられますし、広い部屋でも奥まで光が届きます。

脱衣所やトイレが暗いので窓がほしいけれど防犯面で不安というときでも、高窓なら覗かれる心配もなく安心です。常に暗いキッチンでも、高窓があれば明るく清潔に見えるでしょう。

壁を活用しやすい

大きな家具は通常は壁に沿って配置されますが、大きな窓があればその前に家具を置くことはできません。その点、高窓ならその下のスペースを自由に使えるため窓を塞ぐ心配もなく家具を自由に配置できるため、思い通りのインテリアを楽しめるでしょう。

効率よく換気できる

室内で暖かい空気は上昇し、足元の低い場所に冷たい空気がたまります。開閉できる高窓ならそのまま高窓から空気を逃すことができます。さらに、低い位置の窓を開けることにより空気の流れが生じるため、効率の良い換気ができます。

眺望も楽しめる

高窓はプライバシー性が高い位置に取り付けるため、カーテン等を吊るさずにそのままにしておくことがほとんど。そのため、いつでも空や緑、星空などを眺めることができます。外の明暗や天候の変化にも気づきやすく、開放感も感じられます。

高窓を設置するデメリット(注意点)

それでは、高窓のデメリットになるのはどのような点でしょうか。高窓を設置する際の注意点なども併せて紹介します。

掃除しづらい

手の届かない高い位置に設置する高窓は、掃除しづらい点がデメリットです。高窓用掃除ワイパーなどもありますが、実際に窓の状態を間近で確認できません。ガラスを磨きたいなら、脚立などの踏み台を用意して安全に気をつけながら掃除するか、清掃業者に依頼することになるでしょう。

開閉しにくい

高窓を換気の目的で設置する場合は、窓の開閉機能が必須です。背の低い人や高齢者にとっても、開け閉めがしやすい機能を検討する必要があります。開閉に力が必要なものや操作性が悪いものは、そのうち開閉が面倒になってしまうでしょう。リモコンなら操作性が良く、自動で開閉できるのでおすすめです。

隣家から丸見えになってしまうこともある

高窓はプライバシーが確保できる一方、すぐそばに隣家が接しているような場合は、角度によっては隣家の2階から中が見えてしまうことがあります。高窓の設置には、周辺の建物との位置関係をよく考慮することが大切です。隣家が近いときは透明ガラスにしないことでプライバシーを守ることができます。

高窓の設置リフォーム費用相場

高窓増設のリフォーム費用の相場は、ガラスやサッシなどの材料費と施工費用などを含み、約10~30万円前後です。窓の大きさやグレード、部品や素材などのあらゆる条件で料金は変わってきます。

高所作業のため足場が必要な場合は、さらに追加料金がかかることがほとんどです。また、壁を壊した後の廃材処分手数料や大型家具の移動や養生費用などがかかる場合もあります。

高窓の設置リフォームにかかる日数の目安

窓の増設をする場合は、住宅の外壁を窓のサイズに切り抜き、サッシと窓をはめ込む工事が必要になります。作業のしやすさ、天候などによっても工期が左右されます。高窓の増設は高い場所での施工となるため、しっかりとした足場を組み立てるケースが多いです。

希望する位置に高窓の増設が可能かどうかの下見をする必要があるため、必要な部材の取り寄せ等も含め、リフォームには1週間前後かかるものと見ておきましょう。

高窓のリフォーム施工事例

実際に高窓を設置した場合の施工事例を写真とともに紹介します。以下のリフォーム例は、高窓だけでなく他の部分のリフォームと併せて施工していますが、もちろん高窓だけを増設する工事も可能です。

1:高窓で自然光を多く取り入れられるリビングにリフォーム

リビングとダイニングキッチンの間仕切りを撤去して広くなった分、高窓の光を多く取り入れることで室内の明るさが増しました。リビングの掃き出し窓の上に同幅の高窓を設置したため、従来の家具の配置に影響することもありません。冬でも暖かな日差しを十分感じられるでしょう。

事例の詳細:自然光とLEDが生み出す寛ぎの時間

2:高窓で明るいキッチンにリフォーム

老朽化で取り壊しの話があった祖父母の家が、みんなが集まれる実家として全面的にリフォームし素敵なお宅に生まれ変わりました。独立型の暗かったキッチンを対面式にして、採光と換気のための高窓と小窓を数ヶ所に配置しています。2方向の窓がアクセントになり、オープンな対面キッチンで明るい空間になりました。

事例の詳細:高窓づかいが効果的なキッチン

3:吹き抜けと高窓で開放感のあるリビングにリフォーム

お子さんの独立で、三世代が住んでいた完全分離の二世帯住宅を、一世帯に戻す全面的なリフォーム。高齢のお母様とも身近に安全に暮らせるようになりました。以前の室内は狭く閉塞感があったとのことで、リビングは開放的な吹き抜けにし高窓を設置しています。広々とした開放的な空間に、高窓からのおだやかな光が差し込むリビングです。

事例の詳細:間取り変更と採光プランで広く明るいLDKに変身

4:高窓を設置して光の差し込むトイレにリフォーム

築年数30年以上で、段差のあるタイルで囲まれた和式トイレを、タンクレスの洋式トイレにリフォームしました。壁は温かみを感じる色調のクロスに変更、トイレ内に設けた手洗い台や手すりの木目にもよく馴染みます。ドアと対面の壁には横スライド式の高窓も設置。明るく清潔感のある居心地の良い空間になりました。

事例の詳細:2階トイレ(和式→洋式・手洗い器・一部断熱材)

高窓を設置して明るく開放感のある空間にリフォームしよう

高窓の設置は、室内の今までの雰囲気をガラッと変える効果があります。特に、暗く閉鎖的だった空間に自然光を取り入れられるのは大きなメリットです。

かといって、室内を明るくしたいからと、むやみに高窓を増設することはおすすめできません。耐震性や断熱などの観点から希望通りに施工するのが難しい場合もあります。高窓設置のご相談は、信頼の置けるホームプロ加盟リフォーム会社にぜひお問い合わせください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ