1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. ペットと暮らすリフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. ペットの健康を守るためには床材選びがポイント!

ペットの健康を守るためには床材選びがポイント!

ペットの健康を守るためには床材選びがポイント!

ペットが快適に暮らせる環境づくりには、床材の配慮が欠かせません。特に犬や猫は滑りにくい床材を選んで室内の移動中にかかる足腰への負担を軽減させてあげる必要があります。

犬を飼うのに適している床材とは?

犬を飼うのに適している床材とは?

犬を室内で飼うとき、気を付けてあげたいのは足を滑らせない床材選びです。一般的によく使われている合板のフローリングは特に滑りやすく、ペットの足腰に負担をかけてしまいます。ペットのために滑りにくい加工を施したフローリングなら問題はありませんが、そうでなければカーペットやコルクマットなどを敷いて対策しましょう。一方で、カーペットには犬の抜け毛がからまりやすく、またノミやダニの温床になりやすいので注意が必用です。欧米でよく見られるタイル敷きのフロアは犬を飼うのに適していて、滑りにくいうえ掃除も簡単。夏場にひんやりとした体感を得られる点でも心地よく過ごせる床材です。

猫を飼うのに適している床材とは?

猫を飼うのに適している床材とは?

犬ほど足を滑らせる機会は少ないものの、やはり猫にとってもフローリングの床は足腰に負担がかかります。カーペットを敷いて滑りにくくする方法もありますが、猫の場合は犬より嘔吐する機会が多いので掃除の手間や衛生面を考えると心配です。そのようなときは、フローリングの上にクッションフロア(ビニール製のシート状床材で木目調や石目調などのバリエーションがある)を引くのがオススメ。クッション性があるので足腰への負担を軽減させる効果があり、また撥水性に富んでいるため日常のお手入れも簡単です。クッションフロアの雰囲気がインテリアに合わないなら、フローリングに滑り止めのコーティングを塗る方法もあります。

ペット床フローリングへリフォームを

ペット床フローリングへリフォームを

クッションフロアやカーペットなどを敷かず、フローリングのまま部屋を使いたいときは専用の製品にリフォームをしましょう。ペット床フローリングは色々な製品があり、滑りにくい加工はもちろん傷や変色に強いよう作られています。カラーのバリエーションも豊富なので、部屋のインテリアに合った製品を見つけることが可能です。簡単なリフォームで釘を使わず、上から貼るだけで設置できるフローリングもありますから賃貸でも検討してみましょう。

その他消臭や防音機能を高めた床材のリフォーム例もあります。毎日ストレスなくペットのお世話ができるよう、またペットの健康を考えて床材のリフォームにチャレンジしてみませんか。ホームプロにはペットとの暮らしに最適なリフォームを多数手がけている会社情報が満載です。どのようなリフォームの施工例があるのかチェックするだけでも参考になりますので、ぜひ検索してみてください。

ペットと暮らすリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ