1. マンション戸境壁の防音工事について

マンション戸境壁の防音工事について

マンション戸境壁の防音工事について

ホームプロに寄せられた「内装」に関するリフォーム相談の中から、『マンション戸境壁の防音工事について』の質問と回答をご紹介します。
こんにちは。マンションの戸境壁の防音工事についてお尋ねします。新築マンションの最上階角部屋ですが、寝室が隣家と接しているため、ドスン、ガタンといった振動音がとても気になります。戸境壁はコンクリ18センチの上にクロス直張りです。業者さんにも相談しているのですが、問題の壁と垂直方向にクローゼットがあるので、壁を厚くすると扉の開閉に支障が出てきます。コンクリ壁からは3.5センチしか厚みがとれませんが、この厚さで十分な防音・防振施工は可能でしょうか。または、クローゼットの開閉を犠牲にしてももっと厚いものにしなければ効果は無いのでしょうか?業者も施工してみなければ効果は分からない、という返事です。回答お待ちします。

文面から壁が18センチの鉄筋コンクリート造と書かれていますので、ドスンとした音は重量音が伝わってくるものと思います。コツコツとした音は軽量音です。重量音を遮音しようとすれば躯体の振動音も検討しなければなりません。非常に遮音しにくいものとなります。このような遮音については、なかなか技術的に難しいので、遮音等専門に行っている、専門業者に相談される事をお勧め致します。

軽量音では、スリッパやまな板で料理される、通常の生活で発生する音が多くあります。重量音では、子供さんが飛び跳ねたり、レスリングしたり等の特殊な状態で発生する場合が多くなります。

発生原因を抑えることは遮音以上に有効になります。一度お隣さんとやわらかくお話されることもお勧め致します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

以上が専門家からの回答です。

今後の対策
1)まず、防音の工事をする前に、管理組合もしくは、隣人の方とご相談されて音の発生を防ぐこと。
※できればこの段階で解決するのが望ましい。

2)どうしても音が防げない場合は、遮音は難しいが、ある程度の防音工事をしてみる。
【ある程度の防音工事とは↓】
床は、低周波振動音を吸音するために二重床工法とし、畳とコンクリ-トの間に吸音・防音材を入れて施工する。また、壁も二重壁工法とし、吸音・防音材を入れたうえ、石膏ボ-ド等で仕上げ、クロス張りとする。

3)本格的な防音工事を検討してみる。

すでに管理組合、もしくは隣人の方とご相談されていらっしゃるならば、防音工事もやむを得ないかと存じますが、できるならば、隣人の方にご配慮いただきたいですよね。もう片方のお隣さまともご相談されてご一緒にお願いにあがるのも力強いかも知れません。

また、業者が施工をしてみないとどれほどの効果があがるかわからないというのも、防音工事が技術的に難しく、ある程度までの効果しか望めないというとことが現実だからだと思います。ある程度の防音というのが、許容されるレベルかということが問題になりますが、使用する材料の遮音・吸音レベルやその厚みなどで、机上の試算の上で施工をしますので、ある程度の想像はできても、実際にはやってみないとわからないということだと思います。

専門家の回答のように、遮音の専門業者に依頼するとなりますと金額は大きく跳ね上がりますので、ある程度の防音工事とお隣さんとの話し合いが現実的かと思います。

(2003.06.04)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ