1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. そろそろリフォーム?キッチンの耐用年数と工期・費用の目安

そろそろリフォーム?キッチンの耐用年数と工期・費用の目安

  • 最終更新日:2020-12-16

そろそろリフォーム?キッチンの耐用年数と工期・費用の目安

キッチンの調子が悪い、そろそろ寿命?などど思いつつも、騙し騙し使い続けている方は多いのではないでしょうか。

 

キッチン本体の耐用年数は約20年とされていますが、周辺機器の中には10年くらいで交換が必要なパーツもあります。
不具合を抱えているキッチンは家事の効率が下がるだけでなく、安全性にも影響します。
また、近年のキッチンは飛躍的に進化しており、リフォームによる恩恵は想像以上に大きいかもしれません。

 

このページでは、各パーツの耐用年数の目安と注意したい不具合、キッチンリフォームのタイミング、工期や費用感などについて解説します。

キッチンの寿命は約20年。10年経つとさまざまな不具合が

使い方や手入れの状況によっても変わってくるので一概には言えませんが、シンクや天板(ワークトップ)など、キッチン本体の寿命は約20年とされています。

一方、レンジフード(換気扇)や食洗器など、一部の併設機器は耐用年数が約10年と本体よりも短く、また、10年を過ぎたあたりからさまざまな不具合も増えてくるため、実際には10~15年程度でキッチンのリフォームを意識する方が多いようです。

こんなときは要注意!パーツ毎の耐用年数と交換タイミングの目安

ひとくちにキッチンといってもさまざまなパーツから成り立っており、それぞれ耐用年数も違います。いざというときの心構えに、パーツ毎の耐用年数の目安と注意したい不具合についてチェックしておきましょう。

以下のような症状が見られたら、交換時期が近づいているサインかもしれません。

耐用年数の目安:約10年

レンジフード(換気扇)

  • ・換気扇がつかない/動かない
  • ・異音がする
  • ・ファンの回転が不規則
  • ・油汚れがひどく、掃除をしても取り切れない

食洗器

  • ・電源が入らない
  • ・異音がする
  • ・水漏れが発生している
  • ・著しく洗浄力が落ちた

蛇口・水栓

  • ・水漏れ
  • ・水量が安定しない
  • ・レバーが固い/蛇口がまわらない
  • ・ガタつきやグラつき

耐用年数の目安:10~15年

ガスコンロ

  • ・火がつかない/つきにくい
  • ・火力調整ができない
  • ・ガスのにおいがする
  • ・炎の色がいつもと違う

IHクッキング

  • ・電源が入らない
  • ・温度調整ができない
  • ・異音がする
  • ・トッププレートのひび割れや損傷

給湯

  • ・お湯が出ない/水温が安定しない
  • ・異音がする
  • ・煙が出る
  • ・ガスのにおいがする

耐用年数の目安:15~20年

天板(ワークトップ)

  • ・目立つ傷やへこみ、ひび割れなど
  • ・変色・退色している
  • ・汚れやサビがひどく、掃除をしても落ちない

キャビネット

  • ・扉・引き出しのガタつき
  • ・棚板の反りや変形
  • ・(シンク下)排水トラップ・排水ホースの損傷

シンク

  • ・目立つ傷やへこみ、ひび割れなど
  • ・変色・退色している
  • ・汚れやサビがひどく、掃除をしても落ちない

耐用年数の目安:20~30年

排水管

  • ・水漏れ
  • ・掃除をしてもすぐに詰まる/流れが悪い
  • ・臭いがする

都度修理よりも交換・リフォームがお得なケースは多い

先述の耐用年数はあくまで目安であり、耐用性は素材や使用状況によっても当然異なります。気になる不具合をみつけたら、早めの対処が不可欠です。

とくに15年を過ぎたキッチンでは全体的に劣化が進んでいるので、日頃から注意が必要です。突然機器が使用できなくなる、修理のための部品が生産終了している、故障・不具合が続き、1か所を修理してもすぐに別の箇所も修理が必要となる…といった可能性も考えられます。

設備の状況によっては、都度修理を繰り返すよりも思い切って交換・リフォームをしたほうが、結果的に時間・コストの両面で節約となるケースも少なくありません。

故障や不具合以外にも!キッチンのリフォームを検討すべきタイミング

ここまで機器の故障や不具合ついて触れてきましたが、それ以外にも、次のようなケースはキッチンのリフォームを検討してみてもよいかもしれません。

家族構成・ライフスタイルが変わった

出産、同居、子どもの独立など家族構成の変化にともない、キッチンの使い方やメインで使用するひとが変わるタイミング。
皆に使いやすく快適なキッチンとするには、設備や動線を考慮し対処する必要があります。
ソフト面の工夫でカバーできる場合にはよいですが、抜本的な解決にはリフォームが有効です。

間取りや使い勝手に不満があり、ストレスを感じる

現状のキッチンに不満を抱いているなら、多くの場合リフォームで解決することができます。
キッチンは使用頻度が高い分、使い勝手が悪いと日々ストレスが蓄積されていくものです。
きちんと手入れをしていても、経年による変色や汚れなど一定の劣化は避けられず、気になり始めるとモチベーションも下がっていきます。

一方、希望を満たす間取り・設備のきれいなキッチンであれば気分も上がり、料理や家事の負荷軽減にもつながるでしょう。快適なキッチンは生活の質にも直結します。

もっと家事をラクにしたい

家電などと同様にシステムキッチンも日々進化しており、2000年以降、とくにここ10年は従来のキッチンと比べて機能が大きく強化されました。

水垢・汚れがつきにくく掃除がしやすい形状のシンクや、フィルターを自動クリーニングしてくれるレンジフード、タッチレス水栓、自動調理機能を搭載したグリルなど、家事を効率的に進めるための工夫がつまった商品を各社開発しています。

また、いまのキッチンは立体構造により収納力のあるタイプが多く、物が入りきらずに困っている方にもおすすめです。

キッチンリフォームの基礎知識:キッチンの選び方

いざリフォームをしたい!と思っても、どんなキッチンがよいのか…?
キッチンに対しての希望はあれこれあれど、種類が豊富で迷われる方も多いと思います。

そんなときは以下の記事を一読ください。
リフォームにおけるキッチン選びのポイントや注意点を解説しています。

リフォームする際のキッチン選びかたのポイント|作業動線やメーカーごとの特徴をおさえよう

キッチンリフォームの基礎知識:費用はどのくらい?

キッチンのリフォームを検討する際、やはり気になるのが費用です。

キッチンリフォームの費用に占める内訳は、おもにシステムキッチンの機器代金+設置工事費で、位置や向きの変更がともなうかどうか、選ぶキッチンのグレード等によっても変わってきます。

いくらでどんなことができるのか?いくつかの事例をご紹介します。

100万円未満のキッチンリフォーム事例

【位置は変えずに】食洗器付きの新しいキッチンへ交換:80万円

ガスからIHへ。新たに食洗器も設置しました。
タイルからパネルへと張り替えることで、お手入れもラクに。

▶この事例を詳しくみる

【位置は変えずに】I型+造作カウンターでおしゃれなオープンキッチンに:90万円

I型キッチンに鏡面仕上げの造作カウンターを設置。
アイランド型を採用するよりもコストを抑えつつ、高級感のあるオープンキッチンを実現できました。

▶この事例を詳しくみる

100~200万円のキッチンリフォーム事例

【位置は変えずに】I型→L型キッチンへ交換:130万円

位置は変えずにI型からL型へと交換。
収納量が従来の1.5倍にアップし、すっきりと物がしまえるように。

▶この事例を詳しくみる

【位置も変更】壁付けのL型→LDとつながるアイランド型へ:180万円

暗く閉塞感のあるキッチンから広々と視界が開ける対面式のキッチンに。
リフォーム後は家族の様子や庭を見ながら料理ができるようになりました。

▶この事例を詳しくみる

200~300万円のキッチンリフォーム事例

【位置は変えずに】:設備にこだわったキッチンへ交換:215万円

横並びでゆったり使える3口コンロ搭載のキッチンへと交換。
調理スペース・動線がしっかりと確保され、料理もしやすくなりました。

▶この事例を詳しくみる

【位置も変更】壁付けのI型→ハイグレード2型キッチンへ:290万円

2型キッチンは、セパレート型キッチンとも呼ばれるコンロとシンクが分離した2つのキッチンを持つレイアウトのことで、作業動線が短い、作業スペースを広くとれるなどのメリットがあります。

2つのキッチンを並行に配置するパターンが多いのですが、この事例では垂直に配置することで限られた空間での2型レイアウトを実現しています。
設備はPanasonicの最上級グレードLクラスを採用し、高級感あふれるキッチンへと生まれ変わりました。

▶この事例を詳しくみる

以上、価格帯別に6つの事例をご紹介しました。
キッチンリフォームと費用のイメージを少しは掴んでいただけたでしょうか。

さらに事例をご覧になりたい方は、こちらより検索が可能です。
費用や設備などの条件から事例を絞り込むこともできます。

キッチンリフォームの基礎知識:工事にかかる期間の目安は?

キッチンのリフォームを検討する際、費用と同様に気になるのが工事にかかる期間です。
毎日調理をする場所が使えないとなると、その間の食事の対応も考えなければなりません。

工事の内容によっても当然変わってきますが、一般的な工期の目安をご紹介します。

キッチンリフォームのおおまかな流れ

契約後、システムキッチンが納品されてからリフォーム工事がスタートします。納品までは通常1~2週間程度です。

納品後、①既存のキッチンの解体・撤去等を行い、②ガスや電気などの工事を経て、③新しいキッチンの組み立て・設置を行います。
①~③の一般的な工期は1週間程度ですが、短いケースでは3日ほどで完了する場合もあります。

レイアウト変更をともなう大規模工事は3週間以上かかる

キッチンのレイアウト変更をともなうようなリフォームでは、新たに電気やガスの配線工事なども必要となるため、最低でも3週間はみておいた方が安心です。なかには1か月以上を要するケースもあります。

キッチンリフォームの際の注意点

事前に心得ておきたいキッチンリフォームの注意点について、以下お伝えします。

マンションでのキッチンリフォームの注意点

各マンションでは管理規約にて「できること・できないこと」が個別に定められています。
希望するリフォームが可能かどうか、あらかじめ確認が必要です。

また、管理組合への届け出や近隣への挨拶まわりなどもあるので、付随する確認事項についても念頭に入れておきましょう。

キッチンのリフォーム工事で注意すること

キッチンのリフォーム工事に際しての注意点として、次の3つがあります。

  1. 1. 工事完了まで賞味期限が持たない食材を使いきる
  2. 2. 養生の範囲
  3. 3. 家具家電の移動は誰がやるか

1. 工事完了まで消費期限が持たない食材を使いきる

工期は最短でも3日かかるので、日持ちしない食材は消費期限が来てしまう可能性があります。
工事中にカセットコンロ等で調理をしない場合は、事前に冷蔵庫の中身を確認し、傷みやすい食材を使い切ると無駄がありません。

2. 養生の範囲

養生の範囲については、必ずリフォーム会社に確認しましょう。
キッチンまわりのみの養生と言われた場合、玄関からキッチンを搬入する際に傷がついてしまう可能性もあるので注意が必要です。

3. 家具家電の移動

工事の邪魔になる家具家電の移動に関しても、リフォーム会社がやってくれるのか、自分たちでやらなければならないのか、きちんと確認する必要があります。
見積りに含まれている場合が多いものの、なかにはトラブル防止の観点から"家具家電の移動は施主側で"という会社もあるので、必ず聞くようにしましょう。

実績豊富な頼れるリフォーム会社へ相談しよう

このページでは、キッチンの耐用年数とリフォームのタイミング、費用、工期、注意点などについて解説しました。

耐用年数はあくまでひとつの目安であり、不具合をみつけたら放置せず早めに対処することが大切!毎日使うキッチンだからこそ、適切なメンテナンスとリフォームで気持ちよく家事をこなせる空間にしたいものです。

キッチンに不具合が見られたり、使い勝手に不満を感じているなら、一度リフォーム会社へ相談してみるのもよいかもしれません。
知識や実績が豊富な会社・担当者であれば、解決策についてプロ目線からのアドバイスが期待できます。

ホームプロでは、施工内容やご要望に合うリフォーム会社を最大8社紹介しています。
公開情報から各社の実績や評判を比較・検討することができ、ネット上で匿名のまま商談も可能です。
終始しっかりとサポートしてくれる、信頼できる会社を依頼先に選ぶことができればなお心強いですね。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ