1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. なんでも事典 リフォーム編
  4. 外装・エクステリア
  5. 【外装・エクステリア_1】外壁の塗り替え

【外装・エクステリア_1】外壁の塗り替え

  • 最終更新日:2021-03-08

【外装・エクステリア_1】外壁の塗り替え

外壁の色あせやひび割れなどは劣化のサインです。そのまま放置すると見た目に悪いだけではなく、外壁の落下を招いたり、家の寿命をも縮めかねません。

適切なメンテナンスで我が家の健康を守るために。外壁塗装の時期、費用、外装材の耐用年数、選び方などについてお伝えします。

現在築10年の家に居住。外壁の塗装を営業に来た工事業者から勧められています。
築後どれくらいで塗り替えるものでしょうか。

一般的には、10年が目安です。でも、汚れや、クラックで判断してください。

外壁の塗り替えは、汚れやクラックにより判断します。
外壁の痛み具合は建物の立地条件、現在の吹付塗料の質や施工の程度などにより違ってきます。

「10年経ったら塗り替えを」と一概には言えませんが、一般的に築10年で家全体の補修点検をした方がよいでしょう。

外壁塗装の塗材にはいくつか種類があり、価格も1,500円~5,000円/平方メートルほどと開きがあります。

外壁は、雨の影響で黒いカビで汚れたり、全体に色褪せたり、クラックが入ったりすると、塗り替えを考える時期です。

吹付材そのものの耐用年数は、価格に比例して3年~7年と言われています。

まず、外壁を高圧洗浄して、下地やクラックを補修します。
その上から塗材を吹き付ける方法と、吹き付け押えの上からローラーで塗る方法があります。

もし近い将来、増改築の予定があるならば、その際に一緒に施工する方が、時間的にも費用面からいってもよいです。

訪問販売などで勧められたからといって、まだきれいなのに無理に塗り替える必要はありません。
依頼するのであれば、信用のおける会社に、質の良い塗料を丁寧に施工してもらいましょう。



リフォームなんでも事典:リフォーム編 一覧

<設計・工事・構造 >

<業者の選び方>

<契約・規約>

<家族構成の変化>

<高齢者のために>

<健康と快適のために>

<水まわり>

<内装・インテリア>

<外装・エクステリア>
外壁の塗り替え
外装材の選び方

<諸設備>

<法律・トラブル>

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ