1. ホーム
  2. リフォーム事例
  3. 鎌倉木立の中の光あふれるリビング
事例一覧へ戻る

鎌倉木立の中の光あふれるリビング

建物のタイプ 戸建住宅 価格 1,550万円
築年数 21〜25年 工期 3ヶ月以上
竣工年月日 2011年2月28日 構造 木造
施工地 神奈川県 鎌倉市 リフォーム箇所 キッチン浴室・バストイレ洗面洗面リビング
家族構成 夫婦

詳細情報

[テーマ]間取り変更・スケルトン 、 耐震補強 、 断熱・気密

お客さまのご要望

中古物件を購入した後、気になる点、改善したい点を明確にしてからリフォームをしたいと思ったので実際に1年住んでみてから計画。部屋ひとつひとつがとても薄暗く昼間でも電気をつけなければならないし、湿気もかなり多いのので快適に過ごせるLDKが欲しい。階段も老後のために急な階段ではなく、もっとゆるやかな上りやすい階段が欲
しい。これから家にいる時間が多くなるので自分達のこだわりを取り入れた自慢の家になるようにしたい。

リフォーム会社のご提案

谷あいの木立に囲まれた家は素晴らしい景色の一方で日陰や湿気をもたらします。心配だった耐震性をまず調査の上強化しました。今までの掃き出し窓だけでは日の当たる時間が限られるので、思い切って2階に入る光も階下に届くよう計画。天井の一部を強化ガラスにして大きな明かり取りを作り、2階に差し込む光をリビングまで届けています。
玄関の反対側にあったキッチンと居間、食堂を合わせて作った広く奥行きのあるLDKは、段差をゆるくし、ステップを増やした階段も取り込み、上へも広がる開放的な空間に。階段前にはガラスパーテーションを設け冷暖房の効率を配慮。無垢フローリング床暖房を敷き、建具等は枠と共に全てオーダー。サッシはペアガラスに交換。壁、天井には、断熱、調湿効果のある塗り壁で仕上げ、外壁も断熱塗料で塗装、室内の快適性は格段に向上、湿気の問題を解消しました。
柔らかな色合いの壁と落ち着いた無垢フローリング、細部までこだわって選んだ内装はとても気に入っていただき 早速お披露目のパーティーを計画されるとおっしゃられていました。

Before

Before

広い居間を中心にして、目的別に部屋が独立したゆとりある間取りです。

After

After

独立型のキッチンを前に出し、対面カウンターを設けて2.型のオープンキッチンにしました。キッチンだった場所は家事室として収納や洗濯機を置いています。キッチン周りも含め収納がたっぷり取れ、また、動線が短くて済み、効率良く作業していただけます。

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

特注の3mあまりのキッチンはシンクも大きく、作業スペースも広く取れ調理の幅が広がります。冷蔵庫、パントリーに向かう角はカットし、アクセスしやすくしました。同じ素材で作った対面カウンターは引き出しを多く取り、また座っていろいろな作業ができるようカウンター下の一部をオープンにしています。

全面改装
明るく広々
断熱・気密
詳しく見る

浴室・バス

浴室・バス

在来工法の自由さで、壁、天井にヒノキを張り、鋳物ホーローの浴槽を据えました。温まった後は冷めにくく、保温性に優れています。なんといってもヒノキの香りが心地よく、入浴をゆっくり楽しんでいただけます。

全面改装
耐震補強
断熱・気密
詳しく見る

トイレ

トイレ

壁は隣の洗面室同様ヒバ材を使い、こちらも木が香ります。無垢材で作ったカウンターは長く取り奥行きを強調、素材感の異なるガラスタイルで赤のラインを配することで、かえって木の質感、柔らかさが引き立てられています。

間取り変更・スケルトン
耐震補強
断熱・気密
詳しく見る

洗面

洗面

湿気に強く朽ちにくい香りの良いヒバ材を無塗装で壁、天井に張っています。塗料で覆っていないので香りがよく、森林浴をしているかのようです。

間取り変更・スケルトン
耐震補強
断熱・気密
詳しく見る

洗面

洗面

起きて最初に利用する場所はモザイクタイルと柔らかな光でまとめました。果実が熟したような赤は存外落ち着いた雰囲気を作っています。

間取り変更・スケルトン
耐震補強
断熱・気密
詳しく見る

リビング

リビング

扉を開けるとダイング、奥のキッチンを抜け木立まで見渡せ、右手も、左手にも上に抜ける空間があり、面積以上にとても広がりのある空間になっています。

明るく広々
断熱・気密
詳しく見る

最近見た事例

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ