1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 駐車場・ガレージのリフォーム
  4. 駐車場・ガレージリフォームの基礎知識
  5. カーポートに目隠しは設置できる?注意点や施工事例を紹介

カーポートに目隠しは設置できる?注意点や施工事例を紹介

  • 最終更新日:2020-06-19

カーポートに目隠しは設置できる?注意点や施工事例を紹介

ご自宅の駐車場にいる時に、周囲の視線が気になることはありませんか?隣の家の人と窓越しに目が合ったり、犬の散歩中に出くわしたりと意外に人の視線が気になるシーンはあるものです。そんな時、カーポートにサイドパネルを取り付けたり、家の外構をフェンスで覆ったりすることで、簡単に周囲の視線を遮ることが可能です。この記事では、カーポートに目隠しを設置する方法やメリット、設置時の注意点や施工にかかる費用・日数などを紹介していきます。リフォームをする際に、参考にしてみてください。

カーポートに目隠しを設置する方法2つ

カーポートに設置する目隠しには、「サイドパネルをつける」、「フェンスを設置する」という2つの方法があります。それぞれの方法を簡単に説明していきます。

カーポートにサイドパネルをつける

通常、カーポートは屋根と柱のみですが、オプションとしてサイドに目隠しの壁をつけることが可能です。カーポートにサイドパネルがあるだけで、目隠し効果は全然違います。

各メーカーでは、カーポートに取り付けるサイドパネルを用意しており、性能も優れたものが揃っています。

カーポートの周囲にフェンスを設置する

フェンスを設置する場合は、カーポートの周囲だけでなく、外構全体を覆うことも可能です。スペースによっては設置できなかったり、費用が高くついたりする場合もあるので、リフォーム会社や工務店などに相談するとよいでしょう。

外構全体を覆う場合は、目隠しできる範囲も広く、セキュリティ対策としても有効です。

フェンスの素材も増えていて、樹脂のフェンスであれば、水に強いので錆や腐敗を気にせず使用できます。

カーポートの目隠しは後付けも可能

もともとあるカーポートに目隠しのサイドパネルやフェンスを後付けすることも可能です。

最近では、サイドパネルもフェンスも色々な用途に対応した商品が販売されており、後付けできる商品も増えています。

自分でDIYする人もいますが、カーポート全体やサイドパネル自体の強度が不十分だと災害時などに危険なので、プロへ依頼することをおすすめします。

設置したい範囲が広く、リフォーム費用が心配な場合は、事前にリフォーム会社に相談し、見積りを出してもらうとよいでしょう。

カーポートにサイドパネルやフェンスをつける目隠し以外のメリット

サイドパネルやフェンスには、目隠し以外にも設置するメリットがあります。大切な車を守るためやカーポートまでの行き来を快適にする効果もあるので、設置して損はありません。

目隠し以外にどんなメリットがあるのか具体的に説明していきましょう。

雨よけ・風よけになる

カーポートにサイドパネルがあることで、横殴りの雨や強風から車を守ることができます。

雪が降る地域の場合は、雪よけにもなるので車の雪下ろしも必要ありません。

また、雨に濡れずに乗り降りできるので、荷物が多い場合や子どもが一緒の場合などに便利です。

紫外線や熱を防げる

紫外線カットのサイドパネルをつけることで、車の塗装を長持ちさせることが可能です。

熱線遮断タイプのサイドパネルであれば、パネルの表面で太陽光を反射するので車内に入る日差しをカットし、車内温度の上昇を防ぎます。

ここ数年は、真夏日の日数も増加傾向で、蒸し風呂のような車内の熱さを経験している人もいるでしょう。サイドパネルを設置することで、夏の暑い日でも快適に車を出発させることができます。

カーポートに目隠しをつけるときの注意点・ポイント

カーポートにサイドパネルやフェンスを後付けする際に、失敗しないための注意点はあるでしょうか?しっかり効果を発揮するように気をつけたいポイントを解説します。

風の影響を受けやすいので柱の強度を上げる必要がある

カーポートにサイドパネルを取り付ける場合は、サポート柱を使用して強度を高めておきましょう。台風など強風の際に、カーポートを地面と固定するサポート柱は必要不可欠です。多くのメーカーで片柱タイプのカーポートのオプションとして用意され、後付けも可能になっております。

サイドパネルを取り付ける位置やフェンスの高さをよく検討する

サイドパネルやフェンスを取り付ける際は、上部のみ設置で十分か、それとも地面に近いところまで覆う必要があるか、しっかりシミュレーションして検討しましょう。

設置箇所に対する、風向きや日の差し込む方向など考慮する必要がありますので、自信のない場合はプロに相談してみるとよいでしょう。

展示場などでサイドパネルの実物を見ておくと安心

サイドパネルの種類やサイズは、メーカーによってラインナップが違います。展示場やショールームなどを訪れて、実物で素材や圧迫感などをしっかり見ておくと、設置後のイメージが湧きやすいでしょう。

質感やカラーなども、カタログなどで見るのとは印象が違う場合があるので、事前に実物をみておくことをおすすめします。

カーポートに目隠しをつける施工費用相場

カーポートにサイドパネルやフェンスなどの目隠しを取り付ける際にかかる施工費用の相場はいくらでしょうか。

カーポートとサイドパネルの設置、サイドパネルの後付け設置、フェンスの設置のそれぞれの費用をみてみましょう。

・カーポートとサイドパネルの設置

カーポートとサイドパネルをセットで設置する場合、車1台用で約40万円、2台用で約70万円が相場となります。

すでに土台にコンクリートがある場合は、斫り工事が必要なのでプラス1万円程度かかります。

コンクリートの基礎工事を行う場合は、プラス60万円程度必要です。

・サイドパネルのみ後付けで設置

サイドパネルの素材やオプションによって費用は前後しますが、1万~3万円が相場となります。

・カーポートの周囲にフェンスを設置

カーポートの周辺に目隠し用のフェンスを設置する場合、高さ1m×横1mの大きさで7万~10万円が相場となります。

カーポートに目隠しをつける施工日数の目安

カーポートにサイドパネルやフェンスなどの目隠しを取り付ける場合にかかる日数はどれくらいでしょうか?

基礎工事が必要な場合や斫り工事から施工する場合など、工事内容別の費用をみてみましょう。

・コンクリートの基礎から設置

コンクリートの基礎工事から必要な場合は、6~9日が目安です。

・基礎はあり、斫り工事を行ってカーポートを設置

すでに基礎があり、斫り工事から施工をする場合は、3~5日が目安です。

・すでにあるカーポートに目隠しを後付け

既存のカーポートにサイドパネルを後付けする場合は、1~2日が目安です。

・カーポートの周囲にフェンスを設置

既存のカーポートの周囲にフェンスを設置する場合は、2~3日が目安です。

カーポートでの目隠しリフォーム施工事例

カーポートの目隠しリフォームの方法やメリット、注意点など説明してきましたが、どんなリフォームがよいのでしょうか?

ここからは、カーポートの目隠しリフォームのイメージがしやすいように、実際の施工事例をご紹介していきます。

1:サイドパネルで周囲の視線をカバーしながら駐車スペースも確保

カーポートを新しくし、一緒にサイドパネルも取り付けました。隣のお宅との間にコンクリート塀がありましたが、高さが足りなかったので、サイドパネルを付けることにより目線が隠れるようにしています。

サイドパネルの設置で、余計な圧迫感を与えずに、周囲からの視線をカバーすることが可能になりました。

事例の詳細:駐車場を広げて自転車も納まるようにリニューアル

2:カーポート側面・後方にパネルをつけてプライベート空間を確保

駐車スペースに全面コンクリートを施工し、カーポートも新調して側面と後方にパネルを取り付けました。パネルにより目隠しされることで、プライベート空間が確保できます。

事例の詳細:プライベート空間を確保した車庫スペース

3:圧迫感のないサイドパネルを設置。鉄骨製カーポートで雪国でも安心

車が増えたので、カーポートを設置したいとのご要望に沿い、お庭を駐車スペースへリフォームしています。冬期の積雪にも考慮し、2mの積雪でも安心の鉄骨カーポートにしました。側面には圧迫感のないサイドパネルを取り付け、道路側からの目隠しをしています。

事例の詳細:カーポート(鉄骨仕様)

カーポートの目隠しで使いやすい車庫にリフォームしよう

カーポートにサイドパネルやフェンスを取り付けると、目隠し対策だけでなく、雨・風よけ、紫外線・暑さ対策など車を大事にするための対策にもなります。是非この機会に、カーポートのリフォームを検討してみてください。

複数のメーカーで安心安全な製品が用意されていますので、ご自宅の駐車場に最適な製品を探してみてはいかがでしょうか。リフォームの際には、倒壊などの危険を考えて、DIYではなくプロへお任せしましょう。

このページのポイント

カーポートを設置するメリットは?
目隠しになるだけでなく、雨よけ・風よけとなったり、紫外線や太陽熱を防げるため車の塗装を長持ちさせることが可能です。
(詳しくは こちら
カーポートに目隠しをつけるときの注意点は?
カーポートにサイドパネルを取り付ける場合は、風の影響を受けやすいので柱をの強度を高めましょう。また、取付位置やフェンスの高さなどは事前に検討し、分からないことはプロに相談するのをおすすめします。
(詳しくは こちら
カーポートに目隠しをつける施工費用はどれくらい?
サイドパネルのみ後付けで設置する場合は、素材やオプションによって費用は前後しますが、1万~3万円が相場となります。カーポートの周囲にフェンスを設置する場合は、高さ1m×横1mの大きさで7万~10万円が相場となります。
(詳しくは こちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

駐車場・ガレージのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ