1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 駐車場・ガレージのリフォーム
  4. 駐車場・ガレージリフォームの基礎知識
  5. ガレージの建築・増築費用を徹底解説|後付けリフォームの事例も紹介

ガレージの建築・増築費用を徹底解説|後付けリフォームの事例も紹介

  • 最終更新日:2019-11-22

ガレージの建築・増築費用を徹底解説|後付けリフォームの事例も紹介

車を新しく購入すると、駐車場にこだわりたいと考える方も多いでしょう。この記事では、ガレージとカーポートの違いについて詳しくご説明します。また、ガレージを増築したい方のために費用相場や、ガレージを後付けした実例などをご紹介します。

「新車を購入する予定だけど、ガレージとカーポートのどちらかを設置したい」 「ガレージを設置する費用はどれくらいなのだろう?」 「そもそもガレージやカーポートの定義って何?」 などと疑問を抱えている方も多いでしょう。

ガレージとカーポートは同じように考えられてしまいますが、実は機能性などで大きな差があります。

今回は、ガレージとカーポートの違いや、ガレージを設置する際の費用について詳しくご説明します。

また、実際にガレージを設置した事例も併せてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

ガレージとは

「ガレージ」とは、シャッターや扉を閉めると完全に車が外から見えない状態になる車庫のことです。

屋根や床部、その他4面の壁に覆われているガレージは、車好きな方なら憧れるエクステリア設備でしょう。

自宅の前などに駐車場を設けているご家庭もありますが、車をあらゆる危険から守りたいと考えている方にはガレージをオススメします。

ガレージとカーポートの違い

ガレージとよく間違えられるものとして「カーポート」があります。

カーポートは、屋根と柱だけの簡易的な車庫のことです。

ここでは、ガレージとカーポートの違いについてご紹介します。

密閉空間である防犯性の高さ

ガレージは、シャッターや扉を閉めれば密閉された空間で防犯性が高くなります。

車をカーポートの下に駐車しておくだけでは外から丸見えなので、盗難に遭う可能性もゼロではありません。

その点、ガレージは外側から車は見えず標的にされづらいのです。

また、風が吹いている雨の日など、カーポートの下に停めている車では乗り降りの際に濡れてしまいますね。

ガレージでは、天候に左右されることなく車の乗り降りが可能です。

耐久性

耐久性に関してもガレージの方が高いと言えます。

カーポートは、前述の通り屋根と柱だけの簡易的な車庫です。

そのため、特に強風に弱い性質があります。

台風などの自然災害では、カーポートの屋根が飛ばされてしまったり、剥がれかけてしまったりと被害を受けやすいところがデメリットです。

耐久性の高いカーポートもありますが、やはり密閉されるガレージの方が、耐久性がありますね。

設置費用

設置費用は、カーポートよりもガレージの方が機能性や耐久性などを考えても高額になります。

車を雨や日差しから守りたいと考えているだけならば、費用面からしてカーポートがおすすめです。

しかし、車が好きでお手入れにこだわりたい、黄砂などの有害物質からも車を守りたいなどと考えている方には費用は高いかもしれませんがガレージをおすすめします。

設置期間や業者とのやり取り

ガレージの設置期間は、カーポートよりも大規模な工事になるため長くなります。

ガレージの床部をコンクリートにする場合などはおよそ2〜4週間前後です。

ガレージを設置したい時は「ホームセンター」「リフォーム会社」「エクステリア専門店」「工務店」などに依頼します。

ホームセンターは一番身近な依頼先と言えますが、売れ筋商品しか置いていない場合があります。

また実際に設置するのは下請け業者です。

ホームセンターで依頼した場合には、どこまで保証してくれるのかなどをきちんと確認しておく必要があるでしょう。

「エクステリア専門店」に依頼する場合には、良いガレージが手に入る可能性がありますが、基礎の工事までしっかりと行ってくれるかをチェックする必要があります。

「工務店」や「リフォーム会社」に既製品のガレージの設置を依頼すると、ホームセンターやエクステリア専門店よりは高い費用がかかってしまいます。

しかし、基礎の工事から確実に安心して依頼できる業者が多いため、安心感が欲しいという方は工務店やリフォーム会社に依頼するのがオススメです。

特に、リフォーム会社だと、ついでに家の経年的に生じている劣化部分を見てもらうことができますし、既存の家との相性や新たな施工をする上で配慮すべき点などを詳しく教えてもらうことができます。

リフォーム会社への依頼を検討している際は、ぜひホームプロを使って複数のリフォーム会社を比較してみてくださいね。

確認申請の有無

ガレージやカーポートを設置する場合には、建築基準法に則り「建築確認申請」の手続きを行わなければなりません。

ただし、建築基準法の第6条2項により「防火地域および準防火地域以外に建設する場合、床面積が10平方メートル以内なら申請は不要」です。

まとめ

これまでのガレージとカーポートの違いを以下の表にまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

ガレージ カーポート
密閉性・防犯性 ×
耐久性 ×
費用の高さ ×
工事期間の長さ ×
建築確認申請の有無 必要(条件によっては不要) 必要(条件によっては不要)

関連記事

ガレージ設置の費用は

ガレージを設置する際の費用をシーン別でご紹介します。

新築ガレージの場合

新築車庫の場合、車1台分(3m×6m)で見積もっても「およそ100〜150万円」の費用がかかります。

これは、木造で考えた場合です。

ガレージを設置する場所の設計図を作り、それに合わせて基礎から作り上げるため、職人も1〜2人では足りません。

小さな木造住宅を建てる工程と似ており、複数人の人件費がかかります。

既製品のガレージの場合

車1台分の既製品のガレージを設置する場合の費用相場は「およそ90〜120万円」と言われています。

既製品のガレージ代金の他に、新築ガレージと同様に基礎部分を作り上げてからの設置という流れです。

既製品のガレージはそのまま設置するだけではなく、解体されている状態のガレージを組み立てる費用や、部品を運ぶ運搬費なども加算されています。

木造以外の新築ガレージの場合

先にご説明した新築ガレージの費用相場は「木造」で考えた場合です。

ガレージの素材として木造以外には「鉄骨造」と「鉄筋コンクリート造」があります。

ガレージの種類として木造と鉄骨造が多いですが、鉄筋コンクリート造のガレージも珍しくはありません。

鉄骨造の場合の費用相場は「およそ150〜250万円」、鉄筋コンクリート造は「およそ200〜300万円」と言われています。

ただし、ガレージの構造次第で大きく左右しますので、あくまでも費用の目安としてくださいね。

ガレージに収納する車の台数が増えると?

これまでの費用相場は全て車1台分でご紹介してきました。

しかし、ご家庭で車を複数台所有していることもありますね。

その場合、台数が増えるにつれて2倍、3倍と費用も高くなります。

既製品のガレージを設置することと仮定して、車複数台では以下のような費用相場になります。

・1台用の既製品ガレージ…約90〜120万円

・2台用の既製品ガレージ…約160〜220万円

・3台用の既製品ガレージ…約250〜270万円

ただし、この費用相場もガレージの構造によって大きく変わりますのであくまで参考程度にしてください。

ガレージの種類と費用について知りたい方は、「ガレージリフォームのポイントと費用|車庫増築や拡張の事例を紹介!掘り込み車庫も」も参考にしてください。

ガレージリフォームの事例

ここからは、実際にガレージリフォームをされた方の事例をご紹介します。

車購入を機にガレージを追加しました。

車購入を機にガレージを追加しました。

こちらのお客様は、車を買い換える機会がありそれと同時にガレージを新設して欲しいとのことでリフォームされました。

こちらのガレージは既製品を使用し設置しています。

広々とした駐車場でしたが、ガレージが設置されたことで防犯性の高い車庫となりました。

詳細な写真や見積もりなどは「車購入を機にガレージを追加しました。」からご覧ください。

ガレージの後付けやリフォームに悩んだら

今回は、ガレージとカーポートの違いや、後付けする費用などについて詳しくご説明しました。

車を大切にし、確実に守りたいのなら、ガレージを設置することがオススメです。

また、設置を依頼する場所ですが、リフォーム会社をオススメします。

リフォーム会社では、プランニングソフトや見積もりソフトなどを駆使し、お客様に分かりやすい方法でリフォームのご提案をしているからです。

工務店を含めた他の業者も、もちろんプロですので高い技術でリフォームしてくれるかもしれません。

しかし、お客様にプランを深く理解してもらい、リフォームを進めることができるのはリフォーム会社だと言えます。

数あるリフォーム会社から優良な会社を選ぶには、複数社の見積もりを比較する必要があります。

そこで「ホームプロ」をご活用ください。

ホームプロでは、最大8社までリフォーム会社をご紹介して無料で見積もりを比較できます。

ホームプロで、複数社のリフォーム会社を比較検討する方は、以下のお申し込みフォームからぜひお気軽にご登録ください。

このページのポイント

ガレージの設置費用はどれくらい?
木造の新築車庫の場合、車1台分(3m×6m)で100〜150万円が目安です。鉄骨造の場合の費用相場は150〜250万円、鉄筋コンクリート造は200〜300万円と言われています。ガレージに収納する車の台数や構造によって金額は変わります。
(詳しくはこちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

駐車場・ガレージのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ