1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 駐車場・ガレージのリフォーム
  4. 駐車場・ガレージリフォームの基礎知識
  5. 自転車置き場を簡単にDIY!サイクルポートの設置リフォームを解説

自転車置き場を簡単にDIY!サイクルポートの設置リフォームを解説

  • 最終更新日:2019-08-26

自転車置き場を簡単にDIY!サイクルポートの設置リフォームを解説

自転車置き場を自分で作りたい!という方のためにサイクルポートのDIY方法をご紹介します。サイクルポートを設置するメリットやリフォーム事例なども解説してるので、自転車置き場の設置を検討されている方はぜひご覧ください。

自転車を雨風や盗難から守ってくれるサイクルポートを設置したい、そのような方のためにサイクルポートの種類やリフォーム事例などをご紹介します。

また、自分でサイクルポートをつくりたい、という方のために簡単なDIY方法も紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

サイクルポートとは

マンションや集合住宅には駐輪場がありますが、戸建ての場合は自転車置き場を設ける必要があります。

自転車置き場スペースにはサイクルポートの設置をおすすめします。

サイクルポートは屋根がついているため、雨や雪から自転車を守ってくれます。

サイクルポートには多くの種類があり、お住まいの地域の環境や駐輪スペースの広さを考慮して適切なタイプを選ぶと良いでしょう。

サイクルポートの種類

ガレージタイプ

お住まいの地域が台風や強風が多い地域の場合は、サイクルガレージをおすすめします。

サイクルポートは屋根がついているため雨や雪がしのげますが、サイクルガレージは自転車向けの車庫であるため、台風や強風からも自転車を守ることができます。

ただ、サイクルガレージは小屋のようになっているため自転車の出し入れが面倒というデメリットがあります。

自転車を毎日使うという方には少々不便かもしれません。

ハウスタイプ

ハウスタイプの駐輪場も自転車を雨風から守る役割を十分に果たします。

ガレージタイプは物置のような頑丈なつくりになっていますが、サイクルハウスは自転車の周りを高耐久シートで被うつくりになっています。

サイクルガレージほど大きな見た目ではないため、気軽に設置することができます。

組み立ても簡単な商品が多いため設置しやすく、ハウスの入口はマジックテープやファスナー仕様のものが主流で、自転車の出し入れも面倒ではなさそうです。

スタンドタイプ

パイプをL字型に組み立てたタイプで、最も簡単に設置可能なサイクルポートです。

屋根がついているため、雨や雪から自転車をまもることが可能です。

また、積雪地帯にお住まいの方には雪に強いタイプのサイクルポートがおすすめです。

このようにお住まいの地域の環境に合わせたタイプのサイクルポートがあるため、リフォーム会社のような知識を持つ人に相談してみるべきでしょう。

サイクルポートを設置するメリット

台風や盗難から自転車を守る

雨風や鳥のフンから自転車を守る

サイクルポートを設置する最大のメリットは「自転車を安全に保管できる」というところにあります。

例えば雨の翌日に自転車に乗ろうとしてサドルが濡れていた、という経験はありませんか?

他にも、知らないうちに自転車に鳥のフンがついていた、自転車のカゴにゴミや落ち葉が溜まっていた、など自転車にまつわる困った経験は多くの方がお持ちでしょう。

そのような被害から自転車を守るのがサイクルポートです。

屋根がついているため雨や雪、鳥のフンやゴミなどから自転車を守ることができます。

また、積雪仕様や強風仕様などのサイクルポートもあるため、環境に合わせたタイプを選ぶと良いでしょう。

盗難から自転車を守る

さらに、サイクルポートを設置することで自転車の盗難対策にも役立ちます。

サイクルポートに人が近づくと電気がついたり、監視カメラを設置できたりと様々な対策を講じることが可能ですので、まずはリフォーム会社に相談してみることをおすすめします。

自転車を安全に乗り降りできる

自転車を安全に乗り降りすることができるのもサイクルポートを設置するメリットの一つです。

例えば夜遅くに自転車で帰ってきたときでも、サイクルポートにライトを設置しておけば安全に乗り降りできます。

他にもサイクルポートにミラーを設置しておけば、道路に車がいるかどうかを確認しやすくなり、自転車と車の事故も防ぐことができます。

このように、サイクルポートには様々な機能を追加することが可能であるため、特にお子様のいるご家庭には設置をおすすめします。

初心者でも簡単?自転車置き場を自分でDIYする方法

屋根付きのサイクルポートは自分で作ることができます。ホームセンターで帰る道具や材料で自転車置き場をDIYする方法をご紹介します。

自転車置き場をつくる手順

基礎作り

自転車置き場を設置する場所を決めて土台作りをします。

基礎石が半分以上埋まる穴を掘り、すべて埋めてから水平にならし、コンクリートで固めます。タイルを敷いても良いでしょう。

支柱づくり

サイクルポートの市中にはアルミパイプがおすすめです。

頑丈で雨風にも強いというメリットがあるからです。

アルミパイプどうしはコネクタと呼ばれる部品で連結できます。

六角レンチでボルトを締めるだけで簡単に連結できるため、DIY初心者の方でも安心して使用できます。

屋根づくり

屋根には波板を使用します。雨水が流れるように少し傾斜をつけて設置すると良いでしょう。

屋根の下地パイプの上に波板を載せて直接スクリュービスで打ち込むことで固定します。

自転車置き場を自分でDIYする際の注意点

日当たりや横風にも注意した設計をする

自転車置き場を作る際は、日当たりを考慮する必要があります。自転車はあまり日光に当たりすぎると傷んでしまう場合もあるため、日除けとなる屋根を設置すると良いでしょう。

また、横風や横からの雨を防ぐためのフェンスも取り付けることもおすすめします。フェンスも設置するとなるとより多くの資材が必要となり費用もかさみます。

盗難防止の工夫も施す

自転車盗難防止のための機能も付けておくと良いでしょう。

例えばライトや防犯カメラなどを設置しておくと、いざというときに役に立ちます。

ライトや防犯カメラはホームセンターにも売っているため気軽に取り付けることが可能ですよ。

サイクルポート設置をリフォーム会社に依頼するメリット

しっかりした基礎工事

頑丈なサイクルポートを作るには、プロによる基礎工事が重要です。

自分でDIYする場合も、基礎工事はとても面倒でコンクリートで地面を固めて安定させなければなりません。

そのような作業はDIY初心者には難しく、雑に済ませてしまうことになってしまいます。

そうなると耐久性の低いサイクルポートが出来上がってしまい、風や雨の影響で破損してしまうのです。

やはり頑丈で長期間使用可能なサイクルポートを設置したい場合は、リフォームのプロであるリフォーム会社に依頼することをおすすめします。

家に合ったデザインを提案してくれる

リフォーム会社は実際にご自宅の様子を見て、お家の雰囲気にあったデザインのサイクルポートを提案してくれます。 何台の自転車を置くのか、どのくらいの広さを駐輪スペースに使用できるのか、など具体的な状況を考慮してくれるため、安心して任せることができます。

サイクルポート設置リフォーム事例

マンションにサイクルポートを設置

マンションに駐輪場を増やしたいというご要望にお応えして、サイクルポートを設置しました。

入口から近く、また間口は大きくなだらかなスロープとなり、安全面、使いやすさともにアップしました。

✔費用:2,150万円

✔工期:3カ月以上

詳しい事例はこちら:外回り 雰囲気変えてみました!好評です

庭を広く使えるよう工夫してサイクルポートを設置

玄関の近くにサイクルポートを設置し、雨の日でも自転車を乗り降りするときに濡れなく、夏場の暑い日に、シートが熱すぎてすぐに座れない等の不便さを解消しました。

玄関の入口近くの三角のスペースを利用し、なるべくお庭を広く使えるようにサイクルポートの大きさ、設置位置、向きをご提案しました。

✔費用:78万円

✔工期:1週間

詳しい事例はこちら:新築エクステリア工事

すりガラス調のサイクルポートで目隠し効果も

玄関脇にサイクルポートを新設しました。

雨天時の雨よけになり、簡易的な収納スペースとしても活用できます。

パネルはすりガラス調のものを採用したので、目隠しにもなります。

✔費用:32万円

✔工期:1日

詳しい事例はこちら:サイクルポート新設工事

まとめ

いかがでしたか?

サイクルポートは自分でDIYすることもできますが、資材やDIY道具の他にもライトや防犯カメラなども付けるとなるとリフォーム会社に依頼するよりも費用も手間もかかってしまうケースも考えられます。

ご希望の予算内でサイクルポートを設置したい場合は、まずはリフォーム会社に相談してみましょう。

優良なリフォーム会社探しにおすすめなのがホームプロです。

無料かつ匿名で、ご希望の条件を入力するだけで優良なリフォーム会社をご紹介します。 まずはお気軽にお問い合わせください。

このページのポイント

サイクルポートとは?
サイクルポートは屋根がついているため、雨や雪、また盗難などから自転車を守ってくれると人気があります。自転車向け車庫のガレージタイプやハウスタイプ、最も簡単に設置できるスタンドタイプなどがあります。
(詳しくはこちら
サイクルポートをDIYするには?
ホームセンターで売っているものでサイクルポート(自転車置き)を設置する方法があります。まずは土台となる基礎作り、その後アルミパイプなどで支柱を設置し、屋根を設置すればできます。
(詳しくはこちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

駐車場・ガレージのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ