1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 駐車場・ガレージのリフォーム
  4. 駐車場・ガレージリフォームの基礎知識
  5. ガレージリフォームとDIYの方法を解説。趣味やリビング空間に

ガレージリフォームとDIYの方法を解説。趣味やリビング空間に

  • 最終更新日:2019-03-23

ガレージリフォームとDIYの方法を解説。趣味やリビング空間に

車やバイク置き場であるガレージは住宅よりもリフォームの自由度が高い箇所。単なる駐車場としてだけでなく、趣味を楽しむ空間としてガレージを楽しむ人も増えています。今回は、ガレージのリフォームとリフォーム時の注意点、DIYでのガレージリフォーム方法などをまとめました。ガレージの設置やリフォームを検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

ガレージとは

一口にガレージと言っても、人によってイメージが異なるかもしれません。

一般的なガレージの定義を解説します。

屋根、壁、シャッターなどで構成された空間

ガレージとは本来は車庫のことで、車を風雨から守るための空間です。屋根、壁、シャッターなどで構成され、防犯性が高く、車やバイクの車庫として使用する以外にも趣味用の部屋として使ったり、リビングのように使用したりといったことも可能です。

ガレージの種類と特徴 

ガレージの種類にはどんなものがあるのでしょうか。種類によっての特徴も一緒に見ていきましょう。

独立型ガレージ

独立型ガレージは、住宅の敷地内に別の建物として設けたガレージのことを指します。住宅と離れていることで車やバイクの出し入れの際の音や、シャッターの開閉音などが気になりにくいメリットがあります。

ビルトインガレージ

ビルトインガレージとは、住宅と一体型のガレージのことです。「ガレージを設置したいが敷地が狭い」といった場合にも、ビルトインガレージならガレージを所有できます。

・リフォームの費用目安

住宅の1階をリフォームしてビルトインガレージを設置するためのリフォーム費用はおよそ200万円~。広さや内装をどこまでこだわるかによって費用が異なります。

ガレージハウス

ガレージハウスとは、自宅を建設する際に設置する住宅と一体となった建物のことです。ビルトインガレージより費用を抑えやすくなります。

DIYのガレージリフォームでできること

DIYのガレージリフォームなら、住宅の広さや求めるサイズに合わせたガレージを作ることができます。部分的に好みを反映したリフォームを行っても良いですね。ここでは、ガレージのDIYリフォームでできる施工を具体的に紹介します。

ガレージを自分で作る

ガレージを作るのは住宅を建てるのと同じくらい大変と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。ガレージをDIYしたい人のためのキットも販売されていますので、イチからDIYで作ることも夢ではないのです。

機能、デザイン性の向上

もともとガレージがあるなら、機能性やデザイン性を向上させるリフォームをDIYで行ってみましょう。

機能性・デザイン性を高めるDIYリフォームには、断熱性を高める、棚や収納を自作する、バイクや車をディスプレイとして目立たせる内装にするなどがあります。

照明で雰囲気を変える

照明を変更することでガレージ内の雰囲気を大幅に変えることができます。蛍光灯の明かりよりも間接照明を複数使い、暖色系の明かりを使用することでおしゃれな雰囲気になります。

壁の内・外装の色を変更する

ガレージの内装・外装は住宅よりも自由に変えることができます。住まいとして考えたときには快適性や落ち着ける空間を第一に考える人が多くなりますが、ガレージでは派手なカラーや模様、絵などを使って冒険してみても良いのではないでしょうか。

既存のガレージを趣味の部屋に改装する

ガレージが何でできているかによって断熱性や通気性が異なりますので、快適な空間にできるとは一概には言えません。しかし、趣味に没頭できるスペースを確保できることは何にも代えがたい喜びと感じる人は少なくないでしょう。車やバイクのメンテナンスを行う以外にも、自転車をチューニングしたり、釣り道具を並べてルアー作りの場所にしたりと自由な空間として使うことができます。

ラウンジ風にソファーをおく

ラウンジ風にソファーやテーブルを置き、ガレージをくつろぎのスペースとすることも可能です。車やバイク好きの人にとって、愛車を眺めながらリラックスタイムを過ごすのは至福の時間となるでしょう。

ガレージリフォームの注意点

魅力の多いガレージリフォームですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

建物とみなされるので建ぺい率に注意。増築許可が下りないことも。

建ぺい率は大まかに言うと敷地に対しての建物の広さ上限の規定で、自治体によって異なります。ガレージは建物としてみなされるため、住宅と合わせて規定の建ぺい率をオーバーしてしまう場合には増築許可が下りないことがあるため注意しましょう。

固定資産税がかかる。土地への定着性、外気遮断性、用途性。

独立型ガレージの場合、固定資産税がかかることを頭に入れておきましょう。独立型ガレージは基礎工事をしたうえで木造軸組工法・木造壁組工法、鉄筋コンクリート造、鉄骨造のいずれかで造ることがほとんどです。

固定資産税は土地・家屋・償却資産に対してかかるため、ガレージを家屋と見なされれば固定資産税がかかります。家屋として見なされるには下記の3つのポイントが判断材料となります。

  • ・土地への定着性=基礎工事を行っているか
  • ・外気遮断性=外と室内を分ける壁と屋根を設置しているか
  • ・用途性=住宅・店舗など目的のための建物であるか

一般的なガレージはこの3つすべてが当てはまるため、ガレージ分の固定資産税は「かかる」と考えておきましょう。カーポートのように屋根だけを設置する場合には条件を満たさないため、固定資産税はかかりません。

防犯対策

特に独立型ガレージの場合、防犯対策は万全に行ってください。住まいからの目が届きにくく、無人の時間が多くなる独立型ガレージは侵入者にとっては好都合となってしまいます。

サイズ確認

ガレージのサイズは車の進入方向や出し入れのしやすさを考慮したうえで、充分なゆとりをもって決定しましょう。業者に依頼すればガレージを建ててから車が入らないことはまずありませんが、出し入れがしにくいと感じる可能性はあります。

車の出入りによる騒音

車やバイクが出入りするとき、ガレージの材質によっては音が大きく響くことがあります。また、シャッターの開閉音にも注意しましょう。騒音は自宅に住む家族だけでなく近所迷惑にもなることもありますので、スムーズに出入りできるよう電動式のシャッターにするなどの工夫が必要です。

排気装置

車やバイクが出入りするなら、どんなガレージでも排気対策・装置は必要となります。工業用の換気扇を複数設置することがおすすめです。また、住宅と一体化したガレージではガレージの空気が住宅部分にも流れ込むこともありますので、排気対策は念入りに行いましょう。

大がかりなものは自作が難しい

DIYでイチから作る場合には独立型ガレージのみが可能です。ビルトインガレージは住宅にも手を加えるため、安全性の面でプロの業者に施工をまかせることをおすすめします。リフォームでも、2階を増築するといった大掛かりものはDIYでは難しい施工です。

DIYによるガレージリフォームの施工事例

独立型ガレージを趣味のスペースとしてリフォームする事例

本来の用途を考えると当然ですが、ガレージは断熱が充分ではありません。部屋として快適な状態にするには業者に依頼して断熱リフォームを行いましょう。水道設備やトイレの設置もDIYでは厳しいでしょう。

部屋として過ごせる環境を整えてからDIYリフォームを行うとすると、以下のようなリフォームが可能です。

  • ・壁紙を張り替える
  • ・床材の変更
  • ・飾り棚、収納の設置
  • ・小あがりを設置するなど

まとめ

ご自宅にガレージがあるなら、ただ車やバイクを駐車しておくスペースにしておくのはもったいないことです。リフォームで空間をワンランク上質なものとしてはいかがでしょうか。

また、車両が減ったりなくなったりしたときには物置となりやすいのがガレージです。

今回ご紹介したガレージのリフォーム方法を参考に、有効に使うことを検討してみてください。

このページのポイント

ガレージの種類とは?
住宅の敷地内に別の建物として設けたガレージを「独立型ガレージ」、住宅と一体型のガレージのことを「ビルトインガレージ」、自宅を建設する際に設置する住宅と一体となった建物のことを「ガレージハウス」といい、大きく3種類のタイプがあります。
(詳しくはこちら
DIYのガレージリフォームでできることとは?
照明で雰囲気を変えること、壁の内・外装の色を変更すること、ソファーなどの家具を置いてくつろぎ空間にする、断熱性を高める、棚や収納を自作するなど機能、デザイン性の向上させるなどがDIYリフォームでできるでしょう。
(詳しくはこちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

駐車場・ガレージのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ