1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外壁塗装・外壁工事のリフォーム
  4. 外壁リフォームの基礎知識
  5. 外壁塗装の助成金とは? もらうための条件と方法を解説

外壁塗装の助成金とは? もらうための条件と方法を解説

  • 最終更新日:2021-01-25

外壁塗装の助成金とは? もらうための条件と方法を解説

外壁塗装などのリフォーム工事をする際、大きな費用が発生しますが、自治体によっては助成金を受け取れることもあります。自治体から助成金が出れば、お得にリフォーム工事を行えるでしょう。

そこで、今回は外壁塗装の助成金について紹介します。実際に助成金が出た事例なども紹介するので参考にしてみてください。

目次

1.外壁塗装の助成金(補助金)とは?

外壁塗装

自宅のリフォームで『外壁塗装』の工事を実施するときは、自治体から助成金を受け取れる場合があります。ここからは、外壁塗装の助成金がどのようなものなのか紹介します。

1-1.自治体から支払われる助成金(補助金)の一種

リフォームで外壁塗装の工事を行うとき、特定の条件を満たすことで助成金を受け取れます。これは各自治体が、環境に配慮した省エネ住宅・省エネリフォームを推奨しているからです。

外壁塗装の工事は100万円近い費用がかかることもあるので、リフォーム費用を抑えるためにも、助成金について知っておくのがおすすめです。

1-2.全国どこでも制度を利用できるわけではない

外壁塗装工事の助成金を受け取れれば、お得に自宅をリフォームできます。ただし、全国どこでも助成金の制度を利用できるわけではありません。自治体によっては助成金の制度自体がないこともあります。

また、助成金を受け取る条件など制度の内容も自治体によって大きく異なるので、申請する前に確認することも大切です。

1-3.助成金(補助金)の返済は不要

この外壁塗装工事の助成金(補助金)は、返済が不要の制度であり、工事が終了した後に支払われることが多いです。条件を満たせば助成金が支払われますが、審査が厳しめとなっています。

審査が厳しい分、他の助成金よりも比較的高額なのも特徴です。

2.外壁塗装の助成金(補助金)の一例を紹介

外壁塗装

外壁塗装の助成金にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、各自治体で実施している助成金の事例を紹介します。

2-1.東京都品川区:「エコ&バリアフリー住宅改修」

東京都品川区では、外壁の遮熱性塗装などのリフォーム工事(エコ&バリアフリー住宅改修)の費用の10%の補助金が出ます。区民の場合は上限金額20万円、マンション管理組合・賃貸住宅個人オーナーの場合は上限が100万円です。

2-2.東京都目黒区:「住宅リフォーム資金助成」

東京都目黒区では、「住宅リフォーム資金助成」という制度があり、リフォーム工事費用の一部を助成する助成金を受け取れます。一般リフォーム工事だけでなく、アスベスト除去工事やバリアフリーリフォーム工事なども該当し、金額は工事費用の10%です。

塗装を含む屋根・外壁などの工事であり、20万円(税抜き)以上の工事費用が発生することが、主な申請条件になります。

2-3.東京都渋谷区:「住宅簡易改修工事費助成」

東京都渋谷区では、「住宅簡易改修工事費助成」という助成金制度があります。住宅の簡易改修工事を行う場合の工事費の一部を補助してくれます。消費税を除く工事費用が5万円以上かつ、塗装を含む屋根・外壁などの工事であり、費用の20%を助成金が支給されます。

他の自治体よりも支払われる金額の割合は大きいですが、限度額は10万円です。

2-4.千葉県我孫子市:「住宅リフォーム補助金制度」

千葉県我孫子市では、「住宅リフォーム補助金制度」があります。この制度では、屋根や外壁の修繕・張替・塗替など20万円(税込み)以上のリフォーム工事をする場合、工事費の20%を補助してくれます。

上限額は40万円ですが、子育て世代・単身者世帯の場合の上限額は50万円になります。

2-5.大阪府摂津市:「住宅リフォーム補助金」

大阪府摂津市では、「住宅リフォーム補助金」という制度があります。この制度では10万円以上の屋根、外壁のリフォーム工事を行う場合、工事費用の2分の1までの補助が出ます。上限金額は25万円までであり、お得にリフォーム工事を行えます。

3.外壁塗装の助成金(補助金)をもらうための条件とは?

外壁塗装

ここまで紹介した通り、お得な外壁塗装の助成金を受け取るためにはさまざまな条件を満たす必要があります。自治体によって満たすべき要件は変わるので、ここからは東京都品川区の「エコ&バリアフリー住宅改修」を参考に解説します。

3-1.制度を利用できる基本的な条件

制度を利用できる基本的な条件は以下の通りです。

  1. 1:この制度を初めて利用すること

    一回限り有効で、複数回の利用はできません。

  2. 2: 予約申込時点で着工前であり、令和3年2月26日(金)までに助成申請書類を提出できること

    書類提出にも期限があるため、問題なく申請できるように段取りをつけておく必要があります。

  3. 3: 区内施工業者に発注して行う工事であること

    頼める業者は品川区の会社だけとなります。

  4. 4: 助成対象工事費用(消費税抜き)の総額が10万円以上であること

    消費税抜きで10万円以上の工事でなければ助成金が下りません。

  5. 5: 助成対象工事について他の助成制度を利用していないこと

    他の助成制度などを利用していると、エコ&バリアフリー住宅改修は利用できないので注意が必要です。

  6. 6: 建築基準法その他の関係法令に適合していること

    検査証などをチェックして、建物に法令違反がないか申請前に確かめておく必要があります。

  7. 7: 建築確認が必要な工事の場合は、原則として品川区建築課で取得すること

    建築確認が必要になった場合は、品川区に依頼します。

3-2.申請者に対する条件

助成金を申請するときは、申請者に対する条件もあります。助成金の申請を行う前に、自分が条件に合うかチェックすることが大切です。

  1. 1:品川区民であること。申請時点で品川区に住民票を移していない場合、助成金が交付されない可能性があります
  2. 2: 工事対象住宅(区内)の世帯主であり、現に居住していること。 または、改修後に居住し、世帯主となること
  3. 3: 前年所得(所得税法に規定する前年の合計所得金額)が1200万円以下であること
  4. 4: 住民税を滞納していないこと
  5. 5: 工事対象住宅が賃借の場合は対象工事について所有者から承諾を得ていること

3-3.対象となる工事

リフォーム工事に関する助成金は、全ての工事が対象になるわけではありません。対象となる工事かどうかをチェックすることも大切です。品川区の制度の対象になる工事は以下の通りです。

・エコ住宅改修:遮熱性塗装・日射調整フィルム設置・断熱化など、環境に配慮した工事

・バリアフリー住宅改修:手すり設置・段差解消・廊下や出入口の拡張など、バリアフリーに配慮した工事

・その他の工事:屋根の軽量化・外壁耐火パネル設置・防犯ガラスや扉等の設置など、耐震性を高めるための工事(上記の工事と同時に行う工事も助成の対象となります)

4.外壁塗装の助成金(補助金)の手続きの流れは?

外壁塗装

滞りなく助成金を申請するためにも、手続きの流れを把握しておきましょう。先程に続いて、品川区の制度を参考に手続きの流れを紹介します。

4-1.①助成金の条件をチェックしてクリアしていることを確認する

まずは、先程紹介した申請の基本的な条件・申請者の条件・対象の工事などの諸条件をクリアしているか確認しましょう。特にリフォーム会社の選定、建物に建築違反がないかをチェックすることが大切です。

4-2.②工事着手届の提出

自治体によっては提出する書類が複数あり、期限内に提出しなければなりません。品川区の場合は前もって工事着手届を提出する必要があります。またこの工事着手届は、工事着手日まで1ヶ月以上期間が空く場合は受理されないので注意してください。

他にも、リフォーム会社が作成した見積書や工事予定箇所を確認できる日付入りの写真が求められます。

4-3.③工事を行う

工事が始まったら、現場に搬入した資材の型番の写真撮影や工事中の写真撮影を行います。

4-4.④助成申請書の提出

リフォーム工事が終了した後に助成申請書を提出します。

4-5.⑤助成金を受け取る

助成金の申請を行い、審査に通れば助成金を受け取ることができます。

5.外壁をリフォームする費用相場

外壁塗装費用

外壁をリフォームする費用は工事内容によって変わりますが、70〜400万円ほどになります。主な費用の相場は以下の通りです。

・外壁を塗り替える:約75~160万円

・外壁を窯業系サイディング張りにする:約260~370万円

・外壁をカバー工法で金属サイディング張りにする:約230~270万円

ただし、使用する素材や施工内容によって費用は変わるので注意しましょう。

6.助成金を利用して外壁をリフォームした事例を紹介

最後に、助成金を利用して外壁塗装のリフォーム工事をした事例を紹介します。

6-1.【東京都葛飾区】遮熱塗料の塗装で助成金を利用したリフォーム

リフォーム事例

こちらは、お客さまの「区の助成金を利用したい」という要望に応えたリフォーム事例です。外壁には遮熱塗料が使用されており、夏場の省エネ・節電の効果が高く助成金の対象になりました。もともとは色が褪せていましたが、鮮やかな色に仕上がっています。

6-2.【東京都北区】外壁と屋根の塗装で助成金を利用したリフォーム

リフォーム事例

こちらは、外壁と屋根の塗装で助成金を利用したリフォーム事例です。外壁と屋根の配色のバランスを整えることにより、新築のような仕上がりになっています。10年色あせないダイヤモンドコートのクリアーコーティングの効果がありますが、助成金が出ているのでお得にリフォームできています。

6-3.【静岡県伊東市】サイディングの張替えで助成金を利用したリフォーム

リフォーム事例

こちらは、サイディングの張替えで助成金を利用したリフォーム事例です。金属サイディングの一部が劣化し穴が空いていることで、部屋の一部で漏水が発生していました。今回は伊東市のリフォーム助成金を使用し、限度額満額を利用してお得にリフォームできています。

6-4.【兵庫県神戸市】耐震工事と耐力壁の施工で助成金を利用したリフォーム

リフォーム事例

こちらは、耐震工事と耐力壁の施工で助成金を利用したリフォーム事例です。築30年以上ということもあり、耐震性能に不安があったため助成金を使い補強することで、安心感を持てる仕上がりになっています。

7.助成金を上手く利用して過ごしやすい家にリフォームしよう!

今回は外壁塗装工事の助成金について紹介してきました。リフォームする際に自治体の助成金を利用することで、負担を減らしてリフォームできます。予算に余裕ができることでリフォームの選択肢は増えるでしょう。

まずはお住いの地域の自治体に助成金の制度があるか確認してみるのがおすすめです。

助成金についてもう少し詳しく知りたい方や、近くにリフォーム会社がないなど、どこにリフォームの相談をすればよいかわからない方はホームプロのご利用が便利です。全国約1,200社の優良会社が加盟しており、匿名でのお見積もりも可能です。地域に対応できるリフォーム会社を選択できますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

▼外壁塗装・外壁工事リフォームの費用(戸建て・マンション)

https://www.homepro.jp/hiyou/gaiheki/kodate.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ