1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 防犯リフォーム
  4. 窓・ガラスの防犯 基礎知識
  5. 窓まわりの防犯リフォームは防犯ガラスへの交換が効果的

窓まわりの防犯リフォームは防犯ガラスへの交換が効果的

  • 最終更新日:2015-10-02

窓まわりの防犯リフォームは防犯ガラスへの交換が効果的

窓ガラスの防犯対策のリフォームは、ガラスの間に特殊フィルムが挟まれている、防犯ガラスへの交換が有効です。または防犯ガラスよりは効果が劣りますが窓ガラスにガラスフィルムを貼ることでも、防犯効果があります。防犯ガラスに交換したうえで、シャッターを取り付けると防犯効果が高まります。

簡単にガラス破りさせない!防犯ガラスへのリフォーム

簡単にガラス破りさせない!防犯ガラスへのリフォーム

空き巣の被害の中でも、ガラスの破りによる侵入は多くを占めています。警備会社のホームセキュリティシステムを導入していても、侵入者に簡単に窓ガラスを割られてしまっては、警備員が到着する頃には空き巣の被害に遭っているかもしれません。

窓の防犯対策では、簡単にガラスを割られて侵入されないようにすることがポイントです。網入りガラスは防犯の効果があると思われがちですが、防火性能を高めることを目的としたガラスで、一般的なフロートガラスと強度はほとんど変わりません。防犯ガラスは、ガラスとガラスの間に特殊な樹脂膜を挟んだものです。防犯ガラスはフィルムまでを容易に割ることができないため、ドライバーやバールで簡単に割られてしまうのを防ぐ効果があります。ただし、防火地域や準防火地域では建築基準法によって、網入りタイプの防犯ガラスにする必要があります。

DIY用もある!窓のフィルムで手軽に防犯リフォーム

DIY用もある!窓のフィルムで手軽に防犯リフォーム

防犯ガラスの交換に比べて効果は劣るものの、コスト面で手軽にリフォームできるのは、窓ガラスへのフィルムの施工です。フィルムが貼られた窓ガラスは、何もしていない状態よりも侵入が困難です。また、フィルムを貼ることで、ガラスが割れても飛び散らなくなりますので、お子さんのいる家庭などで不用意に割ってしまった時にも安心です。窓ガラス用のフィルムには、UVカット機能のあるものもあります。

ホームセンターやインターネットの通販サイトなどで、DIY用のガラスフィルムも販売されていますので、自分で貼ることも可能です。

防犯ガラスとシャッターの併用したリフォームで安心

防犯ガラスとシャッターの併用したリフォームで安心

防犯ガラスは、ガラスを割られたときの防御策とはなりますが、できればガラスを侵入者に割られることは避けたいものです。シャッターを取り付けて、夜間や長期の外出時に閉めておくと、ガラス割りによる侵入自体を防ぐことができます。また、日中の在宅時の備えとして防犯ガラスにしておくことで、容易には割られない安心感が得られます。

窓の防犯リフォームでは、防犯ガラスへの交換とシャッターの設置を併用し、万全の対策をとることがおすすめです。

窓の防犯リフォームは、防犯対策に長けたリフォーム会社に依頼したいものです。ホームプロを利用すれば、予算などに合ったリフォーム会社8までの紹介を受けられます。見積もりを比較して依頼先を決めることができますので、ぜひ利用してみましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ