1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. 風呂(浴室・お風呂)リフォームの基礎知識
  5. ジェットバス(ジャグジー)とは?ジェットバスにリフォームする前に知っておきたい4つのこと

ジェットバス(ジャグジー)とは?ジェットバスにリフォームする前に知っておきたい4つのこと

  • 最終更新日:2021-01-25

ジェットバス(ジャグジー)とは?ジェットバスにリフォームする前に知っておきたい4つのこと

マイホームの憩いの場所といえば「お風呂」。そのお風呂をさらにグレードアップして「ジェットバス(ジャグジー)」を設置すると、身体の疲れがより一層取れるようになるでしょう。

そこで、これからジェットバス付きの家にリフォームしたいと思っている方へ、ジェットバスの基礎からリフォーム事例など、リフォームする前に知っておきたいポイントを紹介します。

1.ジャグジーとは?ジェットバスとの違いは?

ジェットバス

そもそもジャグジーとはどのようなものなのでしょうか。

ジャグジーとは、浴槽の側面、底面に気泡発生装置がついたお風呂のことで、ジェットバスとも呼ばれています。実は、「ジャグジー」という名称は、アメリカの企業「Jacuzzi」社の登録商標です。

そのため、Jacuzzi社以外の噴流式泡風呂は「ジェットバス」や「ワールプールバス」などと呼ばれるのが一般的です。ジェットバスとは気泡を発生させるお風呂のこと全般を指し、ワールプールバスは泡がうずまき状に出るジェットバスのことです。

2.ジェットバス(ジャグジー)の4つのタイプを解説

ジェットバス

ジェットバス(ジャグジー)を設置するときは、まずジェットバスのタイプを知ることが大切です。4種類のジェットバスについて、それぞれ紹介します。

2-1. 取り付け式は工事が不要

ジェットバスを設置するときに、最も手軽なタイプは「取り付け式」です。このタイプは吸盤などを浴槽内に取り付ける機械で、充電式とコード式の2種類があります。

浴槽内に設置するだけなので、工事は必要なく費用もそこまでかからないので手軽にジェットバスを楽しめます。ただし、一定の方向にしか泡が出ない点や、本格的なジェットバスと比較するとパワー不足が気になってしまうことがあるでしょう。

2-2. マット式はお風呂全体に気泡が出現

マット式のジェットバスは浴槽の底に敷くタイプで、浴槽の底全体から泡が出ます。取り付け式と比べると浴槽全体を気泡で満たすことができます。

注意点は浴槽の幅をチェックしてサイズが合うものを選ぶ必要があることです。手軽に取り付けられ、気泡のボリュームも多いので比較的バランスが良いタイプと言えるでしょう。

2-3. 組み立て式は屋外でも使用可能

組み立て式は自宅の浴槽に使うのではなく、庭などの屋外にジェットバスを設置できるタイプです。サイズはさまざまなので、ベランダなどで使えるものもあり、ある程度のスペースがあれば外でも気軽に本格的なジェットバスを楽しめるでしょう。

これまで紹介した取り付け式やマット式と比較すると、費用は高めになりますが気泡のボリュームも多く満足感は高いです。

2-4. 設置式タイプは本格的な気泡が楽しめる

設置式は浴槽に設置するタイプのジェットバスです。ジェットバスと浴槽が一体になっているため、リフォームが必要になり4タイプの中で最も費用が高額になります。

ただし、費用が高額になる分、最も本格的な気泡やヒーリングライトを楽しめるなど、充実した機能が備わっています。

3.設置式ジェットバス(ジャグジー)にリフォームする前に知っておきたい4つのこと

ジェットバス

設置式ジェットバス(ジャグジー)を取り入れる前に、いくつか確認しておきたいことがあります。ここからはリフォームをする前に知っておきたいことを紹介します。

3-1. 現在の浴槽のタイプによっては費用が高額になる

設置式ジェットバスはリフォームが必要なので工事費用がかかりますが、その費用は現在の浴槽のタイプによって異なります。

例えば、現在が在来工法のタイル張りなどの浴槽の場合、工場での大量生産されるパーツを組み立てるだけのユニットバスよりも現地での施工の手間もかかる工事になりやすいので費用が高額になります。予算を少しでも抑えるためにも、複数のリフォーム会社にお見積もりを依頼するのがおすすめです。

3-2. 定期的な掃除やお手入れが必要

ジェットバスは噴気口・取水口・吸込口などを定期的に掃除する必要があります。通常の浴槽掃除に加えて、掃除する箇所が増えるので手間がかかるでしょう。

噴気口・取水口・吸込口は週1回を目安に、配管は月に1回程度を目安に掃除する必要があります。手軽に手入れをするためにも、風呂釜洗浄剤などを利用するのがおすすめです。

3-3. 音や振動がトラブルにつながることも

ジェットバスが気泡を発生させるときに、音や振動が発生します。特に深夜など周囲の人が寝静まったときにジェットバスを使うと、音や振動が他の部屋に伝わり、近隣トラブルになる可能性もあります。

マンションなどの集合住宅でリフォームを行いたいときは、音の静かなタイプを選ぶと良いでしょう。

3-4. 使用できない入浴剤がある

ジェットバスでは専用の入浴剤を使うことで、気軽に泡風呂を楽しむことができます。ただし、全ての入浴剤が使えるわけではなく、利用できないものもあるので注意しましょう。

入浴剤を使用するときは、ジェットバスの説明書、入浴剤の注意事項をよく読んで使用する必要があります。

4.設置式ジェットバス(ジャグジー)にリフォームする費用相場

浴室

設置式ジェットバス(ジャグジー)のリフォームに必要な費用は、70〜270万円ほどになります。基本的にはユニットバス本体が50~100万円ほどかかり、ジェットバスを設置する場合はオプション費用で15~30万円程度かかります。

主な費用の相場は以下の通りです。

・FRP製浴槽:約80~130万円

・人工大理石製浴槽:約70~250万円

・鋳物ホーロー製浴槽:約110~150万円

・ヒノキ製浴槽:約240~270万円

5.設置式ジェットバス(ジャグジー)にリフォームした事例を紹介

ジェットバス

ここからは、設置式ジェットバス(ジャグジー)にリフォームした事例をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

5-1.肩湯もできるジェットバスにリフォーム

リフォーム事例

こちらはより一層リラックスできるジェットバスにリフォームした事例です。このジェットバスには肩湯機能を搭載しています。また、間接照明で落ち着く空間を演出できます。

浴室全体をシックな色合いにし、ベンチカウンターもあるので長くゆっくりとバスタイムを楽しめるようになっています。

5-2.間取りを広げてゆったりくつろげるジェットバスへ

リフォーム事例

こちらは浴室の間取りを変えてジェットバスにすることで、くつろげる環境にリフォームした事例です。もともとは正方形に近い浴室だったため、脚を伸ばすことができませんでした。

そこで、浴室の間取りを広げて長方形の浴槽にすることで、脚を伸ばしつつジェットバスの気泡でリラックスできる空間に仕上がっています。

5-3.広々とした湯船にジェットバス機能を追加したリフォーム

リフォーム事例

こちらは老朽化した浴室を全て解体し、新しいユニットバスを設置した事例です。広々とした浴槽になり、さらにジェットバス機能を追加しているので、より一層リラックスできる空間に仕上がりました。小さいお子様と一緒にバスタイムを楽しめるとして好評のリフォームした事例です。

5-4.マンションのサンルームにジェットバスを設置

リフォーム事例

こちらは太陽光が得られるように冬でも暖かいサンルームにジェットバスを設置した事例です。外が明るい時間帯にお風呂に入れば気持ちいいでしょう。

壁面は鏡張りになっており、外からの視線をカットするだけでなく空間を広く見せる効果もあります。広々とした空間とジェットバスにより開放感を味わえるでしょう。

5-5.ジェットバスとテレビを設置したバスルームへ

リフォーム事例

こちらは浴室にジェットバスとテレビを設置したリフォーム事例です。浴室全体をブラック系のシックな色合いにし高級感があるバスルームに仕上がっています。

ジェットバスを使いながらテレビを見ることもできるので、よりリラックスできるでしょう。ジェットバスにするときは、浴室全体をスタイリッシュにし、テレビなどのオプションをつけることでさらに贅沢感がでます。

6. ジェットバス(ジャグジー)でリラックスタイムをより快適に!

ジェットバス

今回はジェットバス(ジャグジー)にリフォームするための事例などについて紹介してきました。ジェットバスにすることでワンランク上のバスタイムを実現できるでしょう。リフォームの事例を参考にすれば、自分に合ったバスルームへリフォームしやすくなります。

近くにリフォーム会社がないなど、どこにリフォームの相談をすればよいかわからない方はホームプロのご利用が便利です。全国約1,200社の優良会社が加盟しており、匿名でのお見積もりも可能です。地域に対応できるリフォーム会社を選択できますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

▼ジャグジーのオプションも含めたユニットバスリフォームの費用(戸建て・マンション)

https://www.homepro.jp/hiyou/bath/kodate.html

https://www.homepro.jp/hiyou/bath/mansion.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ