1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 増築・改築リフォーム
  4. 増築・改築リフォームの基礎知識
  5. 「ちょっと増築」で開放感あふれるリビングに。2畳分で広々

「ちょっと増築」で開放感あふれるリビングに。2畳分で広々

「ちょっと増築」で開放感あふれるリビングに。2畳分で広々

縁側のリフォーム・増築について、ご紹介します。縁側を設置するのは簡単に思えますが、結局のところ、家の増築にあたるので、大きなリフォームです。6畳分増築している例も多く、和室縁側の増築は大々的な作業になります。縁側のある家の魅力、サンルームやテラスを増築・リフォームする場合との比較もご紹介します。

縁側とは、家の建物の縁部分に、張り出して設けられた板敷き状の通路のことです。 古き良き日本家屋では、よく見られるものです。一度は目にしたことがあると思います。

縁側とは

近年の建築の西欧化と共に、日本家屋特有の縁側は、見ることが少なくなってきました。

しかし、最近、縁側が再び見直され、密かなブームとなっています。

和モダンと呼ばれる建築様式では、現代の住宅に合う縁側が、登場しています。

縁側のある家の魅力

内と外をつなぐ空間になる

縁側の魅力は、内と外を繋ぐ空間となることです。

家の外に行かなくても、日光や風などを通じて、四季を感じることができます。

気軽なコミュニケーションの場になる

近隣の方や子どもたちの気軽なコミュニケーションの場となることも縁側の魅力です。

開放的な雰囲気を作ることができます。

日本の気候に合っている

日本家屋特有の縁側は、日本の気候に対応していることも魅力です。

縁側の軒を長く取ることで、日陰部分を作り、夏は直射日光を遮り、風を通して涼しく、冬は太陽の位置が低くなることで、縁側から室内へ光を通しやすくなり、暖かくなります。

エアコンを使用するのではなく、縁側の特性を活かすことで、省エネ効果も期待され、冷暖房費の節約を見込めます。

縁側設置の種類について

縁側は形態によって、大きく2つに分類できます。

濡れ縁

濡れ縁は、屋外に設置された、雨風にさらされるタイプの縁側のことです。

ウッドデッキと似ていますが、縁側は、ウッドデッキに比べ出幅が短く、ベンチ感覚で使用します。

また、持ち運びができる独立タイプがあることも特徴の一つで、後付けしやすい縁側です。

軒下に濡れ縁を設置すれば、全面的な直射日光や雨風を防げるため、ウッドデッキより傷みにくくなります。

くれ縁

くれ縁は、雨戸などの内側にある縁側のことです。

外側の戸を開け閉めすることで、雨風関係なく使用することができます。

外側の戸を全開にした際は、濡れ縁と同様、日の光や、風を感じられます。

また、雨戸をガラス戸にすることで、雨の日でも外の景色を楽しむことができます。

サンルーム・テラスとは違う?

サンルームと縁側の違い

サンルームは、くれ縁と同様、家の内の一部です。

しかし、くれ縁とは違い、日光をふんだんに取り入れるために作られた、家からせり出したガラス張りの一室を指します。

縁側は、先述したように、通路を指すため、その点でサンルームとは大きく異なります。

サンルームは、リラックス空間としてはもちろん、雨天時に洗濯物を干す部屋としても活用されます。

テラスと縁側の違い

テラスは、家屋の1階部分から外に張り出した部分を指し、屋根があるタイプや、枠や柵があるタイプなど、いろんなタイプがあります。

一見、濡れ縁と似ているようですが、テラスは、一般的に一室分の出幅があります。

また、直接、濡れ縁に腰掛ける縁側に対し、テラスは、テラスの上にテーブルやイスを設置します。

テラスでは、食事をしたり、子どもとスペースを気にせず遊んだりすることが可能です。

サンルーム・テラスと、縁側の最大の違いは、出幅の広さで、この違いより、使用用途も少々異なります。

縁側を増築する際に注意すべき点

増築のために十分なスペースがあるかどうか

建物の構造により、工事内容は変わりますが、一戸建てや平屋の場合、屋根の延長と縁側の増築が必要です。

また、マンションの場合、リフォームは不可能ですが、部屋の間取りを変更することで、縁側風廊下の設置は可能です。

このように、縁側の増築をする際には、増築のために十分なスペースがあることや、既存の生活空間が圧迫されないことが前提条件になります。

地域の法律・建築基準法など

地域の法律を調べておくことも必要です。

屋根を延長することで、延べ床面積が増えたと捉えられる場合があり、確認申請が必要になったり、固定資産税が上がったりすることがあります。

それぞれの縁側の増築やリフォーム工事の費用相場

縁側を増設、または、改築する際の費用はどの程度なのでしょうか。

建物の構造や、増築・改築する面積、住宅の構造で、価格は大きく異なります。

自宅の増築・改築費用を知りたい場合は、積極的に見積もりを依頼しましょう。

新設する場合の費用相場・価格

基本的に縁側を新設する際は、濡れ縁を設置することが多く、屋根幅にゆとりがある場合は、屋根付きの縁側にすることができます。

屋根なしの濡れ縁を設置するだけの場合は、20万円ほどから可能です。

部屋の外側部分に、窓と壁がついた縁側を増築した場合は、100万円ほどかかります。

リフォームする場合の費用相場・価格

部屋の一部を改築して縁側を作る際は、100万円以上かかります。

既存の部屋の解体費と、縁側を新設する費用がかかるからです。

しかし、ご自宅の状況により大きく変動するため、見積もりをご利用ください。

リビングの増築と同時に行う事例多数

縁側の増築は、リビングの増築などと同時に行う例が多数あります。

子どもとのコミュニケーションや思い出づくりを考えたときに、一緒に検討する層が多いのでしょう。

2畳分増築するだけで広い印象に変身した事例を紹介

「子どもをのびのび遊ばせたい」「大勢のお客様をもてなしたい」「大画面テレビをゴロンと横になって観たい」など、広いリビングにしたいと考えている人は多いです。

しかし、大規模な増築・改築は敷地の問題や確認申請が必要など、何かと大変です。

そんな時、リビングを「ちょっと増築」するだけで、比較的簡単にリビングを広げることができます。

例えばリビングの庭側の壁を解体して2畳分広げ、窓を大きくとって採光を確保。 これだけで随分広く感じるから不思議です。

また、増築部分はサンルームや縁側にしても良いですね。

サンルームは日向ぼっこができるほか、物干し場や、子どもの遊び場、ペットの居場所など、多目的に使えます。

庭にスペースの余裕があればウッドデッキを設置してもいいでしょう。

自然と一体化したアウトドアリビングができあがります。

サンルームやウッドデッキを作る場合は、リビングと床の高さを同じにしておくと内と外の一体感ができ、バリアフリーにもつながります。

増築に合わせて耐震補強や断熱材の施工も

増築する際には、住まいの耐震性を診断し、必要があれば補強も行っておきましょう。

柱や壁を撤去するケースもあるので、専門家とよく相談してください。

また、広くすると冷暖房効果が低くなるので、天井裏や床下、壁などに断熱材が必要になる場合もあります。

また増築する際には、既存部分との外観を統一したいところです。

ただ、外壁すべてを変更する予算の都合がつかない場合には、外周全体にアクセントタイルを貼るなど、デザイン上の工夫をして美観を損なわないように計画しましょう。

関連記事リビングの成功ノウハウを見る

ホームプロでリフォームを検討

縁側の増築やリビングの増築なら、リフォーム会社を選ぶ必要があります。

そこで、おすすめなのがホームプロです。

ホームプロでは、登録後、リフォーム会社を無料で比較検討することが可能です。

見積もりを依頼したり、クチコミや評判を見たりしながら、多くのリフォーム会社を簡単に比較することができます。

自分ひとりでリフォーム会社の資料を集め、比較検討するのは、なかなか難しいものです。

「自宅に居ながら、簡単にリフォーム会社を比較したい」 「納得の一社を、なるべく多くのリフォーム会社の中から選びたい」 という方には非常におすすめです。

ホームプロを使って、簡単にリフォーム会社を比較しましょう。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ