1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. トイレのリフォーム
  4. トイレリフォームの基礎知識
  5. トイレをリフォームするタイミングを実例を元に解説

トイレをリフォームするタイミングを実例を元に解説

  • 最終更新日:2020-07-17

トイレをリフォームするタイミングを実例を元に解説

トイレの調子が悪くリフォームしたいけど、今のタイミングで工事してよいのだろうか?
まわりはどれくらいの期間でリフォームしているのだろうか?

 

と疑問に思ってこのページにあなたは辿りついたのではないでしょうか?

 

トイレは短期間で工事が終わることがほとんどで、近所でリフォームをしてたとしても、気が付かず何がきっかけで交換したのかまわりに聞く機会がないので、タイミングに悩むのは仕方ないことなのです。

 

そうは言っても、適切なタイミングを把握しておきたいですよね?

このページでは、目安としてどれくらいトイレが持つのか、実際にリフォームした人達は何がきっかけで工事に踏み切ったのかを解説します。
読み終わったら、あなたも適切なタイミングでトイレのリフォームをする知識がつきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トイレの交換時期は10年~15年が一般的

トイレは基本的に陶器製のため、ヒビ割れさえなければ何十年でも利用できるものです。

しかし、陶器部分以外のパッキンや配管等の部材は10年ほどで経年劣化します。
また、一般的になっている温水洗浄便座は5年~10年で故障等が多くなるため、そのタイミングでリフォームをする人が多いのも事実です。

トイレをリフォームしたきっかけ

具体的にどのような症状が出たのでリフォームを検討し始めたのでしょうか?
この項目では、代表的な例を解説していきます。

トイレのひび割れ

上記でも解説しましたが、トイレは陶器製のため、ヒビ割れさえなければ長い間使うことは可能です。
しかし、ヒビが入ってしまうと、その部分からどんどんと大きくなっていく可能性もありますし、水漏れの原因となるケースもあります。

そのため、ヒビ割れがきっかけでリフォームを検討する方が多くいるのです。

家のリフォームと同時

これは非常に多いパターンですが、例えばお風呂をリフォームするので、一緒にトイレも工事してしまうというパターンです。

特に最初にリフォームをする場合は、同じくらいの年数を使っているので、トイレもそろそろリフォーム時では?と思い、一緒に工事するということが多いです。
また、リフォーム会社に見積もりを取ると、トイレも一緒にやるなら費用はがんばります!という話が出て、実際に価格的にメリットもありリフォームするケースもあるのです。

介護が必要なとき

同居家族の介護が必要、もしくは自分の年齢的にバリアフリーにしておきたいというきっかけもあります。

年を取ると、段差を乗り越えるのが厳しくなったり、車いすを使うことになれば、既存のトイレのスペースだと使い難いということも起こります。
また、車いすを使うほどではない状況でも、足腰が弱り、手すりがあったほうが便座に座りやすいので増設するというケースもあるのです。

トイレのつまり

トイレがよくつまるというのも、リフォームするきっかけになります。

つまりやすくなるケースは

  • ・タンクの不具合
  • ・排水溝がつまっている

というパターンが多いです。

タンクは年数が経過すると、タンクから便座に水を流す箇所ついているフロートバルブという蓋がうまく閉まらないという状況が起こります。
これは、フロートバルブ下についているパッキンが経年劣化で隙間ができてしまい、水が勝手に少量流れていってしまいます。
その状態で水を流すと、タンク内に規定の水量が入っていないため、流す水の量が少なくなり、つまるという状況になるのです。

また、長年使い続けていると、排水溝が詰まるという可能性もあります。
こちらに関しては、タンクの水が適用流れているのに、しょっちゅうつまるなら、疑うべき症状です。

トイレから悪臭

長年トイレを使っていると、便座の裏や便器の掃除し難いところの汚れが落としきれず、悪臭が発生してしまいます。
ほかにあるケースとしては、尿はねで壁や床にアンモニア臭がついてしまい臭いが発生するケースもあります。

また、トイレは便器に水たまりが常にあるという特徴があります。
そのため、カビが繁殖し臭いが出るという可能性も考えられるのです。

便器の裏側や壁紙などに黒いカビを見つけたら要注意です。

いまよりもトイレを便利にしたい

特にトイレに不具合がなくても、昔のトイレで一回流すごとに水量が気になったり、温水便座式のトイレに変更したいという欲求からリフォームをする場合もあります。

実際、最新型のトイレは流す際の水量が節約でき、年間で水道代が万単位で削減できる場合もあるので、リフォームするきっかけになりますし、寒い冬に冷たい便座に座るのが嫌なので、温水洗浄便座に変えるついでにトイレ全体をリフォームするというケースもあります。

トイレをリフォームするきっかけは、上記で解説したものが多くなります。
あなたもここまで解説した変えるきっかけとなる出来事が起こっているならトイレのリフォームを検討してもよいと思います。

ホームプロでは、ほかにもトイレのリフォームに役立つ情報を発信していますので、ぜひ以下のリンクから必要な情報を見ていってくださいね。

関連ページ:トイレのリフォーム

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ