1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 築20年以上のリフォーム
  4. 築20年以上(30年以上・40年以上)のリフォームの基礎知識
  5. 車椅子生活に適した床材とは?

車椅子生活に適した床材とは?

車椅子生活に適した床材とは?

ホームプロに寄せられた「バリアフリー」に関するリフォーム相談の中から、『車椅子生活に適した床材とは?』の質問と回答をご紹介します。
足の悪い母のため、将来の車椅子生活も考慮して、床をフラットにして、床材も畳からフローリングにかえたいのですが、床材は何が最適ですか?

将来の車椅子対応も考えて、フローリングへと床材の変更希望ですね。車椅子はタイヤがついているので、床材は表面硬度が特に必要でもありません。

特に気にしておかれたらと思われるのは、やはり加齢が進むと足を引きずるような歩き方になります。夏は素足でも、冬は少し厚目の靴下等をはきますので、滑りにくくそれでいて、引っかからない材料が良いと思います。

ちなみに、フローリングではないのですが、コルク仕上げをお勧めいたします。

コルクはフローリングに比べて、少しやわらかく、断熱性能もあります。転んだ時にも柔らかい分クッション性があり、断熱性から足冷えにも効果的と思います。

(2003.11.05)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ