1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 自然素材リフォーム
  4. 自然素材リフォームの基礎知識
  5. 木の選び方とお手入れ方法、針葉樹編

木の選び方とお手入れ方法、針葉樹編

木の選び方とお手入れ方法、針葉樹編

木材コーディネーター木原さんのコラム。針葉樹の中からリフォームにもよく使われるスギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツ、ツガ、ヒバについてそれぞれの特徴をご紹介します。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

木材の適材適所~針葉樹編~

「適した材を適した所に使う」よく知られた四字熟語ですが、実は木材用語だったということをご存知でしたか? 何百種類とある木材のうち、建築にもよく使われる木をその樹種ごとに特徴をご紹介します。

スギ

スギ施工例

柱・梁(オビ赤杉)、床(相生杉)

日本で最もポピュラーな木の一つ。全国各地で植林され、いちばん身近で手に入りやすい材と言えます。家具材、船材、土木用材をはじめ、建築の中でも足場板から屋根材、柱材、下地材、床の間まで、あらゆる部位に使用されます。呼吸率が高く、調湿効果の高い木です。また、木の暖かみやさらりとした感触が安らぎを与えます。“暖かい”、“寝転んでも痛くない”、など床材としても魅力的ですが、柔らかい材のため少し厚めのもの(30mm程度)を用いるとよいでしょう。

ヒノキ

ヒノキ施工例

床・腰壁

日本人に最も馴染みのある木であり、その白い木肌が好まれます。加工性がよく、土台や柱など構造材をはじめ、建築全般に良材として使用されています。水に強いという特性から、浴槽や浴室にもよく使われます。すがすがしい香りと相まって、水廻りの清潔感を保ちます。ただし、水廻りでは、赤身材での使用をお薦めします。(※赤身…丸太の芯の赤い部分 ⇔白太…丸太の縁の白い部分)

アカマツ

アカマツ施工例

地松とも言われ、構造材(梁材)としてよく使われてきましたが、近年はベイマツに押され、ほとんど赤松の梁を見ることがなくなりました。また、マツクイムシという寄生虫の被害により、良質のアカマツが減少していることも一因です。現在は東北地方(岩手)が主な産地となっています。床材に使用すると堅い冬目と柔らかい夏目のバランスが良く、裸足で歩くのに適した材と言えます。(※冬目…冬に成長する年輪の濃い部分のこと。※夏目…夏に成長する年輪の薄い部分のこと)

カラマツ

カラマツ施工例

床・腰壁

漢字で書くと「落葉松」。針葉樹でありながら、秋になると黄色く色づいて落葉します。信州の小諸地区が原産で、東北や北海道も産地として有名ですが、関西以西では馴染みがないかもしれません。水に強く、適度に堅いという特長を持っていますが、ねじれ・暴れが強いため、従来は土木用杭としての用途しかありませんでした。最近では乾燥の技術が進み、外壁材だけでなく内装材(床材)としても使われるようになりましたが、ヤニや狂いの問題は、個々の工場のレベルにより様々です。価格だけでなく、生産工程(含水率や養生期間等)にも気を配る必要があります。

ツガ

ツガ施工例

木偏に母と書いて「栂」。学名もツガと言い、日本原産の木です。四国の中でも、剣山ほか1200m以上の高地に自生する天然の栂は、緻密で美しい木目をしており、古来より高級材として珍重されてきました。薄桃色の木肌は見る者を引きつけて離しません。平均樹齢が400年と高齢のため、節もありますが全体に少なめです。針葉樹の中では堅い木です。輸入材の「ベイツガ」は、名前は似ていますが全く異なった性質を持つ木です。

ヒバ

ヒバ施工例

浴室

天然林の青森ヒバが有名ですが、供給量は植林の能登ヒバの方が安定しています。能登ではヒバのことを“アテの木”と呼び、桧よりも高級材として和室の造作や柱、外壁として使われてきました。ヒノキチオールという精油分を多く含み、殺菌抗菌作用に優れているため、水廻りへの使用に適しています。また、土台やデッキなどにも使われます。独特の良い香りと柔らかな足ざわりが楽しめます。

針葉樹は、油気が強く、香りの良い木が多いです。また柔らかな感触が楽しめるのが特長です。次回広葉樹編もお楽しみに。

著者紹介

木原 巌

木原 巌(有)木童 所長・木材コーディネーター

木童という会社を、たった一人で立ち上げたのが1994年。それまで木材塗料販売会社の営業マンだった僕が、長野県のとある製材所で感銘を受けたことがきっかけでした。日本にはこんなにも素晴らしい技術、木材がある。これをもっと世の中に伝えていきたい…。でも、当初は「こんな節だらけの材は使えない」と、どこの建築事務所や工務店を回ってもまったく売れなかったのです。ある日、六甲山の上で、もう行くところがないな、と思いながら妻が作ってくれた弁当を食べていると、涙がぽろぽろ出てきました。そしてその時、僕の中で何かがぱちんと弾けたのです。俺は氷点下20度の場所で、一生懸命この木材を作っている男がいるということを言わなあかんかったんや。その日を境に、僕のしゃべりは、セールストークから“想いを伝える会話”へと変わった気がします。木童が軌道に乗りはじめたのもそれからです。そして、志を同じくするスタッフにも恵まれた今、僕らの心の糧は、住まい手に喜んでいただくこと、ただひとつです。僕らの想いと、住み手の想いが木の香りのなかで共鳴するとき、心の底から満足できる本物の家ができあがる。僕はこれからも、そう信じています。

自然素材リフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ