1. 適材適所の木の選び方とお手入れ方法(2)木材の適材適所~広葉樹編~

適材適所の木の選び方とお手入れ方法(2)木材の適材適所~広葉樹編~

木材コーディネーター木原さんのコラム。広葉樹のナラ、カバ、クリ、イタヤカエデ、チーク、カリンについてそれぞれの特徴をご紹介します。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

木材の適材適所 ~広葉樹編~

広葉樹は、杉などの針葉樹のように計画的に植林をして育てているところは少なく、多くが天然林、もしくは雑木林の中から出てくる丸太を製材します。堅くしっかりした材が多く、特に家具用材として馴染みのある木が多いと言えます。

ナラ

ナラ施工例

広葉樹の代表格とも言うべき木です。特に北海道産のナラは、西洋のオーク材と並ぶ高級材として世界に通用するブランドです。重厚で非常に堅く、椅子や土足の生活の床に適します。家具用材としての板も豊富です。また、その木目の美しさから化粧合板の表面材としても多用されています。

カバ

カバ施工例

建築の世界では「マカバ」「ウダイカンバ」を総称してカバと呼んでいます。ナラの特長を男性的と表現するならば、カバの魅力は優しく柔らかい女性的な表情と言えますが、材質はナラ材に匹敵する堅さを持っています。赤身と白太部分の色差がはっきりと出ますが、時間とともに徐々にわからなくなってきます。

「カバザクラ」や「サクラ」という名前で流通している木の中には、このカバ材である場合も多々あります。「カバザクラ」は高級材であるサクラに名前を借りた造語であり、本来の「サクラ」材は原木が揃わないために、流通量が減っているのが現状です。

クリ

クリ施工例

ヤマグリは伐採後の再生も早く、古来より食用・建築用材として利用されてきました。北海道西南部から九州まで広く分布していますが、特に岩手や福島など東北地方に原木が豊富にあります。タンニンという防虫防腐の効果のある樹脂分を多く含むため、腐りにくいという性質を持ち、家の土台や外部用材、枕木、坑木などとして使われてきました。国鉄の枕木としては、唯一薬剤の注入無しに使える材として認知されていましたし、電信柱として使われていたのもクリ材です。現在では内装材としての使用も増え、広葉樹のわりに「堅すぎず」、「冷たすぎない」ところが人気です。

イタヤカエデ

イタヤカエデ施工例

(イタヤカエデ)[床はナラ材]

粘りが強く、曲げ木などにも適するため、家具材、楽器材としての用途も多く、建築の中では特に床材として使われます。白く柔らかな雰囲気に相対して、スキー板やボーリング場のレーンなどにも使われる硬い木ですので、土足の床にも適していると言えます。縮み杢や鳥眼杢などの美しい木目が現れる物もあり、工芸材料としても珍重されています。

チーク

チーク施工例

タイ・ビルマ・インドネシアなどが主な産地として有名ですが、元はインド地方が一大産地でした。現在では自然保護のため伐採禁止になっている所も多く、良材の輸入・入手が困難になってきつつあります。

製材した直後は褪せたような色の木肌ですが、年月を経ると、いわゆる「チーク色」と言われる深みのある落ち着いた色合いになってきます。太く大きく育つ木なので、幅広の1枚板が掘り出し物として出てくることもあります。

カリン

カリン施工例

タイ・ビルマなどが主な産地で、「ナーラ」「パドウク」など地域により様々な呼び方があります。また、果物のカリンとはまったく異なる植物です。重くて堅い性質の割に加工がしやすいという特長があるものの、乾燥が不十分だと狂いが出やすいという欠点があるため、用途に合わせた材の選び方が重要です。建築用材としては床板・壁板が一般的ですが、床柱などは銘木として扱われるものもあります。茶に赤を混ぜたような独特の色合いと美しい木目が特徴的です。

広葉樹の節の部分は硬く、加工が困難なのであまり使われません。一見無節の製品が多いのはそのためです。長い材が揃いにくく、短い物を接着して床材に仕上げているフィンガージョイント材は、広葉樹のフローリングの特徴です。

次回は木材の流通について。日本の山の現状を解説します。お楽しみに。

著者紹介

木原 巌

木原 巌(有)木童 所長・木材コーディネーター

木童という会社を、たった一人で立ち上げたのが1994年。それまで木材塗料販売会社の営業マンだった僕が、長野県のとある製材所で感銘を受けたことがきっかけでした。日本にはこんなにも素晴らしい技術、木材がある。これをもっと世の中に伝えていきたい…。でも、当初は「こんな節だらけの材は使えない」と、どこの建築事務所や工務店を回ってもまったく売れなかったのです。ある日、六甲山の上で、もう行くところがないな、と思いながら妻が作ってくれた弁当を食べていると、涙がぽろぽろ出てきました。そしてその時、僕の中で何かがぱちんと弾けたのです。俺は氷点下20度の場所で、一生懸命この木材を作っている男がいるということを言わなあかんかったんや。その日を境に、僕のしゃべりは、セールストークから"想いを伝える会話"へと変わった気がします。木童が軌道に乗りはじめたのもそれからです。そして、志を同じくするスタッフにも恵まれた今、僕らの心の糧は、住まい手に喜んでいただくこと、ただひとつです。僕らの想いと、住み手の想いが木の香りのなかで共鳴するとき、心の底から満足できる本物の家ができあがる。僕はこれからも、そう信じています。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ