1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 内装のリフォーム
  4. 内装(床・壁・ドアなど)リフォームの基礎知識
  5. 防音室とは?防音の基礎知識や費用相場まで徹底解説!

防音室とは?防音の基礎知識や費用相場まで徹底解説!

  • 最終更新日:2021-12-23

防音室とは?防音の基礎知識や費用相場まで徹底解説!

「楽器の演奏を練習したいけど、音で近所に迷惑を掛けないか心配」「映画を見る時、つい音を控えめにしがちだけど、本当はもっと臨場感が欲しい」などとお悩みではないでしょうか。

音はご近所トラブルに繋がりやすいため、「気にしすぎ」と言われるほど意識しても、やはり気になってしまう方も多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが、音漏れを防ぎ、楽器演奏や映画鑑賞、歌やゲームを思い切り楽しめる防音室です。

今回は防音室について、基本的な知識から実際に設置する場合の費用相場まで、施工事例とともに詳しくご紹介していきます。

1.防音室とは?どんなときに使う部屋?

「防音室って、聞いたことはあるけど機能はよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。実際に、防音室がどのような目的で設置されるのか、順に見ていきましょう。

1-1.ピアノやギターなどの楽器演奏や歌の練習に使う

ピアノやギター、ドラムなどの楽器演奏や、歌の練習をしたいときに、外に音を漏らさないために使用します。

電子バイオリンや電子ピアノなど、比較的音が小さい楽器や音量が調整できる楽器なら、簡易式の防音でも十分に有効です。しかし、集合住宅や住宅密集地で、グランドピアノやドラムなど振動も発生する楽器を演奏したい場合は、本格的な防音室を作るのがベストですよ。

1-2.ホームシアターを作って映画や音楽鑑賞、ゲームなどを楽しむときに使う

音量や音質にこだわりたいホームシアターにも、防音室が適しています。防音室は音が外に漏れるのを防ぐだけでなく、外から入ってくる音を減らす効果もあるんです。

生活音など周囲の音を低減できるので、映画鑑賞やゲームに集中したい場合など、より深い没入感が楽しめますよ。

映画にせよ、ゲームにせよ、大音量にすると音による振動も発生するため、考慮して施工する必要があります。

1-3.テレワークや動画配信のスペースとして使う

テレワークをリビングなどの共有スペースで行うと、生活空間と共有になるため集中できなかったり、テレビ会議に家族の声が入ってしまったりと、不都合が多くなりがちです。

そこで、防音室を作って仕事場にすることで、生活空間との切り分けも可能となり、より仕事に集中できる環境でテレワークがはかどります。

また、防音室を使用することで雑音が入りにくくなり、クリアな音声で撮影ができるので、動画配信をしている方にもおすすめですよ。

2.防音室のタイプにはどんなものがある?

防音室は、設置方法によって大きく3つのタイプに分類できます。設置したい場所や目的にあわせて、防音室のタイプを選ぶのがおすすめですよ。

2-1.簡易タイプ

ブースタイプやテントタイプなどの、簡易的な防音室です。比較的安価で、組み立てのみで設置できるものが多く、マンションなどの狭いスペースにも設置可能です。

簡易タイプは遮音性がさほど高くないため、完全防音にはならないものが多く、防音室自体のスペースが狭いのもデメリットです。

2-2.定型(ユニット)タイプ

広いリビングなどにおすすめなのが、定型(ユニット)タイプです。一人での立奏に適した0.8畳程度の小型のものから、グランドピアノを設置して複数人で使用できる4~5畳くらいのものまで、幅広いサイズがあります。

楽器メーカーとして有名なヤマハやカワイなどから発売されていて、防音機能は本格的なので、安心して演奏が楽しめますよ。

2-3.自由設計タイプ

部屋自体をまるごと防音室にしたいと考えているのであれば、自由設計タイプがおすすめです。

防音機能だけでなく、音響なども好みのものにすることができるので、映画やゲームの音を臨場感溢れる立体音響で楽しめる鑑賞室を作ることも可能ですよ。

3.防音についての基礎知識

防音室を作るには、防音や音の大きさ、伝わり方などの基礎的な知識が不可欠です。防音室を選ぶ時に参考となる数値などを見ていきましょう。

3-1.防音室の工事は壁・天井・床のすべての面に行う

音は波になって空気中を伝わって広がるため、効果の高い防音室を作るには、壁・天井・床に加え、壁に面するドアや窓にも施工が必要になります。

一ヵ所でも防音性が低いと、そこから室内の音が外へ漏れ出したり、逆に外の音が入ってきてしまいます。

3-2.音に関する単位や数値

音の大きさは「dB(デシベル)」で表します。ドラムの音は、ジェット機のエンジン音に匹敵する約120dBといわれており、音としてはかなり大きい部類に入ることがわかりますね。

空気中を伝わってくる音(dB)に対する遮音性能は「D値」で表します。例えば、「D-40」の遮音性能の壁で、隣の部屋のピアノ演奏音が100dBの場合、壁を通して伝わるピアノの音は60dBになるわけです。

「D値」は数値が大きいほど性能が高くなるため、遮音性能が高い防音室を設置したい場合は、「D値」に注目するとよいでしょう。

床の遮音性能は「L値」で表します。この「L値」は、例えば上の階に住んでいる方の足音や生活音などに対する遮音性能を示しています。「L値」は小さいほど性能が高くなります。

窓のサッシの遮音性能は「T値」で表します。これは外からの騒音に対するサッシの遮音性能を示す数値で、T1~T4まで等級があり、数値が高いほど性能が高くなります。

室内騒音の大きさは「N値/NC値」で表します。数値が小さいほど室内が静かな状態を示し、演奏や映画鑑賞などをはじめると数値が大きくなります。

4.防音室施工のポイントは?

防音室を施工する際のポイントとしては、遮音のための素材と吸音のための素材を使いながら音響のコントロールと2つのバランスを考えることがなによりも大切です。

音を通さない「遮音」と、室内の音を吸収する「吸音」をあわせて、ほどよく音の響きをコントロールすることで、バランスのよい音が楽しめる防音室が作れますよ。

外への音漏れや、外音を気にして「遮音」だけを考えてしまうと、室内の音の響きが大きくなりすぎ、部屋の中がうるさくなってしまいます。そこで、防音室の用途に合わせた吸音素材を配置することで、目的に最適な防音室になります。

遮音素材と吸音素材のバランスは、施工経験の豊富なリフォーム会社に相談し、目的に適した部屋作りをするのがおすすめです。

5.防音室は自作できる?

防音室の自作は不可能ではないものの、防音に対する深い知識、かつDIYの経験も豊富で、工具が揃っていることなどが求められます。

自分で防音室を作るにあたっては、部屋に遮音材や吸音材などを貼り付ける、全面的に素材を入れ替えてリフォームするなどの方法があり、本格的な防音を施すには、設計図の作成から着手しなくてはならないためです。

防音素材の購入と運搬も自力で行うことになりますが、材料が大きく搬入が大変なことや、素材に対する知識や多数の工具が必要なので、「ちょっとした家具を作ったり壁紙の張り替えをしたことがある」程度の技術では対応が難しいでしょう。

また、部屋に遮音材や吸音材を貼り付けるだけなら比較的手軽ですが、防音室の使用目的によって適した材料が異なるため、目的をしっかり検討し、材料などを見極めて購入することが重要になってきます。

知識や技術が足りないと、せっかく作っても防音性や機密性が担保できなくなってしまうので、スケルトンから部屋を作れるようなDIY上級者以外にはおすすめできません。

6. マンションや賃貸住宅でも防音室は設置できる?

マンションなどの集合住宅では、管理規約などによりリフォーム内容が制限されている場合が多くあります。防音室のリフォームを検討しているなら、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。

集合住宅に防音室を設置する際に注意したい点は、防音室の重量です。本格的な防音室は300kg弱から1t程度とかなりの重量になります。建物の耐荷重や構造を考え、適切な位置に配置する必要があるため、必ず建築士などの専門家に相談してください。

簡易タイプ、定型(ユニット)タイプの防音室であれば、原状回復が必要な賃貸住宅にも設置可能なものが多くあります。

ワンタッチで壁に取り付けられる防音壁もあるので、完全な防音ではなく少し音を抑えたいケースであれば、問題なく設置できるでしょう。

7.防音室の施工費用相場

防音室の施工費用の相場は、設置するタイプや面積によって大きく異なります。また、施工に必要な期間や工事費用も変わるため、設置したい防音室にあわせて予算を考えるとよいでしょう。

7-1.簡易タイプの防音室の費用相場

簡易タイプの防音室は、購入したものをそのまま組み立てて設置するだけなので、基本的に工事費用や工期はありません

  • ・テントタイプ:10万円前後
  • ・ブースタイプ:20~70万円前後

テントタイプは防音性能が低い分、比較的安価で購入できます。ブースタイプはサイズや防音性能によって費用の幅が大きいので、必要な機能で判断しましょう。

7-2.定型(ユニット)タイプの防音室の費用相場

定型(ユニット)タイプは、組み立て式で、設置にあたり建物自体に手を加える必要がないため、早ければ1日で設置できます

  • ・0.8畳の定型タイプの防音室:45~80万円前後
  • ・2畳の定型タイプの防音室:110~170万円前後

常設のほか、防音室を使用する期間だけレンタルする方法もあります。

7-3.自由設計タイプの防音室の費用相場

自由設計の場合、部屋全体のリフォームが必要になるため、工事費用や工事期間は、施工内容によって異なります。一例として、天井・床・壁に防音マットを施工し、換気システム・防音ドアを設置した場合の費用を以下に挙げました。

  • ・6畳の楽器練習室を作る費用:220万円前後

映画の鑑賞や、動画の収録、配信など、目的によって施工内容が変わるため、事前にリフォーム会社と打ち合わせをし、しっかりと検討を重ねることが重要です。

7-4.箇所ごとの費用相場

防音工事を施す箇所によっても、費用相場が異なります。

・床の防音方法と費用相場(6畳の場合)

集合住宅に防音室を設置する場合、特に意識しなくてはならないのが床です。下に音が漏れないよう、しっかりと防音しておかないと、階下だけでなく斜め下の部屋まで音が響いてしまう事例があるためです。 

  • ・防音タイルカーペット:4万円前後
  • ・防音機能のある床に張り替える:13万円前後
  • ・防音二重床にする:19万円前後

・壁の防音方法と費用相場

壁の防音は、防音シートや吸音シートを石膏ボードや壁板の下に入れるだけでなく、換気口も防音にする必要があります。

換気口から音が漏れてしまうというケースは多々あるので、忘れずに防音仕様のものへと変えるようにしましょう。

  • ・壁の下に吸音シートや防音シートを入れる(6畳):12万円前後
  • ・換気口を防音仕様にする:5万円前後

壁全体の工事は、部屋の大きさによっては工事費用が高くなるほか、施工期間が長くなることもあります。

・窓の防音方法と費用相場

通常の窓ガラスには防音性能がないため、防音ガラスに取り替える必要があります。遮音性を向上させるには、ガラスの交換だけでなく、二重サッシにするとより効果的です。

  • ・窓ガラスを防音ガラスに取り替える(幅170×180cmくらい):7万円前後
  • ・内窓をつける(掃き出し窓1ヵ所):7~10万円前後

防音ガラスは厚さによって遮音性が異なるので、設置する部屋の位置や環境も考慮して選ぶとよいでしょう。

8.防音室の施工事例4選

防音室を実際の住居に設置した事例を見ていきましょう。防音の建材は、完全防音の用途のほか、育児中に気になる音を抑えるのにも有効なので、ぜひ参考にしてくださいね。

8-1.【49万円】和室を防音ピアノ練習室に

和室を改装し、防音室にしました。グランドピアノを設置しても十分な広さを確保できているので、ゆったりと演奏が楽しめますね。

間仕切りの引き戸は防音を兼ね、断熱窓に使用する遮音性の高いガラスを使用しました。機密性が高いため、防音仕様の換気扇で室内の空調を行っています。

事例の詳細:和室を防音ピアノ練習室に

8-2.【100万円】音楽を心置きなく楽しむための本格的な防音室

他の部屋のリフォームと同時に大きく間取りを変更し、本格的な演奏に対応する防音設計を施しました。

吸音天井材や防音建材、防音ドア、遮音ガラスを利用し、高い遮音性能を備えているので、安心して楽器の演奏を楽しめますね。

事例の詳細:本格的な防音設備で心おきなく音楽を

8-3.【134万円】楽器演奏も映画鑑賞も思いのまま

音楽を共通の趣味にしているご夫婦の新築住宅に、防音室を設けました。大音量に耐える高性能な防音室なので、音楽以外に映画やスポーツの鑑賞にも活躍しそうです。

吸音性のある有孔ボードの壁や天井、防音性能が高い窓、防音カーテンの設置など、音を抑える機能が高い設計になっています。

事例の詳細:【新築】共働き夫婦の趣味も楽しめる家(防音室)

8-4.【140万円】和から洋へ、音楽を思い切り楽しむ部屋に

和室を改装し、楽器演奏や音楽鑑賞を思い切り楽しむ趣味の部屋として、防音室を作りました。壁紙まで防音を意識した設計で、大きな音を出しても安心です。

Before:もともとはシンプルな四畳半の和室でした。押し入れがあり、あまり広い部屋ではありません。

After:押し入れを撤去して広くなった空間は、工法と防音性能の打ち合わせを重ね、シックな内装と高い防音性能を兼ね備えています。

事例の詳細:和室から洋室(防音室仕様へ)

9.防音室を導入して自由に音を出せる空間を手に入れよう!

防音室を設置することで、近隣に迷惑を掛けることなく、楽器演奏や映画鑑賞が楽しめます。自由に音を出せる空間を手に入れるため、防音室のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

目的と予算にあう防音室を実現するには、信頼できるリフォーム会社を見つけることが大切です。複数のリフォーム会社で見積もりを取り、自分たちの希望に合う施工をしてくれる会社に依頼しましょう。

複数のリフォーム会社から探すなら、ぜひホームプロに相談してください。ホームプロは、累計80万人以上が利用するリフォーム会社紹介サイト。地元の優良リフォーム会社を複数紹介してもらえます。無料で相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ