1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 内装のリフォーム
  4. 内装(床・壁・ドアなど)リフォームの基礎知識
  5. 天井材の種類と特徴

天井材の種類と特徴

天井材の種類と特徴

「天井材の種類と特徴」では、内装のリフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

内装材選びの際に、床や壁にはこだわっても、天井材にはあまりこだわらない方も多いのではないでしょうか。 普段、手でふれることがないので、あまり気にすることはないでしょうが、どんな天井材を選ぶかによって、インテリアのイメージが変わることもあります。

まずは天井材の種類について紹介します。

主な天井材の種類と特徴

湿式工法

左官仕上げ 現場で左官材料を調合して混ぜて、こて塗りする工法です。素材は漆喰やモルタル、珪藻土などがあります。
吹き付け仕上げ モルタルや、漆喰などを施工する際に水を使用する工法です。

乾式工法

壁紙(クロス) 張り天井とも呼ばれ、ビニル、紙クロスなどが使われます。
木質系 板張り天井とも呼ばれます。無垢材や化粧合板、繊維板などの素材が使われます。
無機質系 ロックウール板や石膏ボードなどがあります。ロックウールは、玄武岩、鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成される人造鉱物繊維のことです。
その他 アルミニウムやステンレスパネルなど、金属系の天井材です。無機質な素材です。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ