1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンの収納扉 リフォーム
  5. キッチンの扉を交換するだけで印象が変わる!張替え・交換について解説

キッチンの扉を交換するだけで印象が変わる!張替え・交換について解説

  • 最終更新日:2016-05-09

キッチンの扉を交換するだけで印象が変わる!張替え・交換について解説

長年使い続けているキッチン回りが古く感じることはありませんか。 使用期間の長いシステムキッチンなどは、経年劣化で色あせたり、開閉しづらくなったりなどの不具合が生じてしまいます。 ただ表面部分だけを塗り替えたりするだけでは、物足りなさを感じたり、かと言ってキッチン全体のリフォームとなると、費用感やスケールの大きい話になり手が出しにくい、などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、キッチン扉だけの張替え・交換についてご紹介・解説いたします。 キッチン扉の種類やリフォーム時の注意点、相場なども細かく見ていきますので、ぜひお悩みの方はご参考にしてください。

システムキッチンの扉交換を検討しましょう。

経年劣化による不具合を感じたら、キッチンそのものを交換リフォームしたほうがいいと考える方も多いと思います。
ですが、キッチン自体に不具合がないなら、丸ごと交換するのは少し気が引けませんか。そういう方におすすめなのがキッチン扉の交換です。
キッチン扉の印象は、キッチン全体の印象にも影響しますので、扉を交換するだけで、キッチンそのものを交換したような印象にすることも可能です。
キッチンの交換よりも比較的コストが安く、工期も短く済むキッチン扉のリフォームで、新品に近いキッチンへと印象を変えてみませんか。

主なキッチン扉材の種類・特徴

キッチン扉には、どのような種類があるのでしょうか。
交換リフォームを検討する際に役立つよう、キッチン扉の種類とそれぞれの特徴を解説します。

化粧シート(オレフィン化粧板など)

塩化ビニルなど樹脂製のシートやオレフィンシートなどを表面に張ったもの。水に強くお手入れがしやすいためキッチンに向いている素材です。
価格は安く、色柄も豊富なので、低予算で好みに合ったものを選びたい人におすすめです。

メラミン化粧板

メラミン樹脂をしみこませた紙などに、熱を加えて固めたシートを板の表面に張り付けたもの。表面が堅く傷がつきにくいだけでなく、耐水性、耐熱性もあるため、キッチンなど水まわりに適した素材だといえます。
オレフィン化粧板よりも価格は高くなる傾向があります。

塗装

ウレタン樹脂塗料を板に塗装したもの。ただ塗装するだけでなく、紫外線照射によって硬化させるUV塗装などもあります。塗膜の強度が高く、摩擦や薬品などに強い性質があります。つやのある仕上がりが美しく、高級家具に使われていることも多いです。
加工に手間がかかるため、先に紹介した2つよりも費用がかさむ傾向があります。

ステンレス

ステンレスはクロムやニッケルなどを含んだ金属で、さびにくいのが特徴の素材です。また、耐水性があって汚れに強いためお手入れしやすく、水回りに使用されることも多いです。
しかし、傷がつきやすい、化粧シートなどに比べて色のバリエーションが少なく選択肢が限られるというデメリットもあるので注意が必要です。

木製・木質系・突き板(合板・天然木など)

天然の木をキッチン扉の形に切って使用するものや、薄く削った天然木を貼り合わせて扉を形成した人工銘木などがあります。表面は、耐水性を高めるためウレタン樹脂塗装されていることがほとんどで、普段のお手入れは水拭きだけで大丈夫です。
しかし、汚れをそのままにしておくとシミがついてしまったり、硬いものをぶつけると傷やへこみができてしまったりするので注意が必要です。

ホーロー

ホーローは、鋼やアルミなどの金属板の上に、ガラス質の釉薬を塗って焼き付けた素材のこと。独特の光沢と美しい色合いが特徴で、耐水性、耐熱性に優れています。また、ゴキブリをよせつけにくいともいわれていて、キッチン扉をはじめ、浴槽や調理器具、食器などさまざまなものに用いられます。
傷つきにくい素材ですが、万が一傷ついた場合はそこから錆を生じることがあるので注意が必要です。

キッチンの扉交換における注意点

いざキッチン扉を交換しようとした際、どのような点に注意してリフォームを進めたらよいのかも気になるところではないでしょうか。
ここでは、キッチン扉の交換リフォームにおける注意点を3つ紹介します。

1枚だけの交換はできないことが多い

定番商品として、長年製造を続けられているキッチン扉もありますが、多くの場合は、何年か使用したキッチン扉の交換を考えるころには、使用中のキッチン扉の製造は終了してることがほとんどです。
そのため、「傷がついてしまった扉だけ交換したい」と思っても同じものが手に入らないことがよくあります。
また、運よく手に入ったとしても、経年劣化による色あせなどから新しい1枚だけが浮いてしまい、気になって結局、全部交換する羽目になるケースも見受けられます。

扉の質にこだわりすぎるとキッチンの交換と費用が変わらない場合も

扉の交換だけならば、キッチン全体を交換するよりも費用を安く抑えられるのが一般的です。しかし、色柄や材質にこだわりすぎたり、高級なキッチン扉を選んだりすると、交換よりも高くなってしまう場合もありますので、注意が必要です。
ちなみに、キッチン全体の交換は、システムキッチンなら50万円~、90~150cmほどの間口のミニキッチンなら30万円ほどでリフォーム可能です。

色を変えるなら床材・壁材とのバランスに注意!

「キッチン扉を交換するのであれば、せっかくなら色や素材も変えてイメージを一新しよう」と考える人もいるかもしれません。
好みの色や素材を選んだものの「全体的にちぐはぐな印象になってしまった…」ということがないよう、キッチン扉の色や素材を変える場合は、床や壁にマッチするかどうかに配慮して選ぶようにしましょう。

システムキッチンのパネル交換も検討しましょう。

毎日磨いていても、少しずつ汚れが付着して劣化していくキッチンパネル。扉の劣化のほうが目に入りやすいため、キッチン扉の交換リフォームを検討する人もいますが、キッチンパネルはあまり意識していない人もいます。
扉を交換して、新品のようになったと喜んだのもつかの間、「扉が新しくなった分、キッチンパネルの汚れが気になるようになってしまった…」ということにならないよう、扉の交換を検討する際には、キッチンパネルの交換についても一考してみてはいかがでしょうか。
キッチン全体の統一感を出すには、キッチン扉とキッチンパネルの色合いを合わせるなど、全体的なコーディネートも必要です。

システムキッチン扉の張り替え

もしも、キッチン扉が交換するほど傷んでいないという場合には、表面の張り替えを検討してみるのもおすすめです。
表面がきれいになるだけで、交換したように印象をガラッと変えることが可能です。
張り替える際は、ホームセンターなどで販売されている、キッチン扉の張り替え専用キッチンシートなど使用してみてはいかがでしょうか。キッチン扉の形に切って貼るだけなので、自分で簡単にリフォームすることができます。
比較的購入しやすい価格で、さまざまな色柄がありますので、自分の好みに合わせて選べます。

キッチン扉の交換にかかる費用の相場

キッチン扉をすべて交換した場合のリフォームにかかる費用は、一般的に10~40万円といわれています。キッチン扉の枚数や交換する扉の材質など、さまざまな要因によって費用は変わります。
ここでは、キッチン扉の交換費用を安く抑えた場合、一般的なものに交換した場合、高級感のある扉に変えた場合の3パターンに分けて、費用相場を見ていきます。

比較的安く抑えた場合

コスト重視でキッチン扉を選んだ場合の交換費用はおよそ11万円ほどで、内訳はつぎのとおりです。

  • ・キッチン扉1枚6,500円のものを12枚交換…78,000円
  • ・取付工事と既存扉の廃棄処分費用…30,000円
  • ・合計108,000円+消費税

平均的な例

一般的なキッチン扉を選んだ場合の交換費用はおよそ16~18万円で、内訳は次のとおりです。

  • ・キッチン扉1枚10,000円のものを11枚交換…110,000円
  • ・バー取っ手1個1,600円のものを11個…17,600円
  • ・取付工事と既存扉の廃棄処分費用…30,000円
  • ・合計157,600円+消費税

高級な扉を使った場合

高級なキッチン扉を選んだ場合の交換費用は50万円以上かかります。内訳は次のとおりです。

  • ・キッチン扉1枚40,000円のものを12枚交換…480,000円
  • ・レール取っ手1個300円のものを12個…3,600円
  • ・取付工事と既存扉の廃棄処分費用…30,000円
  • ・合計513,600円+消費税

まとめ

古くなったけれど、まだ使えるキッチンの印象を新しく変えるには、キッチン扉を交換するという選択肢もあります。
新品のような見た目に変えられ、キッチン全体の交換よりも安く済むことがほとんどですので、「傷や汚れが気になる」「10年以上使っている」という場合は、キッチン扉の交換を検討してみてはいかがでしょうか。

このページのポイント

キッチンの扉交換における注意点は?
何年か使用したキッチン扉の交換を考える頃に、使用中のキッチン扉の製造は終了している場合があるため、結局全部交換することになることがあります。また、扉の色や素材を変える際、既存の床や壁にマッチするかどうかも考えたほうがよいでしょう。
(詳しくは こちら
キッチン扉の交換にかかる費用はどれくらい?
コスト重視でキッチン扉を選んだ場合の交換費用はおよそ11万円ほどです。一般的なキッチン扉を選んだ場合の交換費用はおよそ16~18万円となり、高級なキッチン扉を選んだ場合の交換費用は50万円以上かかります。扉の価格が金額の違いとなります。
(詳しくは こちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

関連記事

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ