1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. キッチンパネルとは?上手に選ぶ4つのポイントを解説

キッチンパネルとは?上手に選ぶ4つのポイントを解説

  • 最終更新日:2020-09-28

キッチンパネルとは?上手に選ぶ4つのポイントを解説

キッチンの壁面がタイルだと、目地の部分が汚れやすく毎日のお掃除が大変で困っている方も多いでしょう。特にコンロの周辺は気をつけていても、汚れてしまうため、こまめにお手入れする必要があります。

 

そこでおすすめなのがキッチンパネルです。今回は、キッチンパネルの特徴・タイルとの違い・リフォームの費用相場などについて詳しくお伝えします。キッチンパネルのリフォームに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

キッチンパネルとは?

キッチンパネルとは?

キッチンパネルとは、キッチンの壁面に取り付けるパネルのことです。防火性が高いため、特にコンロ周辺に取りつけられます。

一般的には、汚れが浸透しにくく、臭いもつきにくいステンレスやアルミなどの素材がよく用いられます。調理の最中に油がはねて汚れても、簡単にふき取ることができ、機能性の高いアイテムといえるでしょう。

キッチンパネル以外でキッチンの壁面によく使用されるのが、タイルです。キッチンパネルとタイルには、どのような違いがあるのでしょうか?次で詳しくご紹介します。


キッチンパネルとタイルはどちらがいい? 特徴を比較

キッチンパネルとタイルはどちらがいい? 特徴を比較

ここでは、キッチンパネルとタイルのそれぞれの特徴をお伝えいたします。

キッチンパネルの特徴

キッチンパネルにはタイルのように目地がないので、タイルよりお手入れが楽です。キッチンの壁面は、気をつけていてもどうしても汚れてしまう場所なので、お手入れが楽なのは大きなメリットといえます。

キッチンパネルはデザインやカラーの種類が豊富で、あらゆるキッチンに合わせることができ、インテリアとのコーディネートもしやすいです。

しかし、タイルに比べるとデザイン性が劣ることも。値段はキッチンパネルの方が低価格ですので、安くてお手入れが楽なものを探している方におすすめといえます。

タイルの特徴

タイルは耐久性が高く、長年に渡りキッチンの壁に用いられてきた素材です。カラー・形・柄などバリエーションが豊富なのが魅力で、凝ったデザインなどを実現することができます。したがって、インテリアにこだわりのある人に、特におすすめといえるでしょう。

しかし、キッチンパネルよりも値段が高くなる傾向にあります。また、目地があるので掃除が大変です。油汚れはすぐに取らなければ落ちにくくなったり、汚れが目地材に染み込んでしまうことも。そのため、こまめに掃除する必要があります。

さらに衝撃に弱いため、ひび割れが発生することもありますので、注意しなければなりません。


素材別にキッチンパネルの特徴を紹介

素材別にキッチンパネルの特徴を紹介

キッチンパネルには、ステンレス・アルミ・メラミン化粧板・ホーローといった素材がよく用いられます。それぞれの素材の特徴について、詳しくお伝えいたします。

ステンレスは耐食性にも優れた素材

ステンレスでできたキッチンパネルは、耐食性に優れています。シルバー一色となるため、シャープでスタイリッシュなイメージのキッチンパネルを探している方におすすめです。

しかし、傷がつきやすく、デザイン性は低めです。その分、価格は比較的リーズナブルな傾向にあります。

アルミは明かりを取り入れやすい

光を当てると反射するため、明るさを取り入れやすいのがアルミ製キッチンパネルの特徴の一つ。キッチンを明るい空間にしたい方に、特におすすめの素材といえます。また、ステンレスと同様に、シャープなイメージを作りやすいです。

一方で、アルミのデメリットとして挙げられるのが、傷のつきやすさ。また、ステンレスに比べると低価格ではありますが、その分、ステンレスよりも安っぽく見えてしまうことも。

メラミン化粧板はデザイン豊富で選びやすい

不燃材にメラミン樹脂加工したもののことで、キッチンパネルに最も使われている素材です。耐久性や耐水性に優れており、汚れにも強いです。

また、金属・天然石・抽象的な模様などのデザインや、カラーバリエーションも豊富。選択肢が多いため、イメージに合ったものが見つけやすいでしょう。

ただし、色柄によっては汚れが目立つものがありますので、注意してください。

ホーローは高級感ある光沢が魅力的

鉄やアルミなどの表面にガラス質の釉薬を高温で焼きつけ、融着させたものがホーローです。他の素材よりも耐久性が高く、また耐熱性に優れています。

磁石を使うことができるため、収納ラックを付けたり、レシピを貼ったりすることも可能です。また、ガラス特有の光沢が美しく、高級感を感じさせてくれます。

しかし、耐久性が優れており、高級感があって美しい分、価格が高くなりがちです。


素材以外にチェックしたい! キッチンパネルを選ぶ4つのポイント

素材以外にチェックしたい! キッチンパネルを選ぶ4つのポイント

キッチンパネルを選ぶ際、チェックすべきポイントを4つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

①色や柄を選ぶ

キッチンパネルの定番カラーといえば白です。しかし、白やパステルカラーなどの薄い色や柄は明るく見えますが、汚れが目立ちやすいです。そのため、こまめに掃除しなければなりません。キッチンパネルの柄によっては、薄い色でも汚れが目立たないものもあります。

一方で、黒やグレーなどの濃い色や柄は、暗く見えてしまいますが、汚れが目立ちにくいです。モダンなキッチンに合わせたい方や、忙しくてこまめなお手入れが難しいご家庭におすすめです。

②周囲との雰囲気の調和を考える

対面式キッチンやアイランドキッチンの場合、キッチンのテーマや雰囲気だけでなく、LDKとのバランスを考えて選ぶのも重要なポイントです。統一感のある空間になるように、周囲との調和を考えて、違和感の無いデザインや色を選ぶようにしましょう。

③お手入れのしやすさをチェックする

デザイン性だけで選ぶと、お手入れが大変なことも。たとえば、凹凸があるデザインのキッチンパネルなどは、お手入れしにくいものもあります。そのため、お手入れが簡単なものを選びたい方は、デザイン性だけで選ばず、素材などもチェックしましょう。

④ショールームで実物を見て選ぶ

カタログだけだとイメージが湧きにくいこともありますので、メーカーのショールームを上手く利用するのがポイントです。実物を見ることで、自分たちのキッチンやLDKと調和するかを確認することができるでしょう。

また、ショールームに行くことで、色や柄が思っていたものと違っていた、といった失敗を防ぐこともできます。スタッフから詳しい説明を聞き、相談しながら選べるのも、ショールームに足を運ぶメリットです。


キッチンパネルのリフォーム費用相場

キッチンパネルのリフォーム費用相場

キッチンパネルのリフォームを検討した際、まず気になるのが費用でしょう。

リフォーム費用の相場は、1㎡あたり本体+工事費込みで10,000~18,500円程度が目安となっています。また、全体では工事費込みで40,000~70,000円程度です。

ただし、使用する素材によって価格が変わってきます。ホーローは他の素材と比べて費用が高めですので、注意してください。


キッチンパネルの施工も含めたキッチンのリフォーム事例

キッチンパネルの施工も含めたキッチンのリフォーム事例

ここまでにお伝えしてきたキッチンパネルの特徴・選び方のポイント・注意点などを踏まえて、キッチンパネルの施工も含めたキッチンのリフォーム事例を見ていきましょう。

1:タイルからキッチンパネルへ交換したキッチンのリフォーム

タイルからキッチンパネルへ交換したキッチンのリフォーム

補助金制度の話を聞いたのがきっかけで、キッチンをリフォームすることに。タイルの壁をキッチンパネルにしたことで、お手入れが楽になりました。

また、キッチンカウンターの低さが腰痛の原因となっていたので、90センチまで高くしました。吐水口も高く設置したため、腰に負担がかかりにくいです。

事例の詳細:”身体への負担軽減”をコンセプトにしたキッチン

2:キッチンパネルの採用でコンロ周りのお掃除が簡単なキッチンへ

キッチンパネルの採用でコンロ周りのお掃除が簡単なキッチンへ

タイルの壁からキッチンパネルに変更したことで、お掃除が楽なキッチンにリフォームすることができました。

キッチン上部には、小柄な方でもレバーを引いて楽に収納することができる便利なムーブダウン収納を設置。また、シンク下の観音扉を引き出しにすることで収納しやすくなり、収納量も増加させることができました。

事例の詳細:マンションのキッチンに、使いやすいたっぷり収納付けました

3:ステンレス調パネルでクール&スタイリッシュなキッチンへ

ステンレス調パネルでクール&スタイリッシュなキッチンへ

白と黒のキッチンタイルからステンレスのキッチンパネルに交換し、クールでスタイリッシュなキッチンに生まれ変わりました。

海をイメージしているため、キッチンのメインカラーは青。キッチンパネルのステンレスが、まるで太陽の光のようです。また、手元灯にはLEDを設置。LEDの白い光とステンレスの組み合わせがとてもマッチしています。

事例の詳細:マンション全面リフォーム、クールに仕上げました。

4:ホーローパネルで高級感ある見た目のキッチンへ

ホーローパネルで高級感ある見た目のキッチンへ

頑丈で、水や湿気にも強いものにしたいとの要望があり、ホーローのキッチンパネルを採用し、高級感溢れるキッチンになりました。キッチンパネルだけでなく、キャビネットの中もホーローが使われているため、お手入れが楽です。

また、両面から使える背面収納や、昇降式キャビネットを設置したため、収納しやすくなりました。

事例の詳細:耐久性のあるホーロー素材でずっと安心、ずっとキレイ!

5:ホーローパネル採用で、もっとお掃除のしやすいコンロ周りに

ホーローパネル採用で、もっとお掃除のしやすいコンロ周りに

ホーローのキッチンパネルを採用し、お掃除しやすく、清潔に保ちやすいキッチンにリフォームしました。ホーローはガラス質ですので、汚れやニオイがつきにくいのが特徴です。

また、パントリー(食品庫)を新設したため、さまざまなものを収納することが可能。来客時には、引き戸を使って中を隠すことができます。

事例の詳細:お手入れのやりづらいところが、高品位ホーローでラクラクに!


キッチンパネルでお掃除簡単! イメージに合う素材を選ぼう

今回は、キッチンパネルの特徴や選び方のポイントなど、キッチンパネルをリフォームする際に役立つ情報をご紹介しました。

タイルからキッチンパネルに交換することで、お手入れが楽になります。キッチンのテーマや、LDKにあった素材・デザインのものを選び、イメージ通りのキッチンを目指しましょう。

イメージにぴったり合ったキッチンパネルを選択したい方、キッチンパネル選びに失敗したくない方は、ホームプロのご利用をおすすめします。全国約1,200社のリフォーム会社が加盟しており、匿名での相談も可能です。以下の費用を参考にしていただき、ぜひお気軽にお問い合わせください。


▼キッチンパネルも含めた、キッチンのリフォームの費用(戸建て・マンション)
https://www.homepro.jp/hiyou/kitchen/kodate.html
https://www.homepro.jp/hiyou/kitchen/mansion.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ