1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. アイランドキッチンの魅力とは?メリット・デメリット・価格を紹介

アイランドキッチンの魅力とは?メリット・デメリット・価格を紹介

アイランドキッチンの魅力とは?メリット・デメリット・価格を紹介

広々としたスペースで調理できるアイランドキッチンは、多くの女性の憧れでもあります。家族の顔を見ながら優雅に調理できるのは、料理が好きな方にとっても嬉しいですね。このように魅力たっぷりではありますが、実はデメリットも存在します。今回は、アイランドキッチンとは何か、またメリット・デメリットなどについて詳しくご説明していきます。さらに、リフォームした実例もご紹介しますので参考にしてください。

「アイランドキッチン」とは

「アイランドキッチン」とは「アイランド=島」の言葉の通り、キッチンスペースがどこの壁とも繋がっていないレイアウトを言います。

そのため、左右どちらの方向からもキッチンへの出入りが可能です。

流し台やガスコンロ、調理スペースなどのキッチンはリビングやダイニングの方向を向いており、多くの女性が憧れる対面式のキッチンとなります。

アイランドキッチンの後ろの壁には、冷蔵庫や収納棚を設置してキッチン全体をおしゃれに飾れるためSNSでも高い人気がありますね。

アイランドキッチンの他にも、I型・II型・U型・L型・ペニンシュラ型キッチンなど、様々なレイアウトが存在します。

I型はガスコンロや流しなどが一直線に並んでおり、壁に向かって設置されているのが特徴です。

また、ペニンシュラ型キッチンは、「ペニンシュラ=半島」という意味を持ち、左右どちらかの方向からキッチンに入ることができます。

ペニンシュラ型も対面キッチンです。

I型やペニンシュラ型は、良く賃貸に見られるキッチンレイアウトだと言えます。

アイランドキッチンのメリット

次に、アイランドキッチンのメリットを4点ご紹介します。

開放的な空間になる

アイランドキッチンは、壁や仕切りが一切なくリビングやダイニングと一体的なキッチンです。

そのため、広々と家の中を見渡せて一人で料理をしていても寂しさを感じることはないでしょう。

開放的な眺めとなり、長時間キッチンに立っていても「こもっていた」という感覚もないはずです。

それほどまでに広いスペースを自由に使えるのは、料理をする方からしたら憧れのレイアウトだと言えますね。

家族とのコミュニケーションを取りやすい

対面キッチンの一つであるアイランドキッチンは、常にリビングやダイニングの方向を見るレイアウトです。

そのため、リビングでくつろいでいる家族と気軽に会話ができたり、様子をうかがったりできます。

小さいお子様がいるご家庭なら、様子を見ながら料理ができるので安心しますよね。

さらに、友人を招いてのホームパーティや食事会でも、友人と会話をしながら料理の準備ができます。

複数人で調理するスペースを確保できる

アイランドキッチンは、広いスペースが特徴です。

そのため前述で述べた、友人を招いてホームパーティをする際に、料理好きな方々の集まりであれば皆んなでわいわい料理をすることができます。

通常であれば、2?3人立つだけで混雑してしまいますよね。

しかし、アイランドキッチンは左右どちらからでも出入りができ、反対側からも一緒に作業ができます。

お子様と一緒に料理をしたいという方にもおすすめです。

おしゃれなレイアウトが豊富にある

冒頭でも述べた通り、アイランドキッチンをおしゃれに飾る方が増えてきています。

壁とつながっていないことから、キッチン横にダイニングテーブルをくっつけて食事をするスタイルにする方も多いです。

こうすることで、出来上がった料理を運ぶ導線が短くて済みますよね。

さらに、アイランドキッチンの反対側にテーブルをくっつけているスタイルも良く見かけます。

このように、ダイニングなどのレイアウトを変えることができるのも魅力です。

関連記事

アイランドキッチンのデメリット

続いて、アイランドキッチンを設置するデメリットについてご紹介します。

広いスペースがないと設置できない

まず、どこの壁ともくっつけませんので、正面や背面・左右などにスペースを必要とします。

アイランドキッチンを設置するだけでも、かなりの広いスペースを考えなければなりません。

住宅の広さによっては設置できない場合もあるでしょう。

アイランドキッチンが入ったとしても、住宅の広さが十分でないとキッチンスペースが大きすぎてリビングが窮屈に感じてしまうかもしれません。

臭いが広がりやすい

アイランドキッチンは、閉鎖的な空間ではないので料理の臭いや煙が部屋中に広がってしまうことが多いです。

もちろん、ガスコンロの上には換気扇がついています。

しかし、アイランドキッチンは防火性上の関係でIHコンロが多い特徴があります。

IHコンロは、ガスコンロよりも上昇気流が弱いため、なかなか上に煙や臭いが上がりません。

これが臭いが広がってしまう原因です。

アイランドキッチンを設置することをご検討の方は、換気扇も高機能のものを選ぶようにしましょう。

料理の汚れが飛び散りやすい

ガスコンロの向かい側に壁がないレイアウトですので、炒め物や揚げ物をしているときに汚れがリビング側に飛び散ってしまうデメリットもあります。

さらに、流し台の向かい側にも壁がないので、洗い物をしている水がリビング側の床に飛んでしまっていることも考えられるでしょう。

こうした対策として、ガスコンロの周りにだけ「油ハネガード」などというパネルをつけることも多いです。

アイランドキッチンにリフォームする場合の費用相場

I型キッチンのように壁にくっついているレイアウトのキッチンから、アイランドキッチンにリフォームを行う場合の費用相場は「およそ150?200万円」と言われています。

キッチンスペース自体を取り除き、壁を修復してアイランドキッチンを設置するにはこれほどの費用はかかってしまうでしょう。

さらに、収納力に欠けると言われているアイランドキッチンですので、大容量の収納を設置したり高機能な機器を取り付けたりする場合には「200?350万円以上」の費用が必要です。

ただし、予算的に100万円前後で納めたいと考えている方は、リフォーム会社に相談してみましょう。

完全なアイランドキッチンではなくとも、アイランドキッチンに似せたレイアウトを提案してくれるかもしれません。

関連記事

アイランドキッチンにリフォームした事例

ここで、実際にアイランドキッチンにリフォームされた方の事例をご紹介します。

回遊できるアイランドキッチンで家事動線の良いキッチン

回遊できるアイランドキッチンで家事動線の良いキッチン

「動線を良くしたい、おしゃれなキッチンにしたい」とのご要望で、アイランドキッチンを取り入れたリフォームをされました。

これまでのキッチンの位置は動線が悪く困っていましたが、リフォーム後のアイランドキッチンではリビングの中心部にキッチンがあり、家族全員の動線をスムーズにできています。

詳しい写真や費用、プランなどを確認したい方は「回遊できるアイランドキッチンで家事動線の良いキッチン」をご覧くださいね。

詳しく見る

アイランドキッチンがあるモダンなダイニングキッチン

アイランドキッチンがあるモダンなダイニングキッチン

こちらのお客様も「家事の動線を良くしたい」との希望があり、アイランドキッチンを取り入れることになりました。

アイランドキッチンの横にダイニングテーブルを設置したことで、配膳がしやすくなっています。

さらに、構造を生かし洗面所やお風呂場までの動線も考えています。

また、机として使えるミセスコーナーを設置することで、料理途中の小休憩場所が作られています。

写真や詳細などは「アイランドキッチンがあるモダンなダイニングキッチン」からご確認ください。

詳しく見る

アイランド型の作業台で、お子さまと料理が楽しめるキッチンに

アイランド型の作業台で、お子さまと料理が楽しめるキッチンに こちらはアイランドキッチンではありませんが、独立した作業台をキッチンに設置しています。

お子さまと料理をする際に非常に便利な作業用のカウンターになっています。

写真や詳細などは「アイランド型の作業台で、お子さまと料理が楽しめるキッチンに」からご確認ください。

詳しく見る

ホームプロでリフォーム会社を比較

広いスペースが魅力のアイランドキッチン。

おしゃれに飾れることからも近年人気が急上昇しています。

メリットもたくさんあるアイランドキッチンですが、デメリットもいくつか存在しています。

しかし、デメリットが分かっていれば対策を立てることができます。

アイランドキッチンを設置することをご検討の方は、リフォーム会社にご相談ください。

リフォーム会社では、豊富な提案と分かりやすいご説明で、納得のいくリフォームをすることができます。

リフォーム会社をお探しの方は「ホームプロ」で探してみませんか。

ホームプロでは、独自の厳しい審査に合格したリフォーム会社のみをお客様にご紹介しています。

お客様にとって最良のリフォーム会社を探すためには、複数社の見積もりを比較することが大切です。

ぜひホームプロと一緒にリフォーム会社を探しましょう。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ