1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. 自分でキッチン取り付けをしてお得にリフォームするには

自分でキッチン取り付けをしてお得にリフォームするには

  • 最終更新日:2016-03-28

自分でキッチン取り付けをしてお得にリフォームするには

キッチンは毎日使うスペースだからこそ、リフォームのときには使い勝手を重視したいところです。とくに、「どこまでDIYでキッチン取り付けをするのか」、「業者に任せるのか」という点で迷われる方も多いのではないでしょうか。今回はお得にリフォームするためのキッチン取り付けについて、ご紹介していきます。

DIYでキッチン取り付けに挑戦

DIYでキッチンの取り付けをしてみたいけれど、「何から手を付けていいのかわからない」「全部自分でするのは面倒だ」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。
あるいは、実際に取り掛かってみてトラブルや失敗したときのことを考えると、最初から業者にお願いした方が安心かもしれないとも思いますよね。

しかし、自分の好きなようにキッチンをデザイン・カスタマイズして、自分好みのキッチンを造れるのがいわゆる「キッチンDIY」の強みです。そのうえ、ほんの少しの工夫で、キッチンの雰囲気が大きく変わるのも嬉しいところです。

そして、何よりも「毎日使うものだからこそ、自分や家族が使いやすいキッチンにしたい」という希望もあるはずです。実際に、現在の自分の家のキッチンでどんなところが不満でしょうか?どんな部分を改善したいでしょうか?これらがはっきりしていると、意外にスムーズにいきますよ。ポイントにフォーカスできているので、あとは計画をたてるのみ。実際にキッチンの取り付けは事前に日程やコストなどプランをしっかりと立てて取り掛かれば、満足のいく自分流のキッチンを完成させることは可能です。
これを機に、自分好みのデザインを重視したキッチンの取り付けに挑戦してみませんか?

キッチンをDIYで造るメリット

そもそもキッチンは家族が毎日食事をする場所だからこそ、居心地のよいスペースとして使いたいものです。とくに、キッチンの使いやすさやオリジナリティには徹底的にこだわりたいもの。
実際に、キッチンをDIYで造るメリットについてご紹介します。

  • ・間取りを生かせるキッチンが造れる
  • ・自分の好きなキッチンパーツを組み合わせて、カスタマイズを楽しむことができる
  • ・自分の好きなデザインや機能が付いた機器を選ぶことができる
  • ・キッチンパーツを変えることでキッチンの雰囲気を簡単に変えることができる
  • ・システムキッチンに比べて、コストを抑えることができる

これだけのメリットがあるのなら、自由にカスタマイズして、オリジナルなキッチンを完成させてみたいですね。
具体的に、DIYで造るには、どのようなキッチンパーツがあるのかを見ていきましょう。

  • ・メインキャビネット(素材)
  • ・シンク(素材、水栓種類、水栓金具)
  • ・設備機器(ガス・IHなど加熱機器、食器洗い機)
  • ・収納関連(取り付け棚・収納棚・収納ラックなど)
  • ・キッチンカウンター

リフォームの際に間取りを計算して動線を考えましょう。それから、キッチンの面積を考え、配置を決めること。IKEAのセットなど自分で組み立てられるものも販売されていますから、ぜひチェックしてみましょう。空いてしまったスペースには収納庫を置くなど、有効に空間を利用するように計画してください。

取り付け棚でキッチンをおしゃれに使い勝手よく

キッチンをぐっとおしゃれに見せるために効果的なのは、「壁」を最大限に活用することです。意外と簡単に収納力の棚を取り付けることができます。
まず、キッチンで収納するものをリストアップしてみましょう。例えば、以下のものですね。

  • ・食器
  • ・鍋やフライパンなど調理器具
  • ・調味料・乾物・お菓子など食材

それぞれを収納する場所を決めてから、棚のデザインを考えましょう。
実際に、棚を作るときにはディアウォールやL字金具が便利です。リメイクシートなどを使って、壁の色とのコラボを楽しむのもおすすめ。100均にも金具やシート類はそろっているので、うまく合わせればかなりの低コストですませられますし、センスのよい棚に仕上がります。

注意することは、造りたいキッチンの雰囲気をイメージするこお¥と。そのイメージに合わせて、棚の材料やパーツをそろえるというのも統一感があってよいです。カフェ風、ナチュラルモダン系、北欧スタイルのようなナチュラルテイスト系、スタイリッシュ系といろいろなイメージがあると思います。

決め手となるのは素材選びです。例えば、木を使用するとナチュラルテイスト系に、ステンレスを使用するとスタイリッシュ系になります。最後にカラーも重要です。

また、棚を作るためのスペースがどうしても確保しにくい場合には、「見せる収納」として、よく使用する調理器具のみを壁に引っ掛けるのもおしゃれですね。

DIYではなく業者に任せるべきポイント

自分でDIYをする代わりに、業者を依頼してシステムキッチンを取り付けたりすると、かなり高額にはなります。しかし、全面的に業者に任せておけば、リフォームの完成までが早く、しかも仕上がりがきれいというメリットがあります。

ただし、業者に任せる場合には注意した方がよい点がいくつかあります。まず、業者は、内装工事、電気工事、衛生設備工事(水道や排水管など)、解体撤去工事などを行います。最初の打合せの段階で、それぞれの工事費用や工事期間・日数について確認しておきましょう。また、自分のキッチンのリフォームにはどんな工事が必要なのかを確認することも大切です。全面的に業者任せにしてしまうと、気が付いたらあれもこれもと盛り込まれていた…というケースはよく見られます。十分に注意するようにしましょう。

さらに、工事の内容によっては期間が3日から1カ月以上にまで及ぶものもあるため、工事期間中にキッチンをどの程度まで使ってもよいのかについても確認することが大切です。全部使用できないのか、冷蔵庫のみ使用できるかなど、その状況によってリフォーム中の生活に支障をきたします。工事の段階になって、業者との食い違いが生じないように、必要事項は必ずチェックしておきましょう。

電気・ガス・水道工事が発生する場合

キッチンは水回りの部分なので、取り付けるときには電気・ガス・水道工事が必要になります。これらの工事は一般の素人が自分でできることではなく、必ず資格を持ったプロでないといけません。安全性を第一に考えたルールですから、守るようにしましょう。最初の計画よりも工事期間が長引いたり、予想外の費用を請求されたりすることもあります。

また、システムキッチンをリフォームして取り付けるときには、とくに要注意です。システムキッチンを取り換えること自体に資格はいりませんが、流し台や水栓の配置が変わることもあるので、水道の工事が必要になります。また、排水管の接続が変わることによって工事が必要になることもあるので、それに伴う工事もいりますね。困らないように、工程等を必ず業者に相談するようにしましょう。

キッチンのレイアウトの変更に伴う工事の発生

実際にリフォームの工事が始まると、「なんだか思っていた感じと違う…」ということがでてきたりします。例えば、当初の予定では壁にシンクを取り付けるはずだったけれど、対面式キッチンの方が部屋の雰囲気に合っていると思ったとします。このようなキッチンのレイアウトを変更する場合には、それに伴う工事の内容や日数、工事費用が異なってきます。

まずキッチンの型やレイアウトについて、整理してみます。

〔キッチンの型〕

  • ・I型…コンロ、シンクと調理台が一列に並んでいるタイプ。
  • ・Ⅱ型…シンクとコンロのキャビネットが並行して取り付けられているタイプ。セパレート型キッチン。
  • ・L型…アルファベットのL字のようにキャビネットを配置したタイプ。壁付けにも対面式にも対応可能。
  • ・アイランド型…壁も仕切りもなく、完全に独立しているタイプ。開放的なスペースを維持。

〔キッチンのレイアウト〕

  • ・壁付け…動線がシンプル。キッチンを広く使える点がメリット。
  • ・対面式…見せたくないものを隠せるタイプ。家族と話しながら料理ができるのがメリット。

最初に決めていたレイアウトよりも、違うタイプのものに変えたいときには、早めに変更したいことを業者に伝え、相談しましょう。そして、追加金額をしっかりと確認したうえで、続きの工事を行ってもらうようにしてください。

また、ある程度工事が進んでからレイアウトを変更する場合には、再度見積もりを出してもらい、改めて工事をしてもらわなければならなくなることもあります。当初よりも、追加代金を請求されることもよくあることですから、十分に気を付けましょう。

キッチンリフォームを業者に依頼したときの費用相場

それでは、キッチンのリフォームを業者に依頼したときに、実際にどのくらいの費用が必要なのかについて相場を考えてみましょう。基本的に素材やグレードによって価格はずいぶんと変わってきます。例えばシンクについて考えてみますと、ステンレスと大理石ではステンレスの方がお値打ちです。一般的には、キッチンのリフォームの中心価格は100~150万円と言われています。

具体的な個所について、大まかな相場をご紹介します。

  • ・システムキッチンの交換      30~150万
  • ・壁付けから対面式キッチンへの交換 150~400万
  • ・ガスコンロからIHコンロに交換   10~30万
  • ・レンジフード交換          4~10万
  • ・食器洗い機の設置          2~20万

システムキッチンを取り付けるときに、床材や壁紙を張り替えた方がよいことも多々あり、その場合はさらに上乗せした価格となります。

一般的にシステムキッチンはI型、L型から対面式キッチンにすると、工事が複雑になることもあり、取り付け費用が大幅にはね上がります。とくに、その中でもアイランドキッチンは高額になることが多く、だいたいリフォームでも100万円以上はかかることが多いです。グレードの高いシリーズならば、200万円以上かかることもあります。

【事例】壁付きのキッチンから対面式の明るいキッチンへリフォーム

【事例】インテリアにもなるキッチン

【事例】オープンタイプのキッチンでリビングとの一体感を向上

まとめ

今回はリフォームでのキッチンの取り付けについてお伝えしてきました。自分でキッチンを取り付けるとなると、準備からすべて自分で行わなければならないため大変そうに思うかもしれません。しかし、意外と可能なことがお分かりいただけたかと思います。キッチンDIYはコストを抑えることができるだけでなく、なんといっても自分好みの使い勝手の良いキッチンを造れるのが最大の魅力です。これを機に迷っていた方も、ぜひ、キッチンDIYに挑戦してみてください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ