1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. 対面キッチンにリフォームするメリットとデメリット

対面キッチンにリフォームするメリットとデメリット

対面キッチンにリフォームするメリットとデメリット

家族と会話しながら調理や片付けができることが魅力の対面キッチン。子供に目を配りながら家事を行えるので、子育て世代にも人気です。このようなメリットがある一方で、開放感が高いゆえのデメリットもありますので確認しておきましょう。

対面式カウンターキッチンにリフォームするならどんなタイプ?

pixta_2011118_M
対面キッチンとは、ダイニング側を向いたまま調理や洗い物を行えるように配置したキッチンです。
近年はLDKを総合的にインテリアコーディネートする傾向があり、キッチンをより部屋の中心に近づける対面キッチンが人気となっています。

□セミオープンタイプ
吊り戸棚を設置することで、上部がダイニング側からやや隠れるタイプのキッチンです。
対面式にはしたいけれど、キッチンが丸見えになってしまうのは避けたいという方におすすめです。

□オープンタイプ
吊り戸棚を設置しない、より開放感の高いタイプのキッチンです。

□アイランドキッチン
アイランド(島)という名前のとおり、カウンターの左右を壁から離して独立させたタイプのキッチンです。
デザイン性が高く、左右から出入りできるため動線が豊富になります。

対面キッチンの間取りは子育て世代に人気

pixta_19266339_M
対面キッチンはリビングやダイニングの子どもの様子に目を配りながら調理ができるため、子育て世代に人気があります。
小さなお子様がいる家庭では、キッチンの入り口に事故防止用のベビーゲートを設置して区切りやすいのも利点です。

対面キッチンの魅力は家族と会話しながら家事ができることです。
食後に家族がテレビを観て過ごしているときにも、洗い物をしながら一緒に観ることができます。

しかし、キッチンにはこまごまとした雑貨が多いため、急な来客の際などには中の様子が丸見えで困るということもあります。
手元の目隠しのためには、ダイニング側に立ち上がりを付けておくと便利です。

キッチン雑貨にこだわりのある方ならフラットなカウンターにして、あえて見せる収納にするのもいいでしょう。
フラットなカウンターで調理時の油はねや洗い物の際の水はねが気になる場合には、汚れ防止のパーテーションを設置することもできます。

対面キッチンのデメリット

pixta_17195329_M
対面キッチンは開放感が高いことが特徴ですが、それゆえのデメリットもいくつかあります。

□においが広がりやすい
コンロやIHヒーターが部屋の内側に向いているため、調理時のにおいや油煙が部屋に広がりやすくなります。特にオープンタイプやアイランドタイプのキッチンでは、換気計画をしっかりと考えておきましょう。

□冷暖房の効率が悪い
部屋の中心側で換気扇をまわすため、冷暖房の効率は悪くなります。
夏場は調理の熱によってダイニングも影響を受けるでしょう。

□ダイニングが狭くなることも
家の形状やキッチンの向きによってはダイニング側が狭くなり、テーブルを置くと人が通りにくくなってしまうということもあります。

対面キッチンへのリフォームをお考えなら、ホームプロへご相談してみてはいかがですか。
1,200社が登録しているので、信頼できる業者がきっと見つかるはずです。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ