1. 介護福祉用具にはどのようなものがあるのか

介護福祉用具にはどのようなものがあるのか

介護福祉用具にはどのようなものがあるのか

介護福祉用具にはさまざまな種類のものがあります。介護保険を利用して介護福祉用具の購入やレンタルする場合は、事前にその介護福祉用具がどういった機能を持っているのかについて正しく理解しておく必要があります。今回は、介護福祉用具の中でも比較的使用頻度が多いものを中心にご紹介いたします。

介護保険と利用できる福祉用具について

介護保険と利用できる福祉用具について

介護保険制度の「居宅サービス」の一つとして、福祉用具のレンタルおよび販売サービスがあります。
本来、介護保険は介護を要する状態になった後にも、自立した生活が送れるよう支援することを一つのテーマにしているので、この居宅サービスはとても重要な位置づけでもあります。福祉用具は原則レンタル支給ですが、使用する際に直接肌に触れるようなものについては、心理的抵抗感に配慮して特定福祉用具とされ、販売によって支給されます。

介護用風呂椅子について

介護用風呂椅子について

介護が必要な人にとっては、入浴は非常に大変な作業です。そのため浴室で利用できる福祉用具は、高齢者にとってとても重要でもあります。介護用風呂椅子としては、浴槽内で使用するバススツールと、シャワーの際に使用するシャワーチェアの2種類があります。バススツールは、浴室と浴槽との高低差を補うことが出来るため、入浴がスムーズになります。また、入浴中の立ち座りもとても楽になります。
それに対しシャワーチェアは、背もたれ付きや肘掛付きなどさまざまなタイプがあり、体を洗う際の姿勢を補助してくれます。

介護用椅子とその種類について

介護用椅子とその種類について

高齢者は椅子に座っている時間が長いため、その方に適した介護椅子を選ぶことが大切です。介護椅子の特徴としては、高齢者が容易に移乗・離着出来るように工夫されているものが多く、座面が回転する座面回転椅子や電動で座面が昇降し立ち上がりをサポートしてくれる電動昇降椅子などがあります。

介護用テーブルの機能について

介護用テーブルの機能について

介護に使用するテーブルには、さまざまな工夫が施されています。まず介護において問題となるのがテーブルの高さです。車椅子のまま食事をすることもあれば、椅子に座り直して食事をすることもあります。複数の人が同じテーブルを使う場合、食事をしやすいベストなテーブルの高さは人それぞれです。そこで、高齢者が一番使いやすい高さに簡単に調節できるのが、介護用テーブルの便利な部分です。
また、高齢者が椅子から立ち上がる際に踏ん張りがきくよう、テーブルに穴を開けて掴むことができるよう工夫がされているものなどもあります。

ホームプロでは、介護に関するさまざまな情報を掲載しています。
「介護リフォーム・段差を解消する」(https://www.homepro.jp/kaigo/kaigo-basic/596/)では、リフォームによって解消すべき段差部分の詳細について掲載しています。
「扉・その他の介護リフォーム」(https://www.homepro.jp/kaigo/kaigo-basic/608/)では、扉や玄関などの介護リフォームの方法や、リフトやホームエレベータの取り付けについて掲載しています。
「将来に備えた介護リフォーム」(https://www.homepro.jp/kaigo/kaigo-basic/1258/)では、失敗しないための介護リフォームの基礎知識について掲載しています。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ