1. フローリングとお部屋のコーディネイト

フローリングとお部屋のコーディネイト

フローリングとお部屋のコーディネイト

「フローリングとお部屋のコーディネイト」では、フローリング・床に関するリフォーム基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

フローリングの色選びは重要なポイント

床をリフォームする場合は、壁や天井、扉、家具の色とコーディネートを考えることが重要です。同系色でまとめると落ち着いた雰囲気に。反対色を組み合わせるとメリハリが効いて活動的な雰囲気になります。

ここでは、代表的なフローリングの色別に、部屋のコーディネイトのポイントを紹介します。

 

濃い色のフローリングのコーディネイト

お部屋のカラーコーディネイトの基本は、床を濃い色にして、壁、天井と、上にいくにしたがって明るい色を選ぶことです。天井が高く見え、圧迫感を感じず、落ち着いた部屋になります。また、濃い色のフローリングは、低価格の商品でも高級感が出しやすいという長所があります。ただ、ホコリやキズが目立ちやすいので、こまめなお掃除を心掛けましょう。

壁や扉が濃い色の場合は、濃い色の床を選ぶと重厚感のある部屋になります。白い壁や扉に濃い色の床を選ぶと、メリハリが効いてシックなインテリアに。中間色の壁・扉と濃い床の扉は、オーソドックな雰囲気で「畳の間」のあるリビングなどにもよく合います。
濃い色のフローリングのコーディネイト

中間色のフローリング材のコーディネイト

中間色の壁に中間色のフローリングを使うと、オーソドックスで飽きのこない部屋がつくれます。ただ、平凡になりがちなので濃い色の家具を選んで、お部屋のインテリアにメリハリをつけましょう。
中間色のフローリング材のコーディネイト

淡い色のフローリング材のコーディネイト

フローリングに淡い色を選ぶと、明るく広々とした雰囲気になります。どんな色の壁や扉材とも相性がよく、モダンスタイルやカントリースタイルなど、様々なインテリアを楽しむことができます。また、淡い色の床はホコリやキズが目立ちにくいので、少しぐらいならお掃除を手抜きしても大丈夫です。ただ、安い商品は高級感が出ないので、ある程度のグレードを選んだほうがいいでしょう

淡い色のフローリング材のコーディネイト

また、色選びではありませんが、幅の広いフローリングは広い部屋に向いており、開放的な雰囲気になると言われています。明るくナチュラルな雰囲気にしたいなら、やわらかくて色の淡い樹種を。シックでモダンな雰囲気にしたいなら、硬くて色の濃い樹種を選ぶとよいでしょう。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ