1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. フローリング・床のリフォーム
  4. フローリング・床リフォームの基礎知識
  5. フローリング材の模様

フローリング材の模様

  • 最終更新日:2015-06-10

フローリング材の模様

「フローリング材の模様」では、フローリング・床に関するリフォーム基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

合板(複合)フローリングの溝ありタイプと溝なしタイプ

合板(複合)フローリング材の多くは、約300×1800mmのパネルが1枚になっており、それを床に張り合わせていきます。この1枚のパネルに、縦横に溝をつけた「溝ありタイプ」が一般的に使われています。「溝ありタイプ」は立体感があり、木目が強調されます。溝があるとジョイント部が分かりづらくなるメリットがあります。

少数ですが、「溝なしタイプ」もあります。これは1枚のパネルが幅150mmと細く、縦や横方向に溝がありません。床面がスッキリした印象になり、溝にたまるホコリも少なくなります。しかし、ジョイント部が目立ちやすいという難点もあります。

無垢フローリングの種類

無垢フローリングには、「フローリングボード」「フローリングブロック」「モザイクパーケット」などがあります。

一番普及しているのは1枚板の「フローリングボード」で、「ソリッド」「ユニ」「FJL」の3種類に分かれます。「ソリッド」は、縦や横方向に継ぎ目がないものを指します。床面がスッキリした印象になり、溝にたまるホコリが少なくなります。高級感を演出でき、強度が求められる用途に活用できます。「ユニ」は横に溝があるタイプです。「FJL」は、ユニを横方向にも継いだものです。
無垢フローリングの種類

柾目と板目

フローリングの木目には「柾目」「板目」などがあります。

柾目は年輪の中心に向かって垂直に切ったフローリングで、木目が平行になり見た目もキレイです。また、狂いやひねりが少ないことも特徴のひとつです。木取りとしては贅沢なとり方と言え、値段も高めです。

板目とは、年輪の円周部分を切った製品で、木目が山形や波形になります。木材は中心に向かって収縮するので、柾目に比べ狂いやすいといわれています。しかし、木材を効率よく使う木取りなので、比較的低価格です。
柾目と板目

デザイン性にこだわるなら市松模様なども

合板(複合)フローリングでは、床材を規定の長さで統一した定尺フローリングが一般的です。

無垢材にも定尺がありますが、一定の長さではないフローリング材を貼っていく「乱尺」が一般的です。乱尺にすると、メリハリのある床にできます。そのほか、壁に対してフローリングを斜めに張る「斜め張り」や、無垢材の小片を、市松模様に張り上げる「寄木張り」などがあります。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ